鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  銚子日帰り下車旅 >  関東最東端の駅、海鹿島へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東最東端の駅、海鹿島へ

「銚子日帰り下車旅 1/3 (新松戸~千葉~銚子~海鹿島)」

[2015/1/31]

何でもかんでも最端にすればいいってもんじゃない。


しかし!日帰りで行ける最果ても悪くないと私は考えたのである。
国鉄最四端は一ヶ月前に制覇したが、日本の最端はまだまだそこらにあるので、
懲りずに鈍行で行ってみようじゃないか!やっぱり、鈍行で行ってこその最果てである。


………少し前に最果て鈍行旅は一旦打ち切りになるとか言ってたのは何処の誰だろうね?


・計画~導入


さて、今回の日帰り旅の目的地は「関東最東端の駅」である海鹿島だ。
海鹿島は銚子電鉄の途中駅であり、関東地方にある駅の中では最東端に位置している。

旅の出発地は、何時も通り自宅最寄の新松戸。関東最東端まで約120kmの道のりとなる。
まず新松戸から武蔵野線に乗って西船橋へ行き、西船橋で総武緩行線に乗り換えて千葉へ向かう。
千葉からは総武本線で同線の終点となる銚子を目指す。そして銚子で銚子電鉄に乗り換え、関東最東端駅の海鹿島へ。
出発地から海鹿島到達まで3時間強の行程。海鹿島に到達した後は、「関東最東端の岬」である犬吠埼へ向かう予定だ。


P1310246.jpgP1310228.jpg

午前9時半に自宅から新松戸へ向かい、券売機で銚子までの往復切符を購入。運賃は片道1940円である。
千葉東部は休日フリー切符の範囲外なので、今回は純然たる普通運賃で向かうことになる。
千葉北西から銚子へ行くには鈍行で片道2時間半かかるので、思った以上に遠い。

昨日は珍しく雪が降っていたが、今日は文句無しの快晴だ。
ただ昨日からの冷たい風は相変わらずで、真冬の北風が吹き荒ぶ。
しかし一ヶ月前に行った最北稚内と比べりゃ、もう関東の寒さなどまるで敵じゃない。
あの極寒の過酷な状況で得た経験は、これから存分に生かされるのさっ!



・武蔵野線 [新松戸~西船橋]
P1310015.jpg

関東最東端への道のりは、土日も混雑する武蔵野線から始まる。
南船橋行きの電車は子供連れ(とギャンブルの親父)が多く、賑やかである。
武蔵野線は、都心~地方へ向かう主要幹線に乗り継ぐのに不可欠な路線となっているが、
直通する京葉線とともに高架区間が多いため、雨風が強まるとすぐに運転見合わせとなるのが悩みの種だ。

現在の武蔵野線の主力車両は、VVVF改造された205系である。
最近は209系のお古が入ってきたというが、まだ本数が少ないのか滅多に見かけない。
お下がりからお下がりへ車両が移り変わっていく様相は、同じオレンジ色の中央線とは格が違うね!



・総武緩行線 [西船橋~千葉]
P1310016.jpg

西船で黄色の総武緩行に乗り換え、緩行電車の終着である千葉へ向かう。
総武緩行は錦糸町で総武本線の元を離れ、御茶ノ水から中央線の緩行電車として働いている。
中央線といえばオレンジ電車なので、黄色い電車は「中央線内でも総武線」という認識が強いのだとか。

総武線は千葉までは延々と住宅地が続くため、車窓はあまり面白みがない。
西船から20分強で、総武緩行は終着の千葉へ到着する。



・総武本線 [千葉~銚子]
P1310017.jpg

千葉からは、総武本線の鈍行に乗って終点の銚子を目指そう。車両は209系。短い4両編成での運転だ。
東京~千葉の複々線内から総武本線の終点(銚子)まで行く全線通し列車は一本もないので、
銚子へ行くには、ここ千葉で必ず乗り換える必要があるのだ。

総武本線に「本線」が付く大元の要因は、明治42年(1909)に鉄道院によって制定された国有鉄道線路名称にある。
これは当時国有化された鉄道路線を全て名称付けしたもので、民営化以後の現行のJR各社にもほぼ引き継がれている。
国有鉄道線路名称は23部72路線に分類され、各地域の路線ごとに包括された「部」に分かれているのだが、
このうち総武本線は「総武線の部」を代表する路線とされた。

