鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  私鉄 >  京急本線3色制覇の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京急本線3色制覇の旅

「赤×青×黄の3コンボで終着浦賀を目指す!」

[2015/8/1]

「そういや、まだ京急をネタにしてなかったな・・・」

京急といえば"赤"だ。もはや赤以外考えられないのが京急なのだ。
しかし最近になって"青""黄"の電車も走り始めたらしいと、何処ぞの知り合いから情報を頂いた。
観光需要を見込んだのかは知らないが、一部の編成だけ特別の塗装に塗りたくり普通列車として運行しているというのだ。

この特別塗装車の運用情報は公式HPに堂々公開されていて、何時何処でやってくるのか容易に知ることが可能のようだ。
ということで今回は、京急の特別塗装車を乗り継いで京急本線の終着駅浦賀へ向かいたい。


・計画~導入


京浜急行電鉄。略して京急。品川から横浜・三浦半島の各地を結ぶ言わずと知れた大手私鉄だ。
"鉄"なら嫌いな者はいないと噂のこの京急の本線区間が、今回の鉄旅のメイン舞台である。

特別塗装車の運行時刻は日によって変わり本数も少ないようだが、その中でもスムーズに乗り継げるパターンがあった。
今回は北総線内から羽田空港まで走るイエローハッピートレインと、泉岳寺から三崎口までを走りきるブルースカイトレイン
さらに堀ノ内から浦賀へ行く鈍行を乗り継いで、片道で一気に京急の名物列車に乗り本線を攻略してしまおうという魂胆である。

「東松戸→イエローハッピートレイン→品川→ブルースカイトレイン→堀ノ内→鈍行→浦賀」

私は京急については横浜から先が未開地で、暇あれば乗ろう乗ろうと思っていたのだが、
優遇されがちな西東京の地にあまり面白味を見出せないのもあって(←寂びれきった千葉の住民の僻み)、
乗り鉄する気になれなかった。でも記事に起こすならそんなのもう関係ない。あくまでクールに乗り鉄を遂行しようではないか!

午前9時、私はまず武蔵野線に乗って東松戸へ向かった。
武蔵野線と北総線が接続する東松戸から、今回の京急3色制覇の旅は始まる。



・北総線/京成線/都営浅草線 [東松戸~品川]
R0010043 (2)

西武の電車そっくりじゃないか、コレ(汗)。

今日の9時39分発羽田空港行き直通列車は、京急のイエローハッピートレインだ。
2014年から運行を開始した特別塗装列車で、たった一編成しか存在しないレア車両である。
見ての通り色使いが西武の通勤電車とそっくりなため、後に西武とコラボ企画をするまでに発展したという。

イエローハッピートレインは子供の興味の的なのか、子供連れが先頭でかぶりつきをしている。
しかし業務の妨げになると判断した(地下区間の視認性の問題だと思う)のか、
運転士は先頭窓およそ3分の2のブラインドを下げてしまった。


R0010045.jpg

車内はボチボチの乗車率。歴史の新しい北総線は高架と地下区間が多く、車窓は意外と飽きない。
矢切でスカイライナー通過待ちのため数分停車。この列車は品川までは鈍行として進むが、
品川からは京急名物の快特として羽田空港へと向かうのだ。

地下区間を出て江戸川を渡ると列車は東京都の末端へ突入。
そして高砂で京成線と合流し何の変哲もない下町を駆け抜けていく。青砥で一気に乗客が増えた。




四つ木を出て荒川を渡り数駅進むと、列車は東京スカイツリー最寄の押上に到着する。
ここからは都営浅草線だ。浅草線は都営の第一号路線である。

押上から先、都営浅草線内はずっと地下の中を進む。浅草線の駅名は実に歴史深いものを感じさせるものが多い。
本所吾妻橋、人形町、日本橋、東銀座、大門。大昔の江戸東京風情を醸し出す駅名が連なっている。
京急の新型車の座席は外国からわざわざ発注している特注品で、座り心地は随一。
JR新型車の固く安っぽい座席とは比べものにならない。


R0010047.jpgR0010088.jpg

泉岳寺で乗客がドッと入れ替わった。泉岳寺を出ると列車は浅草線を脱し京急本線へ入り、間もなく品川へ到着。
イエローハッピートレインの役目はここ品川まで。品川からは後続のブルースカイトレインに乗車する。
品川駅では京急線内で使えるお得なフリー切符が売っているらしいので、私は一旦改札を出た。

今回、私が使う切符は「よこすかグルメきっぷ」だ。京急本線の汐入〜浦賀間が乗り降り自由であり、
さらに提携店で一回食事が出来るという徳用フリー切符である。これで2030円は安い!



