鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  鈍行旅2012 >  山陽本線を辿って

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陽本線を辿って

「雪辱の鈍行旅 2/3 (姫路~倉敷~福山~広島)」

[2012/9/9]

鈍行旅リターンマッチは順調な道のりを辿る。天気が良好なので列車の遅れもない。
東京から東海道本線を乗り通し、1日目は大坂で一泊となった。



2日目は山陽本線を辿って行くが、滅多に来れないところなので途中下車の時間を沢山設けた。
姫路に続いて倉敷と福山に立ち寄るが、訪れるのは今回が初めてだ。



・山陽本線 [姫路~倉敷]

姫路から約2時間で倉敷に到着。
今回は観光スポットの美観地区に絞って見学することに。

P1010561 (2)

かつて物資輸送の拠点として栄えた倉敷。
美観地区は江戸~明治時代の町並みが今もそのまま残されている。


P1010559.jpg

千葉にある水郷佐原と風情は似ているが、こちらの方が規模が大きいようだ。
表通り沿いに商店が立ち並び観光客で賑わっている。


P1010566.jpg

路地に入ると、独特の白壁となまこ壁が貼られた蔵に囲まれる。


P1010548 (3)

モノクロにすると何時の時代だかわからなくなる街並みだ。
ぶらつくうちに時間が結構過ぎてしまったので、キリのいいところで駅へ戻った。



・山陽本線 [倉敷~福山]

倉敷から僅か40分で福山へ着く。
もう夕方なので行く所は限られてるが、とりあえず路線バスに乗って鞆の浦へ。

P1010576.jpg

鞆の浦は「崖の上のポニョ」の舞台モデルとなったことで有名らしい。
奥ゆかしい瀬戸内海とノスタルジックな街並みがいい感じだ。


P1010571.jpg

バス停隣接の観光センターでマップをもらい、日が沈むまで町中を回ってみることに。


P1010582.jpg

鞆の浦のシンボルとされる「燈籠塔(とうろどう)」
江戸時代末期に建てられた灯台で、港の常夜燈としては日本一大きいのだそうだ。


P1010603.jpg

ここがポニョとそうすけが出会った場所(マップにそう書いてある)らしい。
暗くなってきてしまったのが残念。倉敷で時間を使いすぎたか、、、


P1010613.jpgP1010617.jpg

港で猫が二匹、僕の目の前でじゃれ合っていた。
しばらくすると二匹揃って海岸の方へ去っていった。



・山陽本線 [福山~広島]
P1010622.jpg

すっかり日が暮れたのでバスに乗って福山駅へ帰還。
福山から広島へは普通列車で約2時間かかる。

ガラガラの車内。真っ暗闇を突き進み、夜23時に2日目の終着駅広島へ到着した。
駅前に美味そうなお好み焼き屋があったので、そこで腹ごしらえ。
腹いっぱいになった後は広電に乗って宿の最寄り駅へ移動。
繁華街の宿に入り、明日最終日に備えて早めに就寝した。

関連記事
2014/05/15 | 鈍行旅2012


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。