鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  私鉄 >  流鉄100周年コラボ始動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流鉄100周年コラボ始動

[2015/9/19]

R0012166.jpg
「新坂川脇を行くななこ号(幸谷~馬橋間にて)」

地元の流鉄が来年3月に開業100周年を迎えるようです。かつて田んぼしかなかった流山を走り続けてきた流鉄の歴史は古く、
当初は流山名物のみりんを運ぶための鉄道として開業した町民鉄道でした。
現在、ベッドタウン化が急速に進んできた流山・松戸近辺は住宅がひしめく典型的な近郊街ですが、
流鉄は専ら地元輸送一徹で、ギリギリの経営状態ながら昔から最安運賃120円を保持しつつ走り続けてます。

そんな地元密着の流鉄が、今年9月になって早くも来年の開業100周年に備えたプロジェクトを発足することになったようです。
あの流鉄だからもっと素朴な企画になるのかと思いきや、100周年なだけに今回限りは結構頑張るらしい。


R0012199.jpg

今回の100周年コラボの対象となったのが、アニメ「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」
萌えアニメに疎い私はタイトルで既に「どーゆーこっちゃ??」って感じなんですが(汗)、
まあ、巷では「ろこどる」と呼ばれているそのアニメと今回はコラボすることになったようです。
こんなアニオタ層を取り込むコラボやるの、流鉄にとっては初の試みなのではないでしょうか。

"流鉄100周年×ろこどる"のコラボプロジェクトは、今年2015年の9月19日から来年の3月下旬まで実施されます。
期間中は専用のヘッドマーク掲出の他、アニメの担当声優さんによる専用の自動アナウンスが流れ、
さらに各駅で専用の100周年記念フリー乗車券が発売されます。

当コラボプロジェクトの詳細は、流鉄公式HPろこどる公式HPに細かく記載されてます(←にリンク貼りました)。
9月23日に限ってはお祭り的な趣旨で、流山市文化会館で100周年の記念イベントや物販も実施されるようです。
なかなか豪華な体裁っぽいので、流鉄が気になる方は是非行ってみては如何でしょうか??

コラボ開始初日となる今日、私は自宅からチャリをシャコシャコ漕いで流鉄の元へ向かいました。


R0012189.jpg

チャリを漕いで裏道を辿り、お馴染みの流山駅に到達。この駅は関東の駅百選の一つです。
周りは典型的な近郊街なんだけどここだけ昭和のノスタルジーな雰囲気が漂っていて、昔から好きでした。
大正時代から使われている古い駅舎が相変わらずいい味出してる。プレート横に付いてる大きなベルも健在です。
列車発車時にはあの大きなベルが鳴り響き、駅員さんが乗り残しがないか確認してから列車が出発します。

昭和ノスタルジー一直線な駅舎の中に入ってみると………。


R0012206.jpg

「流鉄開業 100th Anniversary」

さっそくありました!100周年コラボの記念プレート。
駅構内の改札脇にデカデカと設置されたこの記念プレートには、今回のコラボ企画の主役となるキャラが描かれてます。
左側が宇佐美奈々子さんで、右側が小日向縁さんというそうです。中央のゆるキャラっぽいのが魚心くんというらしい。

何だかよくわからないけどww、これからよろしくお願いします!(←キャラの名前を今初めて知った)


R0012200.jpgR0012196.jpg

迸 る 流 鉄 愛 。

流山の駅構内はこじんまりとしてますが、100周年記念に伴った広告などが既に掲出されてました。
恐らく地元の子供達によるものと思われる、流鉄の応援画のオンパレード。あったけえなあ~。
硬券のことを"超レアな固い切っぷ"って表してるのが面白い(笑)。


R0012230.jpg

見慣れたノスタルジックなホームでしばらく列車を待ってると、やってきました。「ななこ号」(元なの花号)です。
今回のコラボの専用ヘッドマークが掲出されるのは、このななこ号と対向に停まってる「ゆかり号」(元流馬号)のみ。
他の列車は、何時もと同じ通常プレートをつけての運行となるようです。

ちなみに流鉄の運用はランダムのため、何日何処で専用ヘッドマークの列車が走るかは特定できません。
その日に行ってみないとわからないです。ただ、イベントをやる9月23日に限っては、
ななこ号とゆかり号、両列車が同時に運行されることが決まってます。


R0012215.jpgR0012231.jpg

コラボ発足初日となる今日、私の他に数人だけ"同業者"がいらっしゃいました(昼間はもっといたんだと思う)。
"アニオタ"なのかそれとも"鉄"なのか、判別できませんが。フリー切符も皆こぞって購入。
まあどっちにしても、金を入れるお客さんが集まってなんぼですからね。


R0012250.jpgR0012252.jpg

100周年記念フリー切符は3種類あって、流山駅・馬橋駅・流山~馬橋の間の途中駅にてそれぞれ違う種類が販売されます。
全部コンプしたいところですが、取り敢えず流山駅の記念フリー乗車券(画像左)を買って列車に乗車。
さらに終点馬橋到着後に、馬橋駅の記念フリー乗車券(画像右)も購入しました。

この100周年記念フリー乗車券は厚みのある厚紙で出来ており、思った以上に本格的です。



「流鉄流山線ななこ号 走行音 (流山~馬橋)」

せっかくなので、自前の高音質レコーダーで走行音も録ってみました。
昔ながらの抵抗制御音が唸る哀愁の流鉄の走りに、アニメ声がささやかに華を添える。
割かし良好な状態で録れたので、奈々子さんの声(笑)に興味ある方は上の自前動画で存分にご堪能あれ!

奈々子さん(CV:伊藤美来)の専用車内アナウンスなんですが、地元民としては違和感ありありで、
導入したばかりということもあってか、ソワソワしてる乗客がチラホラ見られました。
何の変哲もない普段のアナウンスがいきなりこんな萌え~な声になったら、そりゃソワソワするわ。


R0012232.jpgR0012234.jpg

流鉄の起点は、常磐緩行線と接続する馬橋です。
長大編成の快速や中電がひっきりなしに走る複線の脇に、流鉄の乗り場はこじんまりとあります。
東京から40分足らずで来れるところなのに、ここまでローカルな雰囲気を醸し出す鉄道も珍しいのでは??

今回は開業100周年ということで急遽記事を起こしましたが、皆さんもノスタルジックな流鉄に行かれてみては如何でしょうか。
ちなみに、馬橋駅にも萌えキャラがいたりします。東口前の何処かに潜んでるので興味ある方は見つけてみては??
何時撤去されるかわからないけど。左手に持ってる筒みたいなの、ロックバスターみたいでかっこいい。

関連記事
2015/09/08 | 私鉄


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。