鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  銚子日帰り下車旅 >  銚子電鉄を辿って

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子電鉄を辿って

「銚子日帰り下車旅 3/3 (外川~仲ノ町~銚子~新松戸)」

[2015/1/31]

最端づくしの銚子日帰り旅は、至って順調な道のりを辿ってきた。
千葉北西から関東最東端駅の海鹿島を経て、銚子の二つの岬を辿ってきたが、
ここからは復路として銚子電鉄に乗り、銚子で特急しおさいに乗り継いで無事に帰路となる。


・外川駅
P1310146.jpg

銚子最南端の長崎鼻から徒歩10分ほどで、銚子電鉄の終着である外川駅へ到達した。
終着駅だが駅前は特に何もなく、閑静な住宅に囲まれている。

外川駅は、銚子電鉄の中でも有名な駅として知られる。
こじんまりとした古い木造駅舎は、開業当初からある建物だ。
この駅の開業は大正12年(1923)だから、ここの駅舎は建てられてから既に90年以上経っていることになる。


P1310152.jpg

駅舎の前や脇には自動販売機があり、ノスタルジックな赤いポストもある。
留置線に放置されているのは、2010年に引退した銚子電鉄の名物車両デハ800形だ。
かつての銚子電鉄の一般イメージといえば黒と赤のツートン色だが、もうあの色の電車は走ってない。


P1310154.jpg

駅構内はレトロな雰囲気まんまといった感じで、天井には懐かしの白熱灯がぶら下がっている。
構内端には古ぼけた郵便配達用のスクーターが置いてあって、より郷愁を駆り立てる。
色褪せたアナログ時計に、黒板に書かれた時刻表もいい味出してんなー!
時間の流れが緩やかになる、タイムレスな空間だ。



・銚子電気鉄道 [外川~仲ノ町]
P1310178.jpg

駅構内を観察していると、二両編成の列車がのんびりと入線してきた。
先ほどの往路で乗ったのと同じく、元京王・伊予鉄道で走ってた2000形
このぼってりしたグリーン色は、渋谷駅のハチ公口にある蛙電車を思い出す。

2000形は銚子側は湘南顔だが、外川側は三枚窓の貫通顔になっているのが面白い。
この車両は銚子電鉄として初の冷房搭載車だが、変電所の供給に余裕がないらしく、
冷房は終着駅停車の間しかかけないそうだ(苦笑)。何というか、切り詰めてる感が半端ないね!


P1310180.jpg

ぶっちゃけ私は右の留置されてる旧型電車に乗りたいのだが、もう動くことはないのだろう。
車内の乗客は僅か三人。隣駅の犬吠から乗客がドッと増えるのかも。
15時13分、銚子行きの列車は定刻通りのんびりと発車した。



P1310184.jpg

そのまま銚子へ行っても面白くないので、復路は銚子電鉄の本拠地である仲ノ町で下車しよう!
予想通り犬吠でドッと乗客が増えて、車内は少し賑やかになった。
乗客が乗り込むたびに、車掌さんが切符の販売を行う。

切符は当然磁器タイプではなく昔ながらの硬券でもなく、ごく普通の紙の切符である。
でもこれがなかなかいい味出してるというか、いかにもローカル線に来た気持ちにさせてくれるから良い。


P1310189.jpg

銚子電鉄の沿線はキャベツ畑が多く点在していて、そのすぐ脇を列車はゴトゴト抜けていく。
線路と線路外を隔てる柵もろくになく、「町のための鉄道」たる雰囲気が漂う。


P1310192.jpg

銚子電鉄唯一の列車交換駅、笠上黒生(かさがみくろはえ)。初見ではまず読めない、屈指の難読駅である。
今思ったんだけど、銚子電鉄の駅って何処もコカコーラの自動販売機があるのは気のせいか?
理由はわからないが、コカコーラと提携でもしてるんだろうか………。

「間もなく、観音~~~~、観音~~~~に到着致します」

観音駅が近づくと、車掌さんが車内を回りながら絶妙なタイミングで肉声案内を行った。
実に鉄心を刺激するサービスである。これでさらに「発車、オーライ!」って言ってくれたら完全に昭和だ。

やがて観音へ到着すると、たい焼きを持った乗客がドッと乗り込んでくる。
観音駅構内では名物としてたい焼きを販売していて、焼きたてがすぐに食べられるのである。
そしてそれを車内へ何事もなく持ち込んで食べられるところが、地元ローカルの魅力の一つといえよう。



P1310181.jpg

萌え萌え広告、再び発見!!

