鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  極寒北国紀行 >  函館のSLを撮って乗れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館のSLを撮って乗れ

「極寒北国紀行 4日目 (森~大沼~大沼公園~函館)」

[2014/12/13]

東京から鈍行で一路1600kmを経て最北端へ到達し、さらに札幌から道南の函館へ向かう私は、
早朝に札幌から函館本線(山線)の鈍行を乗り継いで、正午過ぎに森まで到達した。
森からは再び函館本線の鈍行に乗って大沼で下車し、今年度に消滅するSLとご対面を果たすことになる。


PC130865.jpg

さて!いかめしも食ったし、雪に負けずまた汽車に乗って先を進むかっ!(←道民の影響を受けている)。
何のためらいなく「汽車」って言い放つ道民に惚れたぜ。よく考えてみりゃ、俺も元道民だしな!
気動車を汽車とするなら、千葉の近くにもあるんだけどね………(関鉄常○線&小○鉄道)

これから私が決行する、鈍行+臨時SLを組み合わせた強行計画の詳細な順序は以下の通りだ。

1:森を13時30分に発車する本線経由の函館行き鈍行に乗って、途中の大沼で下車する。
2:大沼駅から徒歩で大沼付近の撮影ポイントへ移動(所要時間約10分)。
3:函館を14時15分に発車し、撮影ポイントを14時40~50分前後に通過する往路の臨時SLを撮影。
4:大沼付近の撮影ポイントから徒歩で二駅隣の大沼公園駅まで移動(所要時間約20分)。
5:大沼公園を15時55分に発車する復路の臨時SLに乗車し、終着の函館を目指す。


この計画最大の肝は、SLを「撮って乗る」こと!鉄の醍醐味を両方とも一気に味わってしまおうという行程である。
途中でもたもたしていると失敗確実ながんじがらめの行程だが、乗り鉄にかかればこんな道のり何てことない。
強いて難点を言うなら、今から乗る函館行きの鈍行に遅延が出てほしくないことぐらいか。
こんな雪が降りしける中SLが本当に来るのかも心配だが、張り切って行こう!



・函館本線 [森~大沼]
PC130858.jpg

森以南の函館本線は八の字に分岐しており、森~大沼間は本線(山側)と砂原支線(海側)に分かれているが、
これから行くのは再び山の中だ。山線区間に続き、函館本線のオリジナルを従順に辿っていくことになる。
手前に停まっているのは13時29分発の長万部行き鈍行で、奥が今私が乗る本線経由の函館行き鈍行だ。

砂原支線を経由する鈍行が1日8本なのに対し、本線を経由する上りの鈍行は1日5本のみ。
海沿いの砂原支線と比べて山の中を行く本線ルートはあまり需要がないらしく、砂原支線経由よりも列車の本数が少ない。
しかし、こちらのルートでは車窓左手に雄大な駒ケ岳を望むことができるらしい。

森~大沼間の本線ルートは森からだとキツイ急勾配があり、車重の重い上り貨物列車は一切通らない。
今から乗るのは鈍重な国鉄車(キハ40)だが、この大雪の中で大丈夫だろうか?
乗客たった三人を乗せ、本線経由の鈍行は定刻通り発車した。




列車は森を発車すると、間もなく人家の皆無な山の中へと差し掛かる。
森からしばらくはS字カーブが連続しており、短区間で高度を一気に稼いでいく。
先へ進むごとに雪の勢いは増し、大雪状態に。列車は単行の気動車だが、今にも止まりそうである。


PC130881 (2)

「ドゥルルルルーーーン!ドゥルルルーーーン!ガラガラガラガラガラ………」

全然、進まねえ。

人が走れば追い抜かせるぐらいの速度をいったりきたりしていて、エンジンを何度もふかしてるのに全くスピードが出ない。
………これは、空転だ!線路に積もった雪かなんかで車輪が滑っているのだ。

キハ40系は非力なやつで山登りが苦手な上、単行だと線路に積もった雪をどかしきるまでのパワーを持てない
そのため冬季にこの車両を使う際は、元来コスト性を無視して二両連結で馬力を確保することが多いのだが、
今乗ってるのは単行であり、しかも大雪に加えて20パーミルの急勾配という悪条件の最中にある。
状況としては、立ち往生してもおかしくない。ああ、怖い………。

