鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  長野途中下車旅 >  松本城観光~帰路へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本城観光~帰路へ

「長野途中下車旅 2日目 (松本~小淵沢~甲府~高尾)」

[2014/9/9]

至極順調な長野鈍行旅も、あと残りは帰路を辿るだけだ。
松本から中央本線で東京へ向かうのだが、その前に松本城を見学する時間を今回は設けた。
松本城は松本駅から徒歩10分のところにあり、駅前からのアクセスは良好である。

P9090174.jpg

松本駅周辺は繁華街になっており、色々な店が立ち並んでいる。
まずは駅を出て、案内看板に従い道を北東へと進む。
しばらくすると松本城の境内入口に辿り着いた。



・松本城
P9090223.jpg

国宝「松本城」は、今から遥か昔の戦国時代に建造された建物だ。
創建当時から現存する「本物の城」で、今まで見てきた城とは全く違う風格がある。
往時から残る重厚な姿は、何だか眺めているだけで悠久の歴史を感じる。素晴らしい。

松本城は内部や天守閣も見学することができるので、さっそく中に入ってみよう。
門前で入場券を買い、靴を脱いでいざ内部へ!


P9090185.jpg

天守閣へ行くには、6階分の階段を上らなければならない。
城の中は急な階段が多く、ところによっては渋滞も発生している。
内部のつくりが戦国時代そのまんまなので、色々発見があって面白い。


P9090191.jpgP9090188.jpg

各階層では当時の武器や鎧など、様々なものが展示されている。
特に火縄銃や大砲は、他ではなかなか見られない貴重なものなのだという。


P9090206.jpg

急な階段を上り続け、一番の見所である天守閣に到着。
じっくりと見学したいが、上ってきた見学客の休憩所と化しており人で溢れかえっている。
天守閣からの眺めは思ったより高く、市街が一望できる他アルプスの山々も鮮明に見えた。


P9090189.jpg

混雑する天守閣を早めに去り、再び階段を下りていく。
途中階段を踏み外してしまった人がいて、近くで悲鳴が上がった。
上るよりは下る方が恐いな。コケたらマジでたまらないので慎重に下りる必要がある。


P9090179.jpg

内部見学を終え充実した気分に浸っていると、すぐに帰りの列車の時間が来てしまった。
名残惜しいが、これから鈍行で延々と帰路だ。
東京に帰ろう!





松本城を出て元来た道で松本駅へ戻り、駅前の蕎麦屋で腹を満たした。
ここ松本からは、鈍行を3本乗り継いで行くことになる。接続は至ってスムーズだ。
ちなみに、その3本のうち2本は「山スカ」である。やったね!(笑)
往路復路ともに山スカ運用に合わせてあるのが、今回の旅一番の肝だったりする。

まずは、中央本線に直通する普通列車に乗って小淵沢まで行こうか。
211系でないことを祈りつつ………。



・中央本線 [松本~小淵沢]
P9090241.jpg

「またお前か、211系」

ホームに降り立つ寸前、“チラッ”とステンレスの輝きが見えたときの絶望感。
停まっていたのはやはり、今年房総から転勤してきた211系。
通勤需要も重要であり、久しぶりのニューフェイスに地元の人々は喜んだであろう。
しかし今、数少ない鈍行旅行者は時代の流れに取り残されようとしている!

……何はともあれ、この中央線転属の211系には何ともいえない哀愁を感じるな。
こいつはまず高崎を追い出され、房総で安泰と思ったら再び追い出されて長野まで来たのだ。
じきには他の線区からも転属してきて、長らく走っていた中央本線の115系は撤退してしまうだろう。


P1100491.jpg

211系は昔から憎めない存在であり、寧ろ自分にとってはありがたみを感じる車両であった。
かつて地元の常磐線中電として走っていたステンレスの415系(211系の交直両用タイプ)にはお世話になったものだ。

能書きはこれくらいにして、大人しく列車に乗り込もう。
座席はもちろん、通勤電車下がりのオールロングシートである。
車内はほどなく満席となり、小淵沢行きは定刻通り15時55分に発車した。



P9090242.jpg

松本から二時間強で、列車は終点の小淵沢に到着となる。
次に乗る塩山行きの列車に乗り換えるため、向かい側のホームに移動する。



・中央本線 [小淵沢~甲府]
P9090243.jpg

ここからは「山スカ」だ。17時10分発の塩山行き列車に乗り込む。
車内はほぼ学生で埋まり、ドア脇のこじんまりとしたロングシートに座った。
この列車は塩山まで行くが、次乗る列車は甲府始発のため途中の甲府で降りた方が効率が良い。


P9090246.jpg

日が少しずつ暮れ始めた。列車は至って順調に進む。
目の前の男子学生と女子学生が楽しそうに青春を語らっている。
やがて途中駅で男子学生が颯爽と降りると、女子側が窓を眺めながら一言呟いた。

「この関係、いつまで続くのかなぁ~、しばらくは続くんだろうなぁ~」

青春してるなー!真ん前でモロ青春してるなー!

青春の「青」の字すらかすれそうな男を前に、絵に描いたような青春群像劇が繰り広げられている!
何時も思うんだが、田舎の学生パワーってすげえわ。連帯感が都内のそれとは全然違う(良い意味で距離を置かない)。



・中央本線 [甲府~高尾]
P9090248.jpg

17時48分、塩山行き列車は甲府に到着した。
次に乗る列車は甲府始発なのでここで一旦下車する。
あとは20分後に発車する高尾行きに乗れば、今回の長野鈍行旅は無事終了となる。

ホームでしばらく待っていると、再び山スカが入線してきたので乗り込んだ。


P9090252.jpg

車内は空いており、端っこのクロスシートにゆったりと座る。
日が暮れかける頃に列車は動き出し、終点の高尾目指して進んでいく。
大月を通る頃には真っ暗になった。復路で記憶に残ってるのは大概夜の乗車記録なのだ
夜、ひなびた風情の車内で、一人クロスシートに座ってるのもなかなかたまらないものがある。



P9090254.jpg

やがて夜19時38分、列車は定刻通り終点の高尾に到着した。
スカ色電車に別れを告げ、対向に停まっているオレンジ色の快速電車に乗り換える。
そして西国分寺で武蔵野線に乗り換え西東京を出て、自宅最寄りの新松戸まで行き帰路に着いた。

天気は途中で回復したし、一泊二日ながら手ごたえのある鈍行旅ができたと思う。
山スカに始まり、鉄道最高地点、善光寺、姨捨、松本城を経て、再び山スカで締めとなった。
何というか、鈍行旅の行程そのものにくだらない美学を見出してしまいがちな今日この頃である。
(完結)
関連記事
2014/09/29 | 長野途中下車旅


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。