車内広告にもやっぱり、萌え~のキャラの広告があった。
これは、さっき等身大で発見した「外川つくし」とは違うようだ。
調べたところ、この応援ポスターは広島の鉄道愛好サークルが手がけたものなのだとか。

地方ローカルは色んなものと通じてんなーーー!
大手にはないごった煮感が、個人的にはたまらない。キャラとかにはあまり萌えないけど。
強いて言えば、萌え萌え広告と普通の広告が共存してるこの違和感だらけの車内に萌えるね!俺は(笑)。


P1310196.jpg

終着駅の外川から15分ほどで、列車は銚子一つ手前の仲ノ町へ到着する。
駅ホームが実に簡素で、ホームというより古い民家の裏側に入って来てしまったような感じだ。



・仲ノ町駅
P1310202.jpg

ここ仲ノ町はヤマサ醤油の工場真っ只中にある駅で、駅周りは無機質な建造物ばかりである。
駅舎も工場内の土地を間借りしてるような感じで、駅というよりは作業場のような雰囲気が漂う。
工場が稼動しているときなら、醤油の匂いが香ってくるそうだ。

無機質なところだが、ここが一応、銚子電鉄の本拠地なのである。
ホームに隣接している車庫に銚子電鉄の車両が停まっているので、少し観察してみよう。


P1310199.jpg

ホーム隣の車庫に停まっていたのは、元々営団銀座線・丸ノ内線支線で活躍していたデハ1000形
一方は銀座線時代の黄色の塗装が、もう一方は丸ノ内線時代の赤色の塗装が再現されている。
東京の地下鉄で最も古い歴史を持つ二路線の再現コンビが、ここにきて拝めるとは思わなかった。

実はこの二つのデハ1000形の奥方、丸の内線色に塗られているデハ1002は20日ほど前に引退してしまっている。
2015年1月10日を最後に定期運行を終えており、最終日は手前のデハ1001と併結して協調運転を行ったという。
運行から退役したが、今後デハ1002は保存されるのだろうか?解体されてしまうのだろうか?
一応そこは「鉄」として、少し気になるところなのである。

カメラを向けていると、線路脇から従業員の人がそそくさと車両に乗り込み始め、
引退済みのデハ1002が、何と私の真ん前で始動した!!何だ、このサプライズは(笑)。
でもあっちからすれば、ただの業務だ。一人の鉄のために電車を動かしてやろうなんて、そんなわけないだろうし。


P1310206.jpg

引退済にして何のことなく動き出した丸の内線色の電車が、運よく前に出てきてくれた。
よく見ると車両の後ろ側に、あの名物機関車「デキ3」が連結されているのが見える。
ドイツ製であり、日本の旅客鉄道の中で最も小さい機関車として知られてる代物である。


P1310194.jpg

がんばれローカル鉄道。

まさかの「敗北宣言」から立ち直ることに成功し、ギリギリで頑張ってきた銚子電鉄を象徴する言葉だ。
この萌え~な応援ポスターは、仲ノ町駅構内のショーケースに飾ってある。
それも、一番上の目立つところに。

あっという間だが、銚子電鉄の旅はこれで終わりだ。
「終着駅に着いたら、何もなかった」そんな地元密着ローカル線の未来は厳しい。
しかし、それでも乗り鉄は遠くから集い、列車に乗り込む。「乗って残す」とはよく言ったものである。


仲ノ町駅を探索した後、私は隣駅の銚子に向かって出発した。



・仲ノ町駅~銚子駅(徒歩)
P1310212 (2)

