鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  「鉄子の旅」を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄子の旅」を読む

[2014/11/29]

というわけで、読んでみました!当時話題沸騰だった鉄子の旅
何を今更な感もありますが……、乗り鉄である私がささっとレビューしてみましょう。

鉄子の旅 (1) (IKKI COMIX)鉄子の旅 (2) (IKKI COMIX)

前々から興味あったんだけど、出た当時は何故か素通りしていたこの漫画。
今回実際に買って読んでみた感想は、「やっぱり面白かった!」。
「鉄」でない方も一度読んでみる価値あるんじゃないかと思います。

女性漫画家の菊池直恵さんが、全国全駅を制覇した生粋の鉄オタである横見裕彦氏と、
「鉄」一辺倒のオタクな旅に振り回されるノンフィクション鉄道漫画!
本編は第六巻で完結。漫画に加え、アニメ化もされています。

本記事では、多少のネタバレを含みながら「鉄」の視点で率直な感想を述べていこうと思います。
(画像抜粋は第一巻からのみ・一部の太字には国内Wikiのリンクを貼ってあります)



・横見さんの激しいリアクションが面白い
PB270179.jpg

全国全駅を制覇した究極の鉄道オタク、横見裕彦氏がこの漫画の案内役です。
この方は現実に実在する御方であり、トラベルライターをやっているらしい。
普通の「鉄」をも圧倒する強烈なリアクションで、周りの仲間を牽引していきます。

横見さんは、一般の人生からかけ離れた「俺の道」を地で行く人です。そこにシビれる!あこがれるゥ!
突き抜けたキャラクターとはいえ、鉄の方なら何処かしらで横見さんに共感できるのではないでしょうか。
飯よりも乗り継ぎを優先させるとか、古い駅舎が好きだとか、夕暮れでもブラインド下ろしたくないとか………。
しかしノンフィクションとはいえ、40代だとなかなかいないよな~、こういう人は。
私らの世代なら普通にいそうな気もするが(童心がまだ残ってるって意味で)。



・普通の「鉄」が読んでも引いてしまうほど濃い内容
PB290182.jpg

私も相当ストイックなことやってきましたが、その自分が見ても「よくやるよな~」って思ってしまうネタが沢山あった。
一つの路線を上下線目一杯使って全駅に下車しようとしたり、北海道の板切れ駅を全て回ろうとしたり、
毎日夜行列車で延々と夜を明かしたり、吹雪真っ只中の日に豪雪路線(←只見線)に乗りに行くなど………。
どうも横見さんは、駅の下車に尋常じゃない拘りがあるようですね。

………鈍行で九州行くのは自分もやったけどな(苦笑)。



・「オタク」と呼ばれたくない人たち
PB270174.jpg

「鉄」な人なら、随所でニヤニヤしてしまうネタに思わず笑ってしまいました。
しかし「普段、俺はこんな風に見られてるんだろな……」と感嘆する一方で、
「俺はオタクじゃないぞ!」と抵抗したくなる二つの思いが交錯します。

まあ要は、善良な鉄としては「オタク」と呼ばれたくないわけですよ。
正式に「鉄道ファン」という言葉があるんですから、そこは譲りたくないのです。
しかしそれでもなお、一般の人にはただのオタク扱いされてしまう、この無常感ね………。
本実録漫画でも「俺はオタクじゃない!」と切実に主張する摸写がわんさか出てきます。



・「鉄子」自身が旅をするわけではなかった
PB290187.jpg

そもそも「鉄子の旅」というもんだから、私は当初その内容を勘違いしてました。
漫画のタイトルを都合よく解釈した上で、

「鉄道に興味があってかつ少しばかりの知識を持った可愛い女の子が鉄道の旅をする」

といった"素敵な内容"だと考えておりました。ホントに都合よすぎの解釈(笑)。
しかし実際には、一般者から見た鉄道オタクの異質な生態を実録形式で描いた内容であり、
「鉄」の世界の偏った様相に対し、著者の菊池さんが面白おかしく突っ込みを入れていきます。

強いて言ってしまえば、メーンのキャラ横見さんに対するやり取りそのものが物語の主軸なので、
この漫画に情報知識豊富な鉄道のうんちくを求めてはいけません(横見さんの知識量には圧倒されるけど)。
あくまで「鉄オタ×一般人」が生み出す確執と不条理がこの漫画の魅力です。



・「レールクイーン」とは何ぞや
PB290183.jpg

「レールクイーン」という存在はともかく、私は旅中で鉄道好きな女性を少しだけ見かけたことがあります。
SLを間近でまじまじと撮影していたり、18切符旅ガイドを熱心に読んでいたり、列車の真ん前でかぶりつきをしていたり……、
ただ、その純然たる「鉄子」の中でも、若い女性はやはり滅多に見かけませんね。

たま~に出くわしたりはするんだけど、そのほとんどは鉄道好きというよりは旅好きの方々であり、
鉄道含めた「旅」を楽しんでいるのが大多数であるわけで、根っから鉄道好きの女性はまずいない。
仮にも眞鍋か○りが「あっ、ボックスシートの115系が来たわっ!」なんて言わねえよ、絶対(笑)。



・今では廃止・消滅済みの列車や路線が登場する
PB290184.jpg

本作の舞台は00年代前半であり、今では絶対に見られない列車や路線が沢山取り上げられています。
今年廃止された岩泉線や、同じく廃止済のくりはら田園鉄道高千穂鉄道を初め、
上野発の夜行急行能登、寝台特急彗星、山陽本線の夜行快速ムーンライト山陽など………
現存していれば、自分が必ずや乗っていたであろう列車がわんさか出てくる出てくる!

私は昔から夜行列車をふんだんに使った旅をやってみたかったのですが、それはもうできないのが現状です。
今や現存する夜行快速はムーンライトながら信州のみ(えちごは今年夏に消滅か!?)。
横見さんや菊池さん達が羨ましい。00年代はまだ昔ながらの夜行が多く残ってたんだな………。



・菊池さんのツンデレぶりが可愛い(笑)
PB270177.jpg

んで、一般者側としての菊池さんの反応がまた面白い。
俗に言うツンデレであり、特に第一巻はその傾向が強いです。
常に跳ね除け受け付けない一方で、ときどきデレます。その様子が可愛いです。

個人的には、ディーゼル車のクロスシートの快適さをしぶしぶ認める様子が良かったな、うん。
あと菊池さんは作画もしっかりしてる!列車や駅舎の一つ一つが綿密に描かれているから、
漫画だけでなく、鉄道資料としての価値もあるのではないでしょうか。



鉄子の旅 (3) (IKKI COMIX)鉄子の旅 (4) (IKKI COMIX)鉄子の旅 (5) (IKKI COMIX)鉄子の旅 6 (IKKI COMIX)


賛否両論あるかと思いますが、個人的にはこの漫画文句なしに面白かったです。早く読んどきゃよかったー!
ただ、これで「横見さん=鉄道ファン」のような偏った構図が出来そうでちょっと怖い。
横見さんみたいにアグレッシヴな鉄人生を送れるのは、世の中ごくごく少数でしょうからね~。

この漫画は第六巻までありますが、一番インパクト高かったのはやっぱり一巻かな!
「鉄」だけどまだ読んだことない方は、書店やブック○フで試しに手にとってみては如何でしょうか。

関連記事
2014/11/29 | その他


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。