鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  極寒北国紀行 >  最終列車の「赤電」に乗って

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終列車の「赤電」に乗って

「極寒北国紀行 3日目 (稚内~旭川~岩見沢~札幌)」

[2014/12/12]

最北端の岬に立ち寄った後、私は稚内駅構内でしばし小休止した。
これから宗谷本線と函館本線の鈍行を乗り継いで、二日かけて函館へ向かう。
最北端の稚内から道南の函館まで行くから、北海道を南北に縦断していくことになる。


・宗谷本線 [稚内~旭川]
PC120527.jpg

宗谷本線を全線通しで行く鈍行は、1日1本しかない。
起点の稚内から終点の旭川まで乗ると、片道6時間かかる。
これは、現在運行している日本の鉄道の鈍行の中でも相当長い方だ。

ただ、現在最も乗車時間が長い鈍行は、根室本線の滝川発釧路行きである(片道約8時間)。
それにしても、1日1本の1両の気動車が260kmの道のりを走るっていうギャップが半端ないな。
単行の気動車が広大な大陸に立ち向かう様相は北海道の特権だと思う。



PC120537.jpg

南稚内を発車してしばらくすると、右手に雄大な車窓が展開する。
この区間の絶景は短いので、ボーッとしてると見逃してしまうかもしれない。
日本海が間近に現れ、その向こうには利尻富士を拝むことができる。

しかし今日は空が分厚い雲に覆われており、利尻富士は残念ながら拝むことができなかった。
利尻島は私の母の祖父の故郷らしく是非この目で見て見たかったが、天候には逆らえない。



PC110302 (3)

豊富で稚内から乗ってきた地元の乗客が全て降りていき、車内は鉄三名となった。
サロベツ原野をひた走り、15時14分に幌延へ到着。
次の発車は15時50分である。

発車まで40分もの時間があるので、色々な角度から列車を撮影してみることに。
ここ幌延はかつて羽幌線が接続していたので、その名残か駅構内は広い。
古ぼけた年季ものの跨線橋がすげーいい味出してる。



PC120565.jpg

長時間停車の後、幌延を定刻通りに発車。今のところ遅延はなく、道のりは順調に進んでいる。
片道6時間のうち、まだ2時間しか経ってない。宗谷の道のりは長く長く、果てしない。
天塩川の絶景をもう一度見たかったが、早くも日が暮れてしまった。
ここから今度は、4時間真っ暗な中を進んでいくことになる。



PC120623.jpg

石北塩原で再び、特急待ちのため9分停車。時刻は16時半だが、外は既に真っ暗である。
遅延だらけだった昨日と違って、今日は鹿の衝突もなく至極順調な道のりを辿る。

佐久でも普通列車との行き違いのため、5分停車。対向列車は遅れて来るのかと思いきや、何のことなくやってきた。
今回の旅は意外と運が向いてるかもしれない。北海道に来ると幸運に見舞われることが多いのは何故なのか。
西日本鈍行旅では、スマホが壊れたり台風に巻き込まれたりしたのに(鬼畜の極み)。
やっぱり、私は北国向けの人間なのかもしれないな。

4時間ずーっと真っ暗だと、さすがに飽きてきてしまう。
スマホで情報収集しようと思ったが、電波が不安定で圏外になったりを繰り返す。
ソフ○バンクは、田舎に行くほど電波が悪くなるらしい。



PC120589.jpg

音威子府で地元の乗客がドッと乗り込んでくる。稚内からようやく3時間経った。
まだ、半分である。マジで、長いっ。ただ、あの飯田線の全線通し鈍行よりはマシかもしれない。
豊清水でも、下り列車が鹿と接触した影響で少し立ち往生する。

「いや~あんた、汽車なんて久しぶりに乗ったべさ!」
「今は何処でも車で行っちゃうから、乗る機会があまりないわな………」

生粋の道民は、鉄道を未だに「汽車」と呼ぶらしい。確かに、これは電車じゃないから間違ってはいない。
よくよく考えれば、非電化の最寄りに住む人たちは汽車って言うのが当たり前なのかも知れないな。
しかし、21世紀真っ只中にして「汽車」ってすごい響きだぞ………!





