鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  秩父/三峰口散策 >  三峰口駅と後藤デフ装備のC58

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三峰口駅と後藤デフ装備のC58

「秩父/三峰口散策 2/3 (三峰口)」

[2013/11/8]

さて、秩父からパレオエクスプレスに乗って終点の三峰口へやってきた。
ここから今度は路線バスに乗って、山奥にある三峰神社に向かう予定だ。
しかし次のバスが来るまで相当時間があるので、駅周りをのんびり散策することにした。


・三峰口駅
P1090653.jpg

ここ秩父鉄道の終点である三峰口駅は関東の駅百選にも選ばれている。
昭和5年(1930)建造の古き良き木造駅舎だ。


P1090648.jpg

駅構内や改札口は一切近代化されていない。
自動改札やICの簡易改札機なども全く導入されてないので、昔ながらの雰囲気がそのまま残っている。


P1090705.jpg

駅前から奥の留置線に向かうと、C58が体を休ませていた。


P1090711 (2)

原型ナンバープレートに後藤工場ロゴがついた切り取り式デフレクター。
今日は特にイベントはないし特別な日でもないので、ヘッドマーク掲出はなし。
渋すぎるよ、、、。普段の派手な姿とは違う、極めてシンプルな佇まいに感動した。


P1090687.jpg

駅横には、秩父鉄道の車両が展示されている。
現在は譲渡車が中心だが、かつては自社発注の車両が存在したらしい。


P1090702.jpg

展示車両に囲まれたところに、SLの転車台があった。


P1090716.jpg

青空の下でギラギラと輝く蒸気機関車。


P1090740.jpg

しばらくすると転車台で向きを変え、再び駅ホームへ入ってきた。
昼食を食べ駅前を少しブラブラした後、線路際に行って折り返しのSLを撮ることに。


P1090752.jpg

SLがくるのを待つ間、秩父側から列車がきた。元東急の8090系。
国鉄101系を期待したが、今や2編成だけだしすぐ出会うのは難しいか。


P1090755.jpg

やがて遠くから汽笛の音が聞こえ、パレオエクスプレスが目の前を通り過ぎていく。
SLを見送った後、バスがくる時間が近づいていたので駅前のバス停に向かった。


後藤デフをつけたC58は、見れば見るほど凛々しい顔つきをしていた。
近年からのSLブーム復興もあるから、こういった余裕のある企画が行われるのだと思う。
加えて来年には、釜石線で「SL銀河」の定期運行が始まる。C58の239号機が使われるらしい。
僕は昔のSLブームを知らない世代だが、今のタイミングでSLに興味を持てて本当によかったと思っている。

関連記事
2013/11/11 | 秩父/三峰口散策


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。