・京急本線 (快特) [品川~堀ノ内]
R0010053 (3)

早朝発生した人身事故のせいで、京急のダイヤは少し乱れていた。
そうしてこうして数分遅れでやってきた三崎口行き快特は、8両編成のブルースカイトレインだ。
ブルースカイトレインは2100形と600形の二種類あるが、2100形は純然たる快特車両で京急の花形である。
そして京急の快特といえばズラッと並んだクロスシートだ。その様相は関西の私鉄を髣髴とさせる。

情報に疎い私は最近知ったばかりなのだが、ブルースカイトレインの運行が開始されたのは今から十年前の2005年。
運行開始当初から人気を獲得してきた名物列車で、その人気ぶりからプラレール化もされたらしい。
京急のトレードマーク色である赤とは正反対だが、これはこれでいいのではないだろうか。

「毎度、京急をご利用頂きましてありがとうございます。快特の三崎口行きです」

さすが京急だ。車掌もさらっと"京急"と言ってのける!
京浜急行でもなく京急電鉄でもなく、あくまで京急なのだ。大手私鉄の威厳を感じるぜ。


R0010054.jpg

品川を出ると列車はJR線と別れ、快特らしく一気にスピードを上げ住宅の脇をかすめるようにかっ飛ばしていく。
京急川崎を出、京急鶴見を過ぎると列車は京急名物のJR東海道並行区間に突入。
今回競争の対象となったのは、何と成田エクスプレスの特急だ。

結果的に、「京急快特 VS 成田エクスプレス」の競争はこちら側が圧勝。
笑っちゃうような爆走ぶりを見せつけ、JRの特急をあっという間に追い抜いてしまった。
さすがそこは、「ハマの赤いあんちくしょう」といわれるだけのことはあるな。


R0010057.jpg

横浜で乗客がドッと降りていったので、その合間にクロスシートを確保した。
横浜から先、京急はカーブが多くなりトンネルも潜るようだ。だが風景は典型的なベッドタウンである。
低い山々やこんもりした土地に家がへばりつくようにして建っているのが印象に残った。

金沢文庫を出るとすぐに金沢八景へ。ここで再び乗客が大きく入れ替わる。
横浜以南は思った以上に道のりが険しく、駅を過ぎてはトンネルを潜るというのを何回も繰り返して進む。
どうやら地元の人は金沢を省略して"ぶんこ""はっけー"というらしい。ごった煮駅名が多い私鉄ならではの味か。


R0010061.jpg

堀ノ内へ着いた。堀ノ内では京急本線の浦賀行き鈍行に乗り換える。
黄電→青電と乗り継いできたので、ここで赤電に乗り継げば京急の3色コンボは無事"完成"される。
どうせなら3色とも新型車で統一しようと思ったのだが、向かいに停まっていた浦賀行きは京急の最古参車であった。


R0010067.jpg

この京急800形は、その独特の顔つきから鉄の間で「ダルマ」と呼ばれている。
こいつに乗って浦賀へ向かってもいいのだが、せっかくの機会なのでもう少し粘って後続の列車を待ってみることに。
しかし、後にやってくる列車もずーっとダルマ。正直ダルマが4本連続でやってくるとは思わなかった。

……生粋の"鉄"っぽい少年が、めちゃくちゃ高そうな巨大一眼レフ両手にホーム端で列車の撮影をしている。
わからない。生粋の鉄道マニアは何故少年時代から一眼を当たり前のように使いこなしているのかがよくわからない。
線路脇で列車を眺めて喜ぶとか、そういう次元じゃないんだよね、彼らは。車両の運用とか当たり前のように知ってるし……。