せっかくだから、本物の「汽車」も見てみようではないか。

ここに貼ったのは、かつての蒸気機関車時代の宗谷本線を捉えた超貴重映像である(恐らくYoutube上では唯一)。
クラシカルなスポーク動輪の中型機関車C55が、旧型客車を牽いて南稚内~抜海の絶景区間を力走する。
今は気動車しか存在しないが、70年代中頃までは気動車に混じって長距離を走る客車列車が走っていたらしい。
大昔は、稚内から小樽までを一日かけて走りきる長大列車もあったわけだ。今ではまるで信じられん話だが………。

貴重というか、残ってたこと自体が奇跡のような歴史的映像に拍手っ!!





鹿が立ち入るのか、それとも単なる踏切通過なのか、警笛を何度も鳴らしながら列車は進む。
やがて18時半に、現在の宗谷本線の一大拠点となる名寄に到着する。
ここで一気に乗客が増え、すぐに満席となった。あと残り2時間弱の道のりである。

18時36分に名寄を発車。士別で乗客がガラッと入れ替わり、その大半は学生。
観光客も少しだけだが見かける。名寄から先も特急の遅れで数分停車を繰り返す。

………このままだと「赤電」に間に合わないかもしれない。30分以上遅延が出なければ大丈夫なのだが。
永山で乗客が減った。起点から終点までずっと乗ってきたが、尻は意外と痛くならない。
さすがは元特急の座席だ。座面が柔らかい上に、少しだけリクライニングもできるから快適なのだ。



PC120628 (2)

やがて、稚内から6時間後に列車は定刻から少し遅れて旭川に到着する。
とりあえず、次乗る函館本線の最終列車に間に合ってよかった!
もう次の列車が入ってきそうなので、そのままホーム上で待機することに。

もしかしたら既に運用を外れているかもしれないが、私の下調べが間違っていなければ、
これから「赤電」が、岩見沢行き最終列車としてやってくるはずだ………!



・函館本線 [旭川~岩見沢]
PC120633.jpg

「お客様に乗り場変更のご案内を致します。
20時48分発の岩見沢行きは、本日に限り乗り場が5番線に変更となっております」


旭川到着後間もなく、岩見沢行き最終列車のアナウンスが入った。どういうわけか今日に限っては5番線で発着するらしい。
今日中に岩見沢まで行く普通列車は、この20時48分発が最後である。岩見沢以南の鈍行は本数が多いから問題ないが、
まずはこれに乗らないと、今日中に鈍行で札幌まで行くことができない。

「今日、あれ来んじゃねえの、あれ」
「ああ、あの赤いやつか」

どうやら、赤電は地元の学生にも親しまれているようだ。
私も昔は常磐線の中電を白いやつって言ってたから、それと感じ方は一緒か。
やがて4つのいかついヘッドライトを照らして、「赤電」こと国鉄711系が入線する!



PC120635.jpg

いやー、よかったー!赤電はまだ消滅してなかった!!

列車は3両編成で、ドアは二ドアの片開き、座席はほぼ全てがボックスシートである。
私にとっては、恥ずかしながらこれが最初で最後の赤電乗車となる。
道民の足として親しまれた名列車の勇姿をこの眼で見届けようではないか!



PC120639 (3)

国鉄711系は、北海道に初めて導入された「国鉄電車」だ。
当初は急行としても活躍したこの車両は、北海道の厳しい寒さに耐えれるよう徹底的な防寒・耐雪構造が施されている。
昔は北海道の電化区間で何処でも見られた車両だが、JRの新型車導入に押されて少しずつ数を減らしてきた。

1967年にデビューして以来、半世紀に渡り北海道の顔として長らく走ってきた711系であるが、
車両の老朽化に伴い、今年2014年度に引退することとなった
もう2ヶ月前にさよなら運転企画が行われた後であり、完全消滅まで風前の灯状態である。
今回赤電には初めて乗ることとなるが、今までお疲れ様という意義で惜別乗車をしたい。

