鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  銚子日帰り下車旅 >  銚子の岬巡りと犬吠駅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子の岬巡りと犬吠駅

「銚子日帰り下車旅 2/3 (海鹿島~犬吠埼~犬吠~長崎鼻)」

[2015/1/31]

千葉北西から鈍行を乗り継ぎ「関東最東端の駅」海鹿島までやって来た私は、
さらに端っこの地へ向かうべく、駅前から関東最東端の岬である犬吠埼へ向けて出発した。
犬吠埼の最寄りは犬吠駅(徒歩10分)であるが、海鹿島駅からでも歩いて行けないことはない距離である。



関東最東端の駅から関東最東端の岬へは、約2.5kmの道のりである。
最端からさらに最端へ行く「最端妙味」に今回は拘ってみた。日帰りながら最果て三昧だぜ!
観光主要ルートから一味違う経路を辿れば辿るほど、道本来の面白さが見えてくるのではないかと思う。

路線バスも利用してみようと思ったが、鉄道と上手く噛み合わないので断念。
寧ろ銚子鉄道の駅を拠点として散策するプランを立てれば、それで十分な気がした。
ここ銚子の地は、バスと鉄道を併用しようとするといずれも数珠繋ぎみたいな行程になってしまうのだ。



・海鹿島駅~海鹿島海岸(徒歩)
P1310061.jpg

海鹿島駅前の道路は意外と交通量が多く、最果て感が薄い。
駅前から一旦道を北東に進むと突き当たりに出るが、そこを右に曲がってしばらく進むと海の方へ行ける。


P1310063.jpg

スマホのGoogleマップを頼りに道を進んでいくと、道路の先に太平洋が見えてきた。海鹿島海岸である。
ここ海鹿島一帯は風光明媚な風景で知られ、その昔多くの文豪が滞在したことでも有名である。


P1310073.jpg

千葉東部の海岸沿いといえば、もっと代わり映えのしない景色を想起させるが、
ここ海鹿島海岸は思った以上に情緒深い景色が広がっている。

辺りは人っ子一人いない。隠れ名所的な雰囲気が漂ってるな。
海岸近くには民家(?)の廃墟もあり、侘しさを一層醸し出している。
銚子といえば犬吠埼が有名だから、皆そっちに観光客が流れてしまうのだろうか。



・海鹿島海岸~犬吠埼(徒歩)
P1310095.jpg

ひっそりとした海鹿島海岸から、今度は犬吠埼へ向けて君ヶ浜沿いを南下していく。
さっきの情緒ある風景とは打って変わり、浜は侵食防止のためのコンクリートで塗り固められている。
この辺りは海流が複雑らしく、波は高く荒い。コンクリートでがっちり固められるまでになったのも何となく納得。

父が生粋のアウトドア好きで、少年時代はよく海(茨城沿岸)に遊びに行ったのだが、
行くところはいずれもこういった整備された海水浴場ではなかったから、色んな意味で鍛えられた。
一回、荒波にさらわれて死にかけたこともあったなー。素のままの自然と戯れるのは常に危険が付き纏うのだ。


P1310092.jpg

豪快に波打つ太平洋の向こうに、今回の旅のもう一つの目的地である犬吠埼が見えてきた。
犬吠埼は日本で一番早く初日の出が見られる場所として有名であり、元旦早朝には多くの人が訪れる。
またあの岬の上に建つ犬吠埼灯台は歴史的価値が高く、「世界灯台100選」にも選ばれている有名な灯台である。



・犬吠埼
P1310108.jpg

君ヶ浜沿いをひた歩き、海鹿島からおよそ30分で犬吠埼へ到達となる。
犬吠埼へ近づくごとに人気が多くなり、駐車場にはそれなりの数の車が止まっていた。
海岸脇の階段を上り、犬吠埼の岬上へ移動。灯台近くには地元の飲食店やお土産屋が数件あるようだ。