凄まじい量の雪が降り積もる中、単行のキハ40がヒイヒイ唸りながら坂を上る。
空転を何度も繰り返し、限界までエンジンを回しても速度は上がらず。
思わず、運転士に「頑張れーっ!」て応援したくなる状況だ。



PC130887.jpg

このまま止まってしまい、立ち往生するんじゃないかとヒヤヒヤするが、超鈍足を保って峠は無事越えた。
峠越えなんて蒸気の時代にしかないものと思われがちだが、そんなことはないのだ。

駒ケ岳近くから下り勾配となり、列車はエンジンを止めて惰性で坂を下りていく。
森からの標高差は約180m。沿岸から山麓まで一気に上ってきたわけだ。
各駅の停車時間が長いので、苦戦した峠越えによる遅延はほぼない。
外は真っ白で、肝心の駒ケ岳は全く見えないのが残念。



PC130895.jpg

坂を下りきったところに大沼が見えてくると、列車は大沼公園に到着する。
大沼公園を過ぎると砂原支線の線路と交わり、すぐに隣駅の大沼へ。
ここで列車を降りたのは私一人だけであった。

大沼からは、SLの撮影ポイントに向かう。
そのポイントはここ大沼駅から歩いて10分のところにあり、しかもほぼ一本道なので行くのは容易だ。



・大沼駅~撮影ポイント (徒歩)
PC130903.jpg

まずは、駅前から二車線の県道に出た。
あとはこの県道を少し南下すれば、撮影ポイントに行くことができる。
撮影する場所は県道が大沼と接する地点にあり、道路の脇に居座って撮影することになる。

「先客」の足跡を辿ること10分で、私は大沼沿いの撮影ポイントに到達した。
撮り鉄と普通の鉄が既に15人くらい待機していて、有名な場所だからか警備員もいる。
外は雪が降りしきっているが、SLが来るまでしばし待機しなければならない。



PC130904.jpg

これからやってくるSLは、名を「SLはこだてクリスマスファンタジー号」という。
その名の通り、同時に函館で開催されているクリスマスキャンペーンに合わせて設定された臨時列車で、
小型の蒸気機関車C11が客車5両を牽引してやってくるはずだ。
ただC11だけだと客車5両は引っ張りきれないので、最後尾にはディーゼル機関車が付く。

「ああ、そこ敷地内だから出て!三脚も!危ないから!」
「ああ、はい、すいません」

線路敷地内に居座る撮り鉄が警備員に注意された。敷地内に入ることや三脚を立てるのはマナー違反なのだ。
撮影位置は早い者勝ちなので、私は撮り鉄の後方に居座りSLを待つことにしよう。

こうして外で待っているときに限って、雪の勢いが増すからシャレにならない。
いつの間にか頭や背中にまで降り積もり、いくらはたいてもキリがない。
そうして一人ジタバタしていると、降りしきる雪の向こうから一点輝くライトが見えた。
SLが来たことを察知し、ガッチガチになった手でカメラを構える………!



PC130907 (2)

来たなっ………!

私は一眼ではなくコンデジだから、専ら一発勝負!連写機能は信用できないから使わない。
「撮れりゃそれでよし」という私の考え方は、撮り鉄の思想とは相反するであろう。
彼らは列車の構図や位置、バックの景色や日の当たり方など、全て計算しつくしているからだ。
しかしだっ!ここは敢えて、乗り鉄としての実力(=コンデジ?笑)を見せつけてやろうじゃないか!



PC130911 (8)

ぬおおおおおおおお………!!

(↑単発ショットでタイミングを合わせようと頑張っている)



PC130912 (5)

キターーーーーーーーーーッ!!!!

大迫力!!立ち上る白煙と雪煙を上げながらSLが目の前を通過していく。
えっ?三脚と藪が邪魔だって?そんなの気にするな(泣)。
今いる自分の距離と角度的には、これが限界だ。



PC130913 (2)

雪の中を力走するSLなんて初めて見たから、通った瞬間には目頭が熱くなった。全身に鳥肌も立った。
極寒の地に身を捨ててまで二度ない瞬間に立ち会うことの喜び。このSL走行写真は一生の「家宝」になるだろう。
今にも寒くて凍えそうだが………、来といて良かったぜっ!