仲ノ町駅から線路近くの道路をひた歩くと、10分程で銚子駅に到達する。
銚子駅前ロータリーは広く、駅前商店街も広々としていて気持ちいい。
ここからあとは、特急しおさいに乗って帰路を辿るだけだ。


P1310213.jpg

16時38分に発する、特急しおさい14号。今回はこれに乗って一気に帰路へ着こう!
最近どうも「往路=鈍行」「復路=特急」の行程パターンが定着してきてしまっているのだが、
帰りも鈍行にすると想像以上にしんどくなるので、今後は復路で特急を上手く活用していこうと考えている。

疲れきった状態で帰りの鈍行に乗り込むときの、あのしんどさは一度味わった人なら分かって頂けると思う。
鈍行で最四端行ってしまった馬鹿が今更何言ってんだって感じもするが(苦笑)。



・特急しおさい14号 [銚子~船橋]
P1310219.jpg

銚子駅1番線ホームに、9両編成の房総特急しおさいが停まっている。自由席の車内はまだ誰もいない。

東京~銚子間を結ぶ特急「しおさい」のルーツは、かつて同経路で運行されていた優等列車の存在である。
総武本線はかつて千葉地区唯一の「本線」とされ、その位置づけと威厳を保つ主旨もあってか、
観光需要の高い内房線・外房線よりも早く有料優等列車が設定された経緯を持っている。

その総武本線において誕生した初の有料優等列車が、1958年に設定された準急「犬吠」である。
「犬吠」は後に急行に格上げされ、新宿・両国~銚子間を気動車で結んで走っていたが、
1975年に総武本線の全線電化が完了すると、国鉄はそれまで運行していた急行「犬吠」の一部を特急に格上げし、
新たに格上げした特急は「しおさい」と名づけた。当時は単なる値上げだと不評を受けたらしい。
これ以来、総武本線全区間を担う定期特急として、しおさいは走り続けてきた。

車両は房総特急の代名詞、255系。1993年にデビューし、今も主力として活躍している。
255系は元々、内房線・外房線の特急「さざなみ」「わかしお」の運用に就いていたが、
新型車両E257系が導入されてからは、主に「しおさい」に仕事の場を移したようだ。



P1310226.jpg

しおさいは東京まで向かうが、私は途中の船橋で下車する。この特急は通常船橋には停車しないが、
土休日の1号と14号に限り船橋に停車するという特例があるそうだ。
船橋停車の需要はあまりないものの、千葉北西に住む私にとっては寧ろ都合がよかった。

列車は定刻通り銚子を発車すると、旭、八日市場、横芝、成東の順に停車していく。
線形が悪いのか速度はのろのろしていて、ガタンゴトンとジョイント音を盛大に響かせながら走る。
その鈍足な走りは特急らしからぬ気もするが、鈍行よりも所要時間を大幅に短縮できることは確かだ。


P1310250.jpg

千葉を出ると列車は少し速度を上げ、緩行電車を続々と抜き去っていく。
初めはガラガラだったが、進むうちに少しずつ乗客が増えてきた。
やがて銚子から約一時間半で、列車は船橋に到着となる。



P1310252.jpg

房総特急に乗車したのは今回が初めてだが、また千葉以南・以東へ向かう際に利用してみようと思う。
降りて列車を撮影した後、間もなく列車は発車。船橋駅は休日帰りの人々で混みあっている。
自宅最寄の新松戸へ向かうため、私は人混みに紛れて総武緩行のホームへ向かった。


総武本線と銚子電鉄の日帰り旅は、これにて終了となる。
「本線」と名乗っておきながらローカル度満載な総武の道のりを経て、
銚子から昭和のレトロ電車で関東の最東端、犬吠埼を目指してみるのも悪くない。
ぬれ煎餅でもかじりながら、歩いて駅巡りをするのもよし、萌えキャラと戯れるのもよし。

見栄を捨て飾らない言葉で一世を風靡した銚子電鉄は、電車修理代を稼ぐために今日も頑張っているのだろう。
こっちも次何時になるかは保障できないが(苦笑)、また乗りに行くぜっ!銚子電鉄!!
(完結)
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。