赤電の運用に関しての情報は、ネット上での数少ない情報によって知ることが可能である。
現時点で、旭川始発の上り列車に充当されている赤電は1日3本のみであった。

・8時8分発の岩見沢行き
・17時38分発の岩見沢行き
・20時48分発の岩見沢行き


今のところ旭川を発する赤電はこの3本だけであり、他は全て新型車両で運行されている(←2014年12月時点)。
がんじがらめの行程の中で、私はこの消滅寸前の赤電を今回の最北端旅の中に何とか組み入れることに成功。
宗谷本線の全線通し鈍行と、赤電の乗り継ぎ時間がピタリと合致したのは本当にラッキーだった!
情報を提供してくれた方に心から感謝したい。



PC120641.jpg

20時52分、岩見沢行き最終列車は数分遅れて発車した。
車内は至って空いており、ボックスシートで一人悠々と夕飯にありつく。
半世紀前設計の古い車両だが、気密性に優れているのか車内はとても静か
初動こそ遅いが、高速域に入ると非常に安定した走りを見せるあたりは往時の急行としての名残だろうか。

「おいこれ、懐かしいな。赤い電車。もう今年になくなっちまうんだとさ」
「俺はこれ乗って高校行ってたな。まだ、十七んときだよ………」


仕事帰りに乗り込んできたリーマンが、懐かしげに青春時代を語る。
赤電は現在、函館本線の手稲~旭川間で一日僅か数本運用されているのみ。
函館本線電化開業に合わせてデビューした車両だが、最後も函館本線で散っていくのか………。



PC120643.jpg

岩見沢行き最終赤電は順調に道のりを進んでいく。外は吹雪で雪が降りしけっている。
明日がどうなるか心配だが、旅の峠はもう越えた。あとは函館のSL北斗星が残っている。
今回の旅は本当にお別れだらけだ。これほど二度と立ち会えない瞬間が続く鉄旅もそうそうないだろう。



PC120647.jpg

終着の岩見沢到着は22時33分。吹雪の中走り続けた赤電はすっかり雪化粧になっていた。
これに乗って札幌まで行きたいところだが、残念ながら赤電はここで役目を終える。
数ヶ月後に完全消滅する赤電の走りは、実に威風堂々としていたぞ。



PC120649.jpg

「さらば、赤電。今までお疲れ様でした!」

道民でもないくせして何言ってんだか(笑)。
でも一応私も札幌生まれだから、そこは大目に見て頂きたい(3歳頃まで札幌で暮らしてました)。
最終列車に充当された赤電は、仕事を終えると早々に車庫に帰っていく。私はそれを一人で見送った。



・函館本線 [岩見沢~札幌]
PC120648.jpg

22時32分発の手稲行き鈍行は、ありがたいことに到着が遅れた最終赤電からの乗客を待ってくれていた。
車両は733系。2012年に導入された新型車両で、大先輩の赤電711系とは実に45年の開きがある。
車内の自動放送はダンディーな男性によるもの。新型でもドアは寒さ対策のため片開き式である。

23時半、手稲行き鈍行は何事もなく札幌に到着した。
札幌も少しブラつきたいところだが、明日は始発出発だから早く休まないと身体がもたない。
歓楽街すすきのにある宿に向かうため、まずはJR駅構内から札幌市営地下鉄の乗り場へ移動しよう。



PC120652.jpg

ああ、全てが懐かしい!夏の札幌の帰省のときにここはよく通ったぞ。
札幌市営地下鉄は幼少時代の原風景だ。南北線の地上区間に私の故郷はある。
相変わらず初乗り200円の切符を買い、予想以上の人混みにまぎれて懐かしのホームへ降り立った。



・札幌市営地下鉄 南北線 [さっぽろ~すすきの]
PC120653.jpg

札幌市営地下鉄南北線は、日本初の「ゴムタイヤ式地下鉄」だ。
その歴史は意外と深く、札幌オリンピック開催年(1971)まで遡る。日本の地下鉄では4番目の開業となった。
当時の札幌は人口がそこまで多くなく(←80万人程度)、地下鉄の開業に難色を示した大蔵省に対し、
「料金を払えば熊でも乗せる」と言い放った市交通局長の逸話は有名である。