「総武線の部」

・総武本線(東京〜銚子・錦糸町〜御茶ノ水)
・京葉線(東京〜二俣新町〜蘇我・市川塩浜〜西船橋・西船橋〜南船橋)
・外房線(千葉〜大網〜安房鴨川)
・内房線(蘇我〜木更津〜安房鴨川)
・成田線(佐倉〜成田〜我孫子・成田〜松岸・成田〜成田空港)
・鹿島線(香取〜鹿島サッカースタジアム)
・久留里線(木更津〜上総亀山)
・東金線(大網〜成東)
・木原線(大原~上総中野)←1988年に第三セクター(いすみ鉄道)に転換



民営化以後はこの名称一覧は公式に使用されてないが、「総武線の部」に包括される路線は上記の9路線がある。
総武本線は、これら全ての路線を代表する路線として「本線」の称号が与えられたのであった。
しかし現在、案内上「総武本線」と名乗っているのは千葉以東の区間のみである。



P1310021.jpg

「7番線に到着の列車は、総武本線の各駅停車銚子行きです!千葉を出ますと、
東千葉!つぅ~~がぁ~~~!よぉ~つぅ~かぁ~いぃ~どうぅ~~~!物井!佐倉の順に停車致します!
ご利用の方はお早めに、お早めにご乗車下さい!ハイ、銚子行き、間もなく発車致します!
駆け込み乗車はお止めください!次の電車をご利用ください!ハイ発車しまーす!!」

千葉駅は自動放送が地元住民の苦情で廃止されたためか、自動放送が流れない代わりに駅員がクドイほどに煽る。
とにかくこれでもかと煽って、ガミガミまくし立てるのである。これは、他の駅にはない特徴かもしれない。
都賀と四街道だけ何故か思わせぶりに語尾たっぷりなのは、駅員さんの癖なのか?(笑)





列車は千葉を出るとしばらく住宅街の中を進み、四街道あたりから田畑が現れ始める。
閑散とした田園地帯を走り、短い隧道を抜けると間もなく佐倉へ到着する。
ここから総武本線は単線となり、本数の少ない本格ローカル線となる。



P1310025.jpg

佐倉からは長閑な風景が続き、単線となった線路をひた走っていく。
総武本線沿いはもっとバリバリの住宅地だと思っていたのだが、広がる車窓は予想以上に長閑とした風景だ。
八街(やちまた)という難読駅で地元の乗客がドッと降り、混雑していた車内が少しずつ空いてきた。
日向と書いて「ひゅうが」と読む駅で数分停車し、日向から一駅隣の成東では東金線と接続する。



P1310029.jpg

成東からも相変わらず長閑な風景の中を走っていくが、瓦屋根の古い民家が多くなり本格ローカルの様相を呈する。
真っ直ぐに伸びた一本の線路は、本線というよりは完全にローカル線の趣である。
古びた駅舎が味わい深い松尾を出て、住宅が増えてくると横芝に到着。
成田線もそうだが、総武本線もなかなか激渋の駅名が多いと思う。





八日市場で再び乗客が増えた。終点の銚子まで、あと30分強。
八日市場からはしばらく住宅地をひた走るが、を過ぎたところで少しずつ人家が少なくなる。
成東から銚子までは太平洋沿いを走る総武本線だが、線路は海から5kmほど離れているため海を拝むことは出来ない。



P1310035.jpg

飯岡を過ぎると列車は小高い丘陵地帯へ突入し、隧道と切り通しを抜けて倉橋へ向かう。
倉橋は野山の中の無人駅だ。倉橋から松岸まではカーブで丘陵を切り抜ける。

進行方向左手には、風力発電のプロペラが数本立っているのが見える。
侘しい野山を抜けると、列車は成田線と交わる松岸へ到達。
ここまで来れば、「関東最東端の街」銚子はすぐそこだ。



P1310037.jpg

やがて千葉から約1時間40分で、総武本線の鈍行は終点の銚子に到着した。
ここからは銚子鉄道だ。銚子鉄道のホームはJR側ホームの端にある。



・銚子電気鉄道 [銚子~海鹿島]
P1310038.jpg

銚子電気鉄道、略して銚子鉄道は総武本線と接続する銚子から外川までを結んでいる。
関東最東端に位置する地方ローカル線であり、全長6.4kmの単線の間に合わせて十の駅がある。
開業は大正12年(1923)と古く、鉄道輸送の他、副業として食品製造も行っている。

