鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  極寒北国紀行 >  白銀の宗谷本線を行く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白銀の宗谷本線を行く

「極寒北国紀行 2日目 (旭川~名寄~稚内)」

[2014/12/11]

旭川駅前の繁華街で朝飯にありついた後、私は旭川駅に戻り宗谷本線の発着ホームへ向かった。
宗谷本線の道のりは長く、全線通しだと259.4km。これは日本の地方交通線として最長の距離である。
途中の拠点の名寄までは快速列車に乗り、そこから先は純然たる鈍行に乗って最北端駅の稚内へ向かう!


・宗谷本線 (快速なよろ) [旭川~名寄]
PC110198.jpg

日本最北端の路線として知られる宗谷本線は、元々は樺太への連絡手段として建設が進められたという。
1898年に旭川~永山間が開業し、それから延伸を繰り返して1922年に稚内まで全通する。
宗谷本線の線路は天塩川に沿って敷かれており、水運の衰退とともに道北からの資材輸送の役割も果たした。
終戦後は樺太への連絡船が廃止され、樺太連絡手段としての役割を失うことになる。

かつての宗谷本線は、名寄本線深名線美幸線天北線羽幌線など多くの支線を持っていたが、
これらの支線は80年代のうちに全て廃止となり、一路最北を行く孤高の路線となった。
孤高ではあるが今も道北の大動脈として健在しており、特急も1日3本出ている。

宗谷本線を一気に全線乗り通す場合、全線通しの鈍行で行くパターン快速+鈍行を乗り継ぐパターンに分かれる。
全線通しの鈍行は1日1本のみだが、快速と鈍行を効率よく併用する場合だと1日2回チャンスがある。
今回は11時11分発の名寄行き快速と、12時35分発の稚内行き鈍行に乗って稚内を目指そう。





宗谷本線の快速「なよろ」は、思った以上に混雑していた。
車内のボックスシートは既に満席なので、車内端にあるロングシートへ座る。
宗谷本線は途中の名寄までは高速化されており、本数も多い。しかし問題となるのが名寄以北の鈍行である。
名寄から北は、人家どころか道路もろくにない大自然の中を進んでいくことになるのだ。

列車は、発車するとしばらく市街地の中を進む。この辺りはまだ最果て路線の風情はない。
「快速」なのでいくつか駅を抜かして進んでいくが、速度は東京の普通列車よりも遅い
上り勾配に差し掛かると今にも止まりそうだ。空調がききすぎなのか、車内は蒸し暑い。


PC110199 (2)

石狩川を渡って間もないところで人家は少なくなり、左手には雄大な山々が姿を現す。
まだ路線の三分の一にも至ってないのに、車窓は大自然の風格を醸し出した。
これから先どんな車窓になるのか期待が膨らむ。


PC110200.jpg

ぴっぷ。

北海道は可愛い地名が多いな!(笑)北海道の地名は八割方アイヌ語がルーツにあるらしい。
「のっぽろ」も相当ツボにハマったけど、「ぴっぷ」はそれ以上にツボ。
ピップエレキバン愛用してるわけじゃないけどね。



PC110203.jpg

上りの特急に遅れが出たため、列車は8分遅れて名寄に到着。外は何時の間にか雪が降りしけっている。
もう既に発車しているはずの稚内行き鈍行が、向かいのホームで待機していたからよかった!
走って跨線橋を渡り、発車のベルが鳴る中そそくさと稚内行きの鈍行に乗り込む。

孤高の最北路線、宗谷本線の凄みを味わえるのはここからだ。



・宗谷本線 [名寄~稚内]


快速からの乗り継ぎ客を待ってくれてたのは有難いが、乗り継ぎ時間はほぼゼロであった。車両はキハ54系の単行。
車内には昔の特急の座席を転用したクロスシートがあるが、景色の良い左側は残念ながら全て埋まっている。
左側の車窓は意地でも確保したいところなので、やむなく空いてるロングシートに座ることに。



