鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  西国片道旅行 >  宗太郎を越えて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗太郎を越えて

「西国片道旅行 3日目 (佐伯~延岡~宮崎~青島)」

[2014/8/15]

鬼畜な最南端旅も3日日を迎える。
今日は佐伯から日豊本線を乗り継ぎ、指宿枕崎線で終点枕崎へ向かうことになる。


DSCF8676.jpg

2日目の宿の中で日豊本線の時刻表を見ていたら「宗太郎」という変わった駅名を発見する。
その奇妙な駅名は、これから朝一の始発で行く佐伯~延岡の間にあった。




日豊本線の佐伯から延岡までの区間は県境にあたり、きつい峠を越えていくことになる。通称「宗太郎越え」
ここら県境の地は宗太郎という名がついており、峠も同じく宗太郎峠と呼ばれる。
宗太郎駅は、この峠の最中にあった。

時刻表を見てみると、この駅は特急を除くと一日三本しか列車が来ない。
朝の列車を逃すと、次の列車が来るまで何と10時間強
途中下車してみたかったが当然の如く諦めた。
また宗太郎越えをするのは鉄道と一般車のみで、路線バスを利用しての立ち寄りも不可能だ。

かくして宗太郎は、他の追随を許さない秘境駅なのであった。



・日豊本線 [佐伯~延岡]
DSCF8677.jpg

一日たった三本の延岡行き単行気動車が、乗客たった三人を乗せて佐伯駅を発車した。
ここから先には宗太郎峠があり、難工事の末開通したという険しい山の中を進んで行く。
ぐずついた天気は回復する気配がないが、今日は少し青空も見える。


DSCF8685.jpg

佐伯を出発すると列車はほどなくして山の中に入り、エンジンを唸らせながら坂を上っていく。
これまでの道のりでも見かけたが、今日の朝は山霧が一段と濃い。
未知なる場所に向かうようで緊張感が高まる。


DSCF8693.jpg

途中の駅で乗ってくる人は全くいない。
混雑していた今までと違い、車窓の右から左まで撮り放題だ。


DSCF8701.jpg

宗太郎一つ手前の重岡で、列車は行き違いのため数分間停車。
峠のサミットは県境ではなく重岡駅付近にあり、ここから先は延々と坂を下ることになる。


DSCF8705.jpg

「次は、宗太郎に停まります」

自動放送とはいえ独りでにニヤッとしてしまうぞ。


DSCF8714.jpg

線路は国道10号と絡み合いながら続いている。
この国道と線路以外は何も見かけられず、宗太郎峠の険しさがわかる。
崖を渡り、いくつものトンネルをくぐりながら列車は先へ進んでいく。


DSCF8717.jpg

やがて、左に大きくカーブしたところに宗太郎駅はあった!


DSCF8720.jpgDSCF8721 (2)

超秘境駅だし降りて探索してみたかったが、さすがに10時間も滞在するわけにはいかない。
ホームは当然のように誰もいなく、ドアは開いてから数秒で閉められ発車となった。
車内の窓から眺めるしかないのが残念だ。


DSCF8724.jpg

宗太郎を出ると、市棚まできつい下り坂が続く。
市棚まで行けば宗太郎を越えたことになる。


DSCF8729.jpg

下りに転ずるとともに、車窓には綺麗な川が見えてきた。
早朝の今は川霧が出ていて、幻想的な佇まいである。
そういや、川霧をこんな間近で見たのは初めてだ。


DSCF8733.jpg

たまたまなのかは知らないが、山霧と川霧が絡み合う車窓に釘付けになっていた。
水面が見えないほどに霧が立ち込めていて、普段見られない光景にただただ感動!
延々と坂を下ると人家が少しずつ増えて、街中に入ると列車は終点の延岡に到着となる。


DSCF8741.jpg

宗太郎越えは18切符の難所でもあり、ここだけ特急でワープする人も多いようだが、
今回鈍行旅の行程として、効率よく普通列車で越えられたのはラッキーだったと思う。
旅はまだ終わっていないが、宗太郎越えは今回の旅のハイライト区間に決定だ!



・日豊本線 [延岡~宮崎]
DSCF8742.jpg

延岡からはしばらく日豊本線で南下となる。
コミュッタートレインと名付けられた819系に乗車。
座席は木製のクロスシートになっている。


DSCF8747.jpg

延岡から宮崎までは海沿いをひた走っていく。
ところどころに生えているフェニックスが南国ムードを盛り上げる。


DSCF8754.jpg

しばらくすると、列車はリニアの実験線跡に並行して進む。
延々と続くこの実験線跡は、今は太陽光発電パネルの設置場所として活用されていた。

やがて9時過ぎに、列車は宮崎に到着した。
予定通り行くなら、次の列車まで2時間以上の滞在時間がある。
何処か観光できる余裕があるので、今回は宮崎から日南線で青島に行ってみようと思う。



・日南線 [宮崎~青島]
DSCF8878.jpg

日南線は、南宮崎から日南海岸沿いを走り志布志まで至る盲腸線だ。
青島駅は宮崎から数駅下ったところにあった。
駅前から徒歩10分ほどで青島に行くことができる。



・青島/青島神社
DSCF8850.jpg

青島は周囲1.5kmほどの小さな島で、宮崎の一大観光スポットの一つである。
この島には、約1200年以上の歴史を持つ青島神社がある。


DSCF8811.jpg

まだお盆なので、今日は多くの参拝客で賑わっている。


DSCF8809.jpg

島の中は全て青島神社の境内になっている。
この神社には、彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大神という三神が祭られており、
縁結び・安産・航海・交通安全などの御利益が得られるそうだ。


DSCF8800.jpg

拝殿脇には奥宮へと繋がる道があった。
亜熱帯植物で覆われており、南国の樹海の中という感じがして面白い。


DSCF8842.jpgDSCF8839 (2)

青島神社を参拝した後、潮が引いて少しずつ顔を出した「鬼の洗濯板」を観察。
干潮になると、洗濯板のような独特の岩肌が全て顔を出すらしい。
これは是非、干潮時の状態で見てみたかったなー。



DSCF8866.jpg

時間たっぷり青島神社を参拝した後は再び駅へ戻り、自販機でジュースを買って一服。
ここから宮崎に戻れば、あとは真っ直ぐ最南端の枕崎へ直行することになる。
南国の容赦ない日差しに悶えながら、私は日南線の上り列車を待った。

関連記事
2014/08/30 | 西国片道旅行


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。