鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  箱根フリーパスの旅 >  飛竜の滝へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛竜の滝へ

「箱根フリーパスの旅 4/4 (畑宿~飛竜の滝~強羅~箱根湯本)」

[2013年6月3日]

行き当たりばったりの箱根フリーパスの旅も、終盤まであと少し。
登山鉄道、ロープウェイ、海賊船とゴールデンルートを順々に辿り、元箱根からは旧街道を歩いてきた。



旧街道の中間地点である畑宿から、今度は山中にある飛竜の滝を目指して林道に入った。



P1030474.jpg

急勾配の舗装路を登りきり、途中から登山道になる。
さっきの旧街道とは打って変わり、人気は全くもってない。
全然人が通ってないのか、道中クモの巣に何度もひっかかった。



P1030477b.jpg

しばらく進むと、片側に剥き出しの岩肌が見えてきた。
柱状節理という、地表に出た溶岩が急速に冷却されてできたものらしい。
崖の先で木が切り倒されているのがかなり痛々しい。



P1030479.jpg

道は沢のすぐ右側に沿って進んでいく。



P1030480.jpg

思っていた以上に本格的な山道だ。
路上にゴロゴロ転がっている岩と、道を半ば阻んでいる木々に苦戦する。



P1030482.jpg

渓流の流れる音とともに、遠くから少しずつ滝の音が聞こえてきた。



P1030489 (4) P1030491.jpg

やがて、山道を30分くらい登ったところで飛竜の滝へ到着した。
滝は二段になっていて、竜が飛翔していくような姿であることが名前の由来となっている。
観光化されてない山奥なので、とても風情がある。



P1030580.jpg

少し進んだところにある展望台から滝を見上げると、なかなか迫力がある。
自分の他には誰もいなかったので、しばらく滝を呆然と眺めていた。



P1030505.jpg

水量の多いときと少ないときがあるらしいが、この日は割りと水量があった。



P1030509.jpg

存分に滝を眺めた後、再び滝から続く道を進む。
さっきの荒れた山道とは違い、しっかりと整備されたハイキングコースになっている。





丸太の階段を延々と登っていくと、山合いの反対側にある国道1号に到達した。



P1030512.jpg

近くのバス停で路線バスに乗車し、再び箱根登山鉄道の駅へ向かう。



・箱根登山鉄道 強羅~箱根湯本


P1030515.jpg

駅に着いて最初にやってきた列車は、モハ1形の104-106編成だ。
もう寄るところは寄ったし、あとは帰るだけなのですぐこれに乗ろうと思ったが、
沿線の女子高生で車内が満員状態になってしまったので控えた。



P1030517.jpg

それからすぐ後にきた1000形に乗り、箱根湯本へ向かう。
車内は空いていて車掌さんによる観光案内もなく、淡々と山を降りていく。



P1030556.jpg

途中のスイッチバックで、対向列車とすれ違う。



P1030566.jpg

日も暮れかける中、列車は箱根湯本へ到着。
あとは小田急線に乗って新宿まで戻れば、今回の箱根フリーパスの旅は終了だ。



・小田急ロマンスカー[はこね42号] 箱根湯本~新宿

P1030569.jpg

箱根湯本からはロマンスカーに乗って、あっという間に帰路へ。
デビュー当時、賛否両論を呼んだEXE(30000形)に乗車する。
観光客には不評な車両だが、主に夕方以降の通勤時間帯で縁の下の力持ちとして活躍している。
座席が他のロマンスカーと比べて、格段に座り心地がいいのだという。



P1030574.jpg

外装だけでなく、車内の内装もシックにまとめられている。
結構疲れたので、座席に座るとすぐに眠ってしまった。


今回の旅は吊り掛け電車と旧街道の石畳が主な目当てだったが、残念ながら吊り掛け電車には遭遇できなかった。
箱根フリーパスは2~3日有効の切符なので日帰りはどうかと思ったが、乗るべきものは乗ったし十分に元がとれた。
自分みたいな乗り物好きにとって、こういった乗り放題の格安切符は非常にありがたい存在だと思う。
(完結)
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。