鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  私鉄 >  流鉄流山線の新型車両

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流鉄流山線の新型車両

[2013/6/9]

僕の地元にある流鉄流山線は、全長5.7kmのミニ私鉄です。
東京近郊にありながらローカル線の雰囲気漂う希有な路線で、全線が単線になっています。
車両は数十年前からずっと西武の譲渡車が使用されており、
それぞれの編成ごとに異なったカラーリングと愛称がつけられています。

P1030611b.jpg

流山線は数年前まで2000形(元西武701・801系)と3000形(元西武旧101系)が主力でしたが、
老朽化やTX開業後の合理化に伴い近年少しずつ数を減らしてきました。
そして約一ヶ月前に最後の2000形「なの花」が引退してしまい、車両は全て新型の5000形(元西武新101系)に統一。
僕の中で流山線のイメージといえば2000形の「青空」と「なの花」編成でしたので、
これから見れなくなってしまうのは非常に寂しいです。



P1030612 (2)

半年前にデビューした、5000形の第三代「若葉」号。
二代目の3000形の頃からこの黄緑色の車体色が好きだったので、こうして新車に引き継がれたのは嬉しいですね。



P1030617 (3)

約一年前にデビューした、第二代「あかぎ」号。あかぎ号は11年ぶりの復活となりました。



P1030593.jpg

終点の流山駅は閑散としています。
関東の駅百選にも選ばれているこの駅は、昔ながらの懐かしい雰囲気がします。
駅舎は開業当時の大正5年(1916)からずっと変えてないそうです。
駅は市の中心部に位置していますが、駅前だけ見ると地方ローカル線の駅という感じです。



P1030592.jpg

ホーム端にはオレンジ色の「流星」号が鎮座してました。2011年にデビューした車両です。



P1030596.jpg

駅ホームの奥に車庫があります。



P1030597.jpg

車庫には、引退した「なの花」号がひっそりと佇んでました。
黄色地に緑のラインの車体色は、沿線ののどかな風景のイメージそのものでした。
やはり、近いうちに解体されてしまうのでしょうか。



P1030586.jpg

沿線はほとんど閑静な住宅街の中ですが、緑が多く桜並木も見られます。
数ヶ所だけ第4種踏切が残っていて通過時に警笛を鳴らしますが、5000形は電子笛なのでかなり違和感があります。
いつもの素朴な空気笛でなくなってしまったのが残念ですが、時間が経つうち次第に溶け込んでいくのでしょう。

関連記事
2013/06/09 | 私鉄


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。