PC110266.jpg

ああ結局、最初から最後まで鬼畜な行程になってしまったではないか。
せめてもの最後ぐらいはクロスシートが良かったのだが………。まあいい、鈍行に贅沢なんぞ言ってはいけない。

これも最北端までの試練の道と思えば何のその!リュックをロングシートの片端に置いて背もたれ代わりにし、
座席と垂直に座るようにすると窓と自分の位置がいい塩梅になった。
これなら4時間ロングでもいけるだろう。言ってしまえば、ロングシートも「住めば都」である。



PC110220.jpg

名寄から宗谷本線は日本屈指のローカル区間に入り、一級河川の天塩川沿いをひた走っていく
車窓左手には川沿いの大絶景が広がるが、右手は全く面白味がないので避けたいところ。
名寄市街を出て間もなく天塩川が間近に迫り、圧巻としかいいようのない車窓が続く。

この名寄からの天塩川と宗谷本線の並行区間は、これから先何と2時間強も続くのである!!
………いやー、マジですごいわー。スケールが他と比べ物にならない。



PC110242.jpg

その佇まいは大河のようで、また向かいに聳える山々も険しく、
「ここは本当に日本なのか?」と思ってしまうほど荘厳な大自然の景色である。


PC110217.jpg

雄大な天塩川とともに車窓に広がるのは、途方もなく広大な北海道の大地だ。
人家はポツポツとあるのみで、車や道路もろくに見当たらない。
そんなところを、今、単行の気動車が一路ひた走っている。



PC110229.jpg

上りの特急が鹿と衝突したため、20分ぐらい遅れが出たらしい。そのため、豊清水駅で長時間停車となる。
道北に来てから雪が少しずつ降りしけてきた。吹雪にならなければいいのだが………。

特急到着後、列車は間もなく発車。宗谷本線は鹿衝突が日常茶飯事らしい。





音威子府から佐久までの区間は険しい渓谷になっていて、山と山の間を縫うように進む。
山中に差し掛かると、外は吹雪き始めた。今日は天候の変化が著しく早い。


PC110239.jpg

辺り一面、白一色。関東では滅多に見られない白銀の世界である。
列車は崖と天塩川の脇すれすれに沿って走っていく。



PC110254 (2)

画像だけだとそのスケールがいまいちわからないかもしれないが、この区間の車窓はずーっとこんな感じである。
ぐにゃぐにゃ曲がる大河と山の腹に挟まれて線路が敷かれている。
もう、ひたすら釘付けになるしかない!

とある山中の板切れ駅で一人乗客が降りていった。
辺りは何もない辺鄙なところだが、一体何をするつもりなのだろうか………。



PC110272.jpg

佐久を過ぎ、列車は無事渓谷を抜けた。さっきは吹雪いていたのに、ここにきて再び天気が回復してきた。
この辺りは集落が見られ、地元住民の人達が続々と列車を降りて行く。
車内はいつの間にか三人だけだ。



PC110294.jpg

幌延に到着した。ここでは上下の列車とも長時間停車するようだ。
停車中は駅構内を探索できるが、さすがに道北か外はめちゃくちゃ寒い。
特に風が強く、向かい風だと眼がチカチカする。まだ15時台だが、日は早くも暮れてきた。

約40分の停車時間の後、列車は再び稚内へ向けて出発。今まで並行していた天塩川はここで離れ河口へ至る。
宗谷本線の絶景区間はこれから先もあるが、もうすっかり日が暮れてしまった。
ただ、今日の往路で見れなかったところは、明日の復路で見れるから問題ない。





幌延から兜沼まではサロベツ原野の横を進んでいく。
豊富という駅で学生が大勢乗ってきた。
二日近くほぼ一睡もしてないため、眠気が限界にきている。
そうしてうつらうつら繰り返してるうちに、何が起こったのか列車が急停車した。

