鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  奥多摩散策 >  青梅線に乗って

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅線に乗って

「奥多摩散策 1/3 (青梅~奥多摩)」

[2013/6/28]

僕は東京23区外の奥の方へまだ一度も行ったことがなく、以前からずっと気になっていた。
ということで実際に行って確かめるべく、今回は青梅線に乗って東京都奥地へ向かう。
終点の奥多摩からは旧青梅街道を歩き、ダムまで延びていた貨物の廃線跡を探索する予定だ。

まず新松戸から武蔵野線に乗って西国分寺へ行き、そこから中央線の青梅行き直通列車に乗り継いだ。


・青梅線 青梅~奥多摩
P1030855.jpg

住宅街の中をゴトゴト走り、列車は青梅線のちょうど中間にあたる青梅駅に到着した。
青梅線は青梅駅を拠点に運転系統が分かれていて、ここからさらに先へ行くには奥多摩行きの列車に乗り継ぐ必要がある。



P1030856.jpg

町の昭和レトロな触れ込みもあってか、駅構内はレトロ調になっている。
しかしそんな風情豊かな駅の様相と相反するように、車両はバリバリのハイテク通勤電車である。
かなり場違いな感じもするが、こういったミスマッチ感は逆にシュールで面白かったりする。



P1030857 (2)

駅ホームを観察しているうちに、奥多摩行きの列車が入線して来た。E233系4両編成での運転だ。

コストダウン一辺倒の209系やE231系と打って変わり、E233系では安全性や輸送安定化に比重が置かれるようになった。
最近自分が普段利用する常磐線にも導入されたが、それまで走っていた203系と比べ圧倒的に居住性が良くなっている。
(そもそも不評だらけの203系と比べるのが間違いかもしれないが)



P1030864.jpg

青梅駅から、列車は多摩川に沿って本格的な山間部へと入っていく。
この区間から列車の本数もグッと少なくなる。



P1030878.jpg

みるみるうちに山が深くなってきた。



P1030880.jpg

川井駅に到着すると、窓のすぐ向こうに奥多摩大橋が見える。



P1030886 (3)

想像以上に山深いところを進んでいく。
車両は通勤電車だが、車窓は完全にローカル線だ。



P1030888 (2)

というか、ここは本当に東京なのかと。
「東京=大都会」という図式が未だ離れない田舎物の自分には衝撃的な風景だ。



P1030896 (2)

終点近くになると、もうすっかり険しい山の中。
東京にも、こんなところがあったのか!



P1030898.jpg

やがて青梅から約40分で、列車は終点の奥多摩に到着した。東京都最西端の駅になる。



P1030899.jpg

ホームは大きくカーブしている。



P1030900.jpg

山小屋のような、風情ある駅舎が素晴らしい!
1944年開業当時からの建物だ。



P1040170 (2)

線路の途切れた向こうには、石灰石を採掘している工場がある。
奥多摩に巨大な工場があるとは既に聞いていたが、まさかこんな駅のすぐそばにあるとは思わなかった。



P1040163 (2)

工場は山あいにへばりつくようにして建っている。
近未来の城塞都市か何かのようで、昔のSF映画に出てきそうだ。



P1030901.jpg

奥多摩駅から、今度は旧青梅街道を歩いていく。ここから奥多摩湖まで約10Kmの道のりだ。
現在街道は散策路として整備されており、「奥多摩むかしみち」という愛称がつけられている。
道中にはダム建設の資材運搬のための鉄道が通っていたらしく、今も廃線跡としてそのまま残っているのだという。

時間にあまり余裕がないので、すぐさま駅前の観光案内所で地図をもらい旧街道入口へ向かった。

関連記事
2013/06/28 | 奥多摩散策


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。