札幌市営の走行方式は世界でも類も見ない珍しいタイプであり「札幌方式」と呼ばれている。
「何故鉄輪ではなくゴムタイヤになったのか?」というと、
当時既に廃止が予想された市電に取って代わる交通手段として駅間距離を短くすると市が想定していたためだ。
「駅間距離が短ければ加速効率に優れるゴムタイヤが最適だ」という考え方に札幌市が固執した結果、
世界でも有数のゴムタイヤ地下鉄が誕生する。今見ても、札幌市営地下鉄は革新的な乗り物であると私は思う。

ゴムタイヤの電車は普通の鉄輪よりも加速が速く、乗り心地も独特。その他、札幌市営は他にない個性が沢山ある。
車両は新幹線並みの巨体(現役鉄道車両の中では日本一)で、冷房がないため夏は窓が開け放たれ風鈴がつく。
座席上の荷棚もないし、優先席に対する意識が強いのも特徴だ(←「専用席」と独自に定義されている)。



PC120655.jpg

故郷の札幌市営の話になるとつい熱くなってしまうな!何の下調べもしてないのにすごい字数稼げた。
中学生の頃に雑誌やファンサイトを読みふけってたから、知るところは知り尽くしているのだ。
旧型車両の引退式に行こうとまで思ったほど、札幌市営には特別な思い入れがある。

「間もなく、一番ホームに真駒内行きが到着します。ご注意ください」

この接近放送!何か昔とちょっと違うな!ホームドアがついたから変更したんだろう。
以前は「ご注意ください」じゃなくて「白線より下がってお待ちください」だったはず。
接近放送が流れると間もなく、真駒内行きの列車が到着した。

「一番ホームから、真駒内行きが発車します。ご注意ください」

アレッ!?発車時のブザー音がない!?アナウンスの後に「ブーーーッ!」って鳴るはずなんだが。
ああそうか………!ホームドアがついたからブザー音も必要なくなったのか。
あの独特のブザーの音、私は好きだったんだけどな………。



PC120656.jpg

さっぽろから数分足らずで、二駅隣のすすきのに到着。駅上にあるすすきの交差点は交通の要衝として有名な場所だ。
夏の帰省時に散々ぶらついたすすきのだが、今見渡すとその町並みは思った以上にケバかった。
すすきのは日本三大歓楽街の一角であり、表通りにもキャバレーがクラブが沢山立ち並ぶ。

駅から歩いて3分のところで今日の宿(カプセル)はある。本当はシングル部屋を予約したかったのだが、
今日~明日にかけて、札幌ドームでジャ○ーズの嵐のコンサートが行われているのが祟った。
この日の札幌の宿の予約を出来得る限り調べ尽くした結果、どこも全て埋まっていたのである。

今現在、札幌の宿は全て嵐のファンで埋め尽くされているに違いない。
奴らの影響力を舐めてはいけない。ファンの数は実に170万人を越えてると聞く。
ただ、バックパッカーの宿でさえ埋まってたのは正直閉口したぞ(笑)。



PC130657.jpg

シングル部屋がないなら、男は黙ってカプセル!それも今夜はたった6時間の滞在である。
明日は早朝から函館本線の始発列車に乗って、終着駅の函館まで行かなければならない。
札幌からありとあらゆる列車を乗り継いで向かうことになるが、明日は雪がドッサリ降るらしく少し心配だ。

明日の行程を全てこなせば、今回の最北端鈍行旅は大成功となる。
無事に道南の函館まで辿り着き、憧れの北斗星に乗って東京へ帰ることが出来るか!?
次回!長距離鈍行・特急ワープ・臨時SL・市電・寝台特急を含めた、これまで以上に濃厚な一日が幕を開ける!

関連記事
2014/12/28 | 極寒北国紀行


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。