「只今、鹿と接触しましたため、停車致しました。これから調べて参りますので、しばらくお待ち下さい」

上りでも鹿とぶつかったらしいが、今度はこちらでも鹿衝突が発生。
宗谷本線の鹿衝突の発生率は日本一と聞く。運転士も実に手慣れた対応で運転を再開した。



PC110313.jpg

抜海を過ぎれば左手に日本海と利尻島が見えるはずだが、今はもう真っ暗で何も見えない。
抜海駅から少し歩いたところにある抜海港には、野生のアザラシが住み着いているという。
私はアザラシは大好きな動物なので、明日立ち寄って観察しに行こうと思っているのだが、
あいにく明日は吹雪の予報が出ている。抜海港は駅から徒歩30分ぐらいかかるらしく、
吹雪の中一人で歩いて行くとなれば生死に関わるので断念せざるを得ない。



PC110318.jpg

真っ暗な中をゴトゴト走り、列車は稚内から一駅前の南稚内へ到着。
稚内で特急が立ち往生しているため、ここで再び長時間停車となる。
色々あったが、何はともあれ、最北端到達まであと少しだ。

約10分停車後、向かいの線路から特急が遅れて入線する。
特急到着後、列車は間もなく発車。いよいよだ………!


東京から1600kmの道のりに終止符を打つときがきた!



PC110323.jpg


PC110338.jpg


「ご乗車ありがとうございました。日本最北端の駅、終点稚内です」


着いたーーーーーー!!稚内ーーーー!!
鈍行で最四端到達達成!!!!



上野から37時間。計画していた全行程通りに列車を乗り続け、日本最北端駅の稚内に到達した。
急行はまなすを除けば、ワープ一切なしの鈍行(と快速)のみを利用しての制覇となる。
最東端の根室・最西端の佐世保・最南端の枕崎に続き、最北端の稚内も無事攻略!
東京から4つの最端まで行った距離を全て合わせると、恐らく6000kmぐらいになると思われる。

長かった………、最四端到達の道のりは本当に長かった!!



PC110328.jpgDSCF8979.jpg

最北端の駅を有する稚内は、最南端終着駅を有する枕崎と友好都市が締結されており、
両者の駅ホームには二つの駅を結んで示した看板が掲げられている。
半年前に行った枕崎の看板と合わせ、これでめでたくコンプだ。



PC110334.jpg

車止めの裏側には、ここが最北端の線路であることを示す看板が立てられている。
距離が途方もなく離れてるとはいえ、最南端から最北端まで線路はちゃんと繋がってるから不思議な気分だ。

………何時か、最南端の枕崎から最北端の稚内まで走り抜く臨時列車でも企画されないかなー。
シベリア鉄道のロシア号みたいにさ、一週間ぐらいかけて日本列島を横断する感じで。
ありえない話だが、仮に実現されるのだとしたら俺は絶対に乗るぞ。



PC110341.jpg

稚内の駅舎は近代化されていて、売店や施設が充実しているようだ。
もう疲れたから、駅構内を探索するのは明日にしよう。

外は吹雪。歩けるのか年輩方の観光客が駅構内で心配そうにしてるが、
実際外に出てみると雪に殴られるような強風が吹いていてたまったものじゃない。
風が吹くと、道に積もった雪がブワッと舞い上がって私に襲い来る。でも、もう行くしかあるまい。


PC110353.jpg

吹雪の中をひた歩いて塩ラーメンの名店「青い鳥」に立ち寄った後、予約しておいた宿で一泊となった。
明日は最北端の宗谷岬を訪れた後、今度は函館に向かって鈍行で北海道を南下していくことになる。
今回の旅でゆっくり休めるのは稚内の宿だけなので、到着早々にベッドに寝転がって眠りについた。

最四端到達はめでたく達成となったが、旅はまだまだ終わらない。
赤電SL、そして北斗星。あと残り数ヶ月で消え行く名列車達が道中で待っている。
次回!自身も予測し得ない荒天の中、容赦なく吹きすさぶ風と雪を振り払い最北端の岬へ向かう!

関連記事
2014/12/25 | 極寒北国紀行


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。