ただ、さっき警備員に注意されてたのに相変わらず敷地内に三脚入れっぱなしの撮り鉄には閉口だな。
自分は撮り鉄のことは全くの素人だし、現場のマナー違反の度合いがどのくらいなのか知らないのだが、
敷地内に突っ込んだ三脚のおかげで、後方側の「鉄」は皆撮るのに苦戦してたぞ。



・撮影ポイント~大沼公園駅 (徒歩)
PC130919.jpg

怒涛のSL撮影を終え、今度は歩いて二駅隣の大沼公園駅まで向かう。ここから徒歩20分ぐらいだろうか。
撮り鉄達は皆車で移動するようで、コンビニや大沼駅前の駐車スペースに散っていく。
列車を撮るだけでなく、自称乗り鉄の私はさらにSLに乗りたくなる。根本が欲深い人間なのだ。

今の私が頼れるのは、自らの足のみ!
大沼駅からさらに雪道を北上しなければ、先の道は断たれる。
SLはこだてクリスマス号の始発は大沼公園であり、大沼には停まらないからだ。



PC130923 (2)

人気のない雪道を延々と歩き、身体が雪ダルマ状態になりながらも無事大沼公園駅へ到達した。
駅前はSLで来た人で賑わっている。ここから今度は復路のSLに乗って函館に向かう。
恐らくほぼ全ての乗客が函館からの往復乗車であり、
札幌からの純然たる移動手段として片道だけ乗ろうとしてるのは私以外誰もいないであろう。

ちなみに、駅舎の前に人がわんさか集まっているのが見えると思うが、
この光景は何なのかというと、駅舎の中に入れず外に溢れかえっている人達なのである!
駅舎内は外気の寒さを避けたい観光客で満杯で、人と人が密着しサウナ風呂と化している。シュールすぎるっ!



PC130930.jpg

密着状態の駅舎内で待つことしばらくして、駅員さんからアナウンスが入り改札が始まった。
さっき苗穂で発生した全体遅延によって、復路のSLも少し発車が遅れるらしい。
それにしてもやけに人が多いなと思っていたら、どうやらSLではなく特急に乗る人達が混じってるようだ。
やがてしばらくすると、遅れて来た特急が入ってきた。

「特急入ってきまーす。ハイ下がって!下がってください!命関わりますよ!!

中国人の男ら数人が、下がれと言っても下がる気配がない。大声でベラベラ喋りながらホーム端で記念撮影をしている。
しまいに駅員が「命」と重い言葉を出してまくし立てるが、やはり下がらないので手でどかす強硬手段に出た。
さすが、中国人だ。何を言っても人の言うことを聞かない。


PC130931.jpg

てんやわんや状態の中、特急が到着すると自由席にドバッと人がなだれ込む。
やがて車内が通勤ラッシュ並みの満員状態となり、列車は間もなく発車していった。

さっきの撮り鉄といいあいつら(中国人)といい、本当に大変だな、鉄道従業員の人は………。
事故を起こそうとしているのは彼らなのに、仮に事故が起これば会社側に責任の一端がのしかかる。
そして、最終的にツケが回ってくるのは、我々善良な「鉄」である。




・SLはこだてクリスマスファンタジー号 [大沼公園~函館]
PC130935.jpg

てんやわんやの特急に続き貨物がそそくさと通過した後、定刻から20分遅れてはこだてクリスマスファンタジー号が入線した。
この臨時SLは運行期間内に函館~大沼公園間を一日二往復走っていて、そのうち函館からの往路はSLが牽引するが、
大沼公園周辺は機関車の向きを変えられる場所がないので、復路は最後尾のDLことディーゼル機関車が引っ張る。
SLとはいえ同時開催のキャンペーンに則した観光列車なので、機関車には派手なネオンが取り付けられるようだ。

札幌~函館間で運行されているSLは、函館~森間を走る「函館大沼号」と、札幌~蘭越間を走る「ニセコ号」
そして、これから乗車する「はこだてクリスマスファンタジー号」の3つがある。
クリスマスファンタジー号を初め、札幌〜函館間で運行しているSLは今年度で廃止されることになった。
理由はもちろん、北海道新幹線開業の影響である。

新幹線を走らせる傍ら、新幹線だけで手一杯だからコストのかかるSLを廃止させようなんて残念すぎやしないか。
函館大沼号とニセコ号は既に今年度の運転を終了したので、残る函館のSLはこのクリスマスファンタジー号のみというわけだ。
最後の最後に運行される臨時SL・DLの走りを、この眼で見届けようではないか!