P1310113.jpg

銚子自体は以前に何回か訪れているが、犬吠埼へ来たのは初めてだ。
犬吠埼灯台はいかにも「灯台」といった立派な姿で、日本に5つしかない第1等灯台の一つである。

この灯台が建てられたのは、今から約140年前(1874)のこと。煉瓦建造物としては国内第二位の高さを誇っている。
日本製の煉瓦19万3000枚によって出来ており、加えて二重構造にすることで極めて丈夫なつくりになっているという。
海の難所とされるここ犬吠埼一帯で、この灯台は一世紀半ずっと風雨に耐え続けてきたすごい奴なのだ。


P1310111.jpg

犬吠埼灯台は一般公開されており、参観料を支払えば灯台の上まで登ることも可能である。
灯台の裏側まで続いている遊歩道が気になったので、行ってみることに。
あの遊歩道の先に、私の求めている景色が、恐らくある。



P1310125.jpg

関東最東端グッジョブ!!

もうやるしかあるまい!!自撮りもやってみたいが、こっちの方が手軽でいい塩見だ。
遊歩道の先にあったのは、何のことはない岬の景色。でも一応、ここが関東の東の最果てなのである。
絶壁の向こうはただっ広い太平洋が広がるばかりで、青い空と海以外は何も見えない。

この太平洋の遥か向こう、距離にしておよそ8400kmのところにはアメリカ大陸がある。
犬吠埼から真っ直ぐ東に進路をとれば、あのサンフランシスコやロサンゼルスにぶつかるから驚きだ。

………犬吠埼とアメリカ西海岸って、何か全然接点を感じないけどね(笑)。



・犬吠埼~犬吠駅(徒歩)
P1310131.jpg

関東最東端の景色を存分に堪能した後、私はやむなくして犬吠埼を出発する。
次は、銚子電鉄の観光拠点である犬吠駅を探索してみよう。
犬吠駅は犬吠埼から徒歩10分のところにある。

犬吠埼周辺は観光施設が充実していて、大型飲食店やホテルが立ち並んでいる。
海沿いの県道を進み、何の変哲もない裏道へ入っていったところに銚子電鉄の駅はあった。



・犬吠駅
P1310132 (2)

犬吠埼からほどなくして、銚子電鉄の犬吠駅へ到達。
駅舎はポルトガルの宮殿を模した独特のつくりで、「関東の駅百選」にも選ばれている。

この立派な宮殿風駅舎が完成したのは1990年のことで、駅構内には名物ぬれ煎餅の売店も併設されているようだ。
開業当初は「燈台前」と名乗っていたこの駅は、銚子電鉄が観光路線として売り出し始めて以来、
同路線最大の観光スポットとなっている。以前は駅前広場に旧型電車を利用した喫茶店もあったらしいが、
老朽化が進んでいたため、2012年に解体処分されてしまっているのが残念。


P1310137 (2)P1310135.jpg

ヨーロッパ風の駅構内は天井が高く、広々としていて気持ちいい。
売店には様々なものが売られており、普通のお土産や鉄心を刺激するグッズもある。
ただ銚子電鉄といえばやはりぬれ煎餅なので、とりあえず10個入りのぬれ煎餅袋(赤の濃い味)を購入した。

駅舎の前には、あの桃太郎電鉄シリーズの名物キャラ「貧乏神」の石像がある。
これは、ハドソンが自ら寄贈したもの。銚子電鉄は、桃鉄のゲームの題材に使用されたことがあるのだ。
桃鉄は少年時代スーファミで散々やったから、懐かしい気分になった(←確かスーパー桃鉄II)。

しかし、取り付かれるとひたすら絶望しかない「貧乏神」を福の神とするのも何か妙な話だが。



・外川つくし
P1310140.jpg

キターーーーーッ!!等身大、萌え~!