かつて銚子電鉄は、極めて厳しい経営状況から「運行休止」の危機に陥ったことがあった。
どうしようもない事態に陥った2006年、銚子電鉄は自社の公式ホームページに以下の呼びかけを公表した。

「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」

この、会社が危機に瀕している状況がひしひしと伝わってくる衝撃の一節は、公表されると瞬く間にネット上に拡散した。
そしてネットを媒介として銚子電鉄の危機を知った人々が、同社が製造する「ぬれ煎餅」をこぞって注文したのである。
ネットで話題になっていることがわかるとマスメディアも一斉に報道し、ぬれ煎餅の注文は殺到。
一時は生産が間に合わず注文ストップとなり、売れに売れたという。

こうして、銚子電鉄の存続危機はぬれ煎餅の売り上げによって救われたのである。
2006年以降、ぬれ煎餅は銚子の一大名物となっている。



P1310044.jpg

少し前まで銚子電鉄は、嘘みたいに年季の入った旧型電車(乗りたかった!)が走っていたが、
老朽化が限界に達したため全て引退済み。現在走っているのは、主に昭和に活躍した他社車両のお古である。
これから乗車するのは、元々京王・伊予鉄道で活躍した2000形。塗装もかつての京王時代のグリーン一色を再現している。

どうやら銚子駅に銚子鉄道用の改札はないらしく、車内で車掌が切符の販売を行うみたいだ。
車内は至って空いており、地元の人と観光客が半数ずつといった感じか。
13時00分、外川行き列車が定刻から少し遅れて発車した。



P1310045.jpg

列車が発車して間もなく、海鹿島までの切符を購入するため車掌さんに声をかけた。

「すいません、うみかしままでお願いします」
あしかじまですね、240円になります」

ああ~、ここにきて肝心なところで間違えちまった!海鹿島は何と「あしかじま」と読むらしいのだ。
絶対「うみかしま」だと思ってただけに、余計恥ずかしい。
地味ながらも難読レベルじゃないか?この駅名は。



P1310049.jpg

沿線は住宅も多いが畑が点在していて、のどかな風景が広がっている。
列車の走る速度は至ってのんびりとしていて、頑張れば自転車でも追い越せそうな速度だ。
本銚子あたりでは上り勾配になり、左手にそこそこ展望のよい景色を僅かに見ることができる。



P1310051.jpg

のんびりと走る列車に揺られること十分強、列車は関東最東端駅の海鹿島へ到着した。
ここで降りたのは、私一人だけ。駅周りは至って閑静な住宅地の中である。
駅ホームへ降り立つと車掌さんの集札を受け、列車は間もなく走り去っていった。



P1310050.jpg

ホーム上には、関東最東端の駅であることを示す碑がある。
碑そのものは新しく、ごくごく最近に建てられたもののようだ。
こうして碑が建っていると、到達したことの喜びをダイレクトに感じられて良い。

ただ、結果的に出発から到達まで3時間強しか経ってないので、
「よっしゃ!関東最東端、来たぜ!」というほどのテンションにはならないのが正直な本音だ(苦笑)。



P1310059.jpg

海鹿島駅の全景はこんな感じ。ジオラマのようにこじんまりとした無人駅である。
ホーム上の簡易トイレを利用しようと思ったが、どうも使えないっぽいのでスルー。
年季の入った木造駅舎の構内は手入れが行き届いており、構内壁には地元の広告が沢山貼られている。



P1310058.jpg

萌え萌え広告、キターーーーーッ!!

観光客や鉄道ファンだけでなくアニメファンも顧客層に取り込もうとする集客手段、それがこの萌え萌え広告なのだ。
萌え~な広告が多いほど、その鉄道会社は厳しい経営状態にあるという現実が透けて見えてしまう。
車への移行が著しい地元の利用客のみでは、地方ローカルの鉄道はとてもやってけないからだ。

萌えキャラ活用の地域起こしは良いんだけど、電車には塗ってほしくないんだよねー。鉄オタ=アニオタみたいになるから。
でも、ここは敢えて便乗しよう!後にまた萌え~な広告を見つけたらカメラで撮っていこうじゃないか。
この萌えキャラの正体については、次回の記事で克明に取り上げようと思う。

「俺はアニオタでもないし鉄オタでもない、乗り鉄なんだ!」とどうでもいい自問自答を繰り返しながら、
私は駅前から徒歩で、関東最東端の岬である犬吠埼へ向かった。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。