PC130933.jpg

上記で説明した通り、復路の主役はこちらの漆黒のディーゼル機関車「DE10」だ。
他にはない、なかなかかっこいい面構え!このタイプのディーゼル機関車といえば朱色のボディを連想させるが、
黒いのは一度も見たことがない。茶色に統一された客車と相俟っていぶし銀な井出達である。



PC130934.jpgPC290012.jpg

予想以上の賑わいに巻かれて車内に入ると、ほぼ満席であった。全席指定席であり、指定席券代は820円。
函館の観光キャンペーンに合わせて充当される臨時列車だが、乗り鉄の手にかかれば鈍行旅の道のりの一部と化す。
臨時列車が鈍行旅の行程内に運行されることが判明すると、それに意地でも乗ろうとするのが痛ましい。
普段運行されない臨時列車は、淡々とした鈍行旅に華を添えてくれるのだ。

既に大幅な遅れが出てるため、列車は入線後間もなく大沼公園を発車する。
終点の函館まで約40分の道のりである。



PC130960 (3)

この臨時SLの客車5両のうち4両は一般的な国鉄客車であるが、1両だけ旧型客車(4号車)が使われている。
その旧客はカフェカーと独自に名乗っており、車内脇にあるカウンターでコーヒーや食べ物を買うことができるのだ。
車内は全体的にレトロな風情に仕立てられているが、元々レトロな旧客だからかより古ぼけて見えて良い
床は木製で、荷棚は本物の網棚。また車内には昔ながらの石炭ストーブも残っている(火はついてないけど)。

クリスマスを盛り上げるための列車なので、サンタの衣装を着た客室乗務員が案内を行う。
記念のハガキを貰ったので、せっかくだしスタンプを押した。



PC130965.jpgPC130956 (2)

今日はSLの運行最終日ではないが、乗っておいて本当に良かったと思う。
クリスマスファンタジー号は、二週間先の12月25日をもって運行を終了し見納めになると思われる。
可愛い女性案内役の流暢なマイクパフォーマンスで車内は盛り上がり、拍手喝采!
こんな賑わってるのに廃止するとは………。現実は非情である。



PC130980.jpg

クリスマスファンタジー号は、予定よりやや遅れて終点の函館に到着する。
到着後SLは早々に退散するという話を聞いたので、降りたらすぐに列車後方部へ向かう。
僅かの列車撮影の後、C11は客車から切り離されて駅を発っていった。
函館のSLは、これで最初で最後の見納めだ



PC130967 (2)

「ありがとう、函館のSL(とDL)!今までお疲れ様でした!」


函館に北斗星が来るのは21時38分。
それまで5時間近くの滞在時間があるので、今回は函館市街を少し探索してみよう。
私は取り敢えず夜景を見に行くために、駅前からすぐそこにある函館市電の電停へ向かった。

………と意気込んだのはいいが、外はこんな状態である。


PC131019 (2)

どうするよ?これ。

風はさっきより弱まっているが、降ってる雪の量がマジで半端じゃない。
というか、何でこんな人多いの!?何でこんな大雪なのに外を出歩こうとするの!?(笑)
もう既に体がヘロヘロなのに、またしても雪を容赦なく浴びるというのか………。
でも、こういうの、嫌いじゃないぜ。雪をかきむしって函館市街を観光しようじゃないか!


次回!体力が限界まで追い込まれた私は、函館観光の末に北斗星へその身を委ねる。
生涯最初で最後の北斗星乗車をもって、今回大長編となった最北端鈍行旅は終幕を迎える!

関連記事
2015/01/05 | 極寒北国紀行


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。