「萌え~!」はいずれも冗談交じりで言っていることを、ここであらかじめ弁明しておこう(笑)。
先ほど海鹿島駅の広告でも見かけた彼女の名は、どうも「外川つくし」というらしい。
トミーテックが展開している「鉄道むすめシリーズ」のキャラクターの一人で、
ここ犬吠駅で駅務係として働いている設定になっている。


彼女「外川つくし」の詳細なプロフィールは以下の通りである。
右側には彼女のテーマ曲を貼ってみた。ごく素朴のアニソンだが、
興味ある方は聴いてみては!?

・銚子電鉄、犬吠駅の駅務係として勤務
・好きな食べ物はぬれ煎餅とたい焼き
・笑顔が自慢で、花と子供が大好き
・名前は銚子電鉄の終着駅「外川」と「澪つくし号」に由来
・銚子電気鉄道商品化許諾済
・ツイッターの公式アカウントを持っている



私がためらいなく彼女の等身大モデルを撮っていると、脇からそそくさと「鉄」の方が加わり撮影し始めた。
何なんだ、この状況は?たかが大きく切り抜かれた厚紙に、二人の鉄が寄って集ってカメラを向けているのである。
結局私も、銚子電鉄のさりげない萌えキャラ活用の術中にハマってしまったといえよう!

ぬれ煎餅を計20個買い「鉄」とともに外川つくしを存分に撮った後、私は犬吠駅構内を出た。



・犬吠駅~長崎鼻(徒歩)
P1310163.jpg

時間はまだまだ余裕があるので、犬吠駅から今度は銚子最南端となる長崎鼻へ行ってみよう。
観光地として有名な犬吠埼に対し、長崎鼻は一切観光化されてないらしい。
道をしばらく進むと、海沿いにこじんまりとした岬と灯台が見えてきた。

犬吠駅からおよそ20分強、閑散とした港の集落を抜けたところで長崎鼻に到達となる。
何もなさそうなところだというのは、事前に予想がついていたのだが………、



・長崎鼻
P1310166 (2)

本当に、何もねえ。

陸地そのものといえる岬上には漂流物が散乱しており、打ち捨てられたボートが一隻転がっている。
土管を縦にして白く塗りたくったような簡素な白塔は、正式に「長崎鼻一ノ島照射灯」というらしい。
光で船を誘導する灯台とは異なり、照射灯は光を照らして特定の場所を示すだけの役目に留まった施設である。

観光地然としていた犬吠埼とは打って変わり、こっちは最果て感がムンムン漂ってるな。
辺りは誰もいないし、売店や商店まで一件たりともない。
北風が強く吹きすさぶから余計に侘しくなる。


P1310176.jpg

岬の左手を眺めると、先ほど訪れた犬吠埼が遠くに見える。
「銚子の最南端」VS「関東の最東端」。歴史的価値とネームバリューでいえば犬吠埼の方が遥かに勝るが、
手堅くひなびた最果て旅情を醸し出す場所(何じゃそりゃ)としては、こちらの長崎鼻に軍配が上がるだろう。

何せここは、銚子電鉄ホームページの沿線ガイドにすら取り上げられてないのだから(笑)。



P1310170.jpg

華やかな犬吠埼灯台に対し、哀愁たっぷりに佇む長崎鼻の照射灯。この照射灯の初点灯は昭和30年にまで遡る。
照射灯は灯台と併設されることが多く、照射灯だけが独立して建っているのは珍しいという。
こいつは、ここで60年間ずっと独りで沖合いの岩礁を照らし続けてきたのだ。


次回は復路となるが、日暮れまで少し時間があるので銚子電鉄の「本拠地」仲ノ町駅へ行ってみよう。
仲ノ町で下車した後は歩いて銚子駅へ向かい、特急しおさいに乗って帰路を辿ることになる。
侘しい長崎鼻の景色を堪能した後、私は銚子電鉄の終着である外川駅へ向かった。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。