鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  箱根フリーパスの旅 >  箱根登山鉄道の吊り掛け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根登山鉄道の吊り掛け

「箱根フリーパスの旅 1/4 (新宿~箱根湯本~強羅~早雲山)」

[2013年6月3日]

ふとした思いつきで、日帰りで箱根に行ってみることにした。使用切符は箱根フリーパス。
これ一枚で都心からの往復運賃を含み、箱根の主な交通機関が乗り放題になるというお得な切符だ。



電車で箱根に行くのは初めてなので、一番ベタといわれるゴールデンルートで箱根を順々に辿っていこうと思う。
(登山鉄道→ケーブルカー→ロープウェイ→海賊船→バス)
ただ海賊船を降りた後はバスには乗らず、旧東海道の一部である箱根旧街道を散策する予定だ。

早朝に自宅を出て新宿へ向かい、小田急の急行電車に乗ってまず新百合ヶ丘に向かった。



・小田急線[急行] 新宿~新百合ヶ丘

P1030326.jpg

今回箱根に行く最大の目的は、箱根登山鉄道の吊り掛け電車に乗ることだ。
通称「サンナナ」といわれる、モハ1形の103号と107号の編成にどうしても乗りたかった。
他の車両はカルダン駆動の台車に変えられたため、吊り掛け駆動で残っているのはこの「サンナナ」の編成だけだという。

しかし他の編成と共通運用のため、乗りに行くその日に「サンナナ」が運行されているかどうかは、
実際に行ってみないとわからない。こればっかりは運次第となるし、半ば賭けである。
ただそれでも本物の吊り掛けの音を僕は聞きたい。



・小田急ロマンスカー [はこね5号] 新百合ヶ丘~箱根湯元

P1030340.jpg

新百合ヶ丘からは箱根湯元行きのロマンスカーに乗車。
現在ロマンスカーの中では最古参となったLSE7000型だ。


P1030329.jpg

LSE7000型の車内。座席はソフトな座り心地でとても快適だった。

新百合ヶ丘から1時間ちょっとで終点の箱根湯本へ到着。ここから箱根登山鉄道に乗車する。
サンナナがすぐに来ないことを想定したので、時間は十分に確保している。
(まあそもそも運行してるかどうかもわからないのだが)
あとはサンナナがやってくるのを待つのみだ。



・箱根登山鉄道 箱根湯本~強羅

P1030341.jpg

しかし、一向にくる様子がない。
やっと来たか!と思ったら、それは既にカルダン駆動化された編成であった。



P1030356.jpg

ずっと起点の箱根湯本で待っているのも退屈なので、隣駅の塔ノ沢にも立ち寄った。



P1030345b.jpg

両端がすぐトンネルになっている。周りは鬱蒼とした山の中だ。
無人駅で周りは何もなく、とても静かなところで秘境駅の雰囲気が漂っている。



P1030351.jpg

駅舎のすぐ傍は渓谷で、駅入口まで狭い通路が続いている。



P1030358.jpg

再び箱根湯本へ戻り、ひたすら待ち続け粘ること1時間強。結局、サンナナはやって来なかった。
列車は一巡し、今日はサンナナ編成が運行していないこともわかった。
まあ打つべき手は打ったし悔いはないものの、やっぱり本物の吊り掛けの音が聞きたかったなー。

落胆しながら次の強羅行きの列車を待っていると、何やらホームに見覚えのある人影が、、、



23.jpg

まさか、粘りに粘って諦めたあげく適当に乗り込んだ列車に、
あの具志堅と清水圭が乗ってくるなんて一体誰が予測し得ただろうか!(本当にたまたまだろうけど、、)
ロケ中らしく、塔ノ沢で降りていく。発車後も走って追いかけてきた。面白い。



P1030361b.jpg

列車は最大80パーミルの急勾配を力強く登っていく。
平日だが車内はかなり混雑していて、外国人観光客が目立つ。
しばらくすると、眼科にさっき通過したばかりの早川橋梁が見えた。
高低差が肉眼だけでもすぐにわかる。



P1030540.jpg

激しい急カーブが続く。
甲高いきしみ音を立てながらも、列車は難なく通過していく。
本格的な登山電車だけに普通の鉄道線という感じがしないし、やっぱり他とは違う。



P1030373.jpg

箱根湯本から約40分で、列車は終点の強羅に到着した。
ほとんどの乗客は、降りたらそのままケーブルカーのホームへとなだれ込む。
自分もすぐケーブルカーに乗って進もうかと思ったが、次の列車は20分後とのことなので、
敢えて線路沿いの道を歩いて行くことにした。



P1030367.jpg

ケーブルカーの線路は、端から端まで一直線に敷かれている。



P1030368.jpg

公園下と書いて「こうえんしも」と読むらしい。



P1030374.jpg

ケーブルカー沿いの道は想像以上に坂がきつかったが、半ば強行で進んだ。
延々と坂道を登り続け、約20分で箱根ロープウェイの駅へ。
まださっきのケーブルカーが到着してなかったので、乗り場は空いている。
混むのは嫌だし、そのまますぐロープウェイに乗って芦ノ湖へ向かった。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。