・京急本線 [堀ノ内~浦賀]
R0010074.jpg

茹だる暑さの中堀ノ内駅で粘った結果、5本目でやってきたのは2000形。これ以上粘るのは正直萎えるのでコレで妥協だ。
82年導入の2000形は、往時の京急の伝統デザインを打ち破ったフラッグシップ車両として知られる。
かつて快特として走っていたこの車両は、現在は純粋な鈍行として余生を送っているようだ。

京急本線の末端(堀ノ内~浦賀間)は取り残されたような区間となっていて、本線なのに日中走っているのは鈍行のみである。
当初は浦賀から延伸させる計画があったそうだが、軍事的な理由で早期に久里浜まで敷設しなければならなくなったため、
浦賀手前の堀ノ内から線路を延ばして支線久里浜線を開業させた。現在は久里浜線が本線のような扱いとなっている。




堀ノ内からの京急本線の道のりは実にあっけない。終着へ至るまでたった3駅にして6分の道のりである。
この区間は海のそばも通るが、残念ながら海は遠くにチラチラと見えるだけだ。


R0010082.jpg

浦賀、到達!!

12時32分、京急本線の鈍行は終点の浦賀に到着した。
京急の終着は何処も味気ないと聞くが、ここ本線の終着はなかなか趣深い雰囲気。
ホームは高台の上にあり、バックの山の中腹にへばりつくようにして建てられている。


R0010087.jpg

かつて三崎方面へのターミナルであった浦賀は観音崎の最寄でもあり、駅前から路線バスが出ている。
3色コンボの行程は無事全うしたが、このままとんぼ返りしてしまうのは面白くないので、
今回は浦賀からさらにバスに乗って観音崎へ行ってみることにした。



・京浜急行バス (堀25系統) [浦賀駅~観音崎]
R0010091.jpg

京浜急行バスの堀25系統は、起点の堀ノ内から浦賀を経由して観音崎へ至る路線である。
このバス路線は「よこすかグルメきっぷ」のフリー区間に該当し、切符を見せればただで乗ることができる。

車両は典型的なノンステップバスで、昔ながらの風情は希薄。
観音崎行きバスは浦賀駅を出ると、間もなくして緑の多いローカル区間へと入る。
辺りはベッドタウンだか、低い山々がちらほら見られ千葉の方とはまた違う車窓が展開。


R0010099.jpg

しばらくすると、右手に海が現れた。鴨居港だ。
ここ一帯の海はかつて大昔に黒船来航に備えて要塞化していたというが、
現在は往時の片鱗はほとんど残っておらず、穏やかでノスタルジックな浜辺の風景が広がる。


R0010101.jpg

やがて浦賀から10分強で、京浜急行バスは終点の観音崎へ到着となった。
観音崎は三浦半島東端の地であり、海水浴場が隣接してるためかレジャー客で賑わっている。
バスから降りると、何やら懐かしいバーベキューの香ばしい匂いが漂ってきた。夏で海といえばバーベキューだ!



・観音崎/観音埼灯台
R0010105.jpg

バス停から少し進むと手堅く整備されたビーチがあって、そこを抜けて岬沿いに道を進んでいく。
すると岬上に現れたのは、観音埼灯台。日本最古の洋式灯台として知られる有名な灯台だ。
日本の灯台50選の一つでもあり、この灯台にちなんで指定された灯台記念日もあったりする。

観音埼灯台は内部観覧可能になっていて、参観料を払えば灯台からの景色を拝めるようだ。
灯台へ行くには、岬下から続く坂道を上っていけばすぐに辿り着けることができる。
「あともうちょっとで灯台ですよ、頑張って下さい!」
予想以上にキツイ坂道を上る最中声をかけてくれた作業員さんの温かい言葉が、汗だくの私に染みた。


R0010121.jpg

灯台にめちゃくちゃ興味があるわけでもないのに、土地の末端へ来ると何時も灯台の元へ向かってしまうのは何故なのか(汗)。
私の場合旅行の最終目的地が必然的に末端になるから、これまで訪れてきた灯台の数も結構なものになってきた。
鉄道の末端駅からさらにローカルバスに乗って、灯台巡りをしてみるのもいいかもしれない。

・旅の総費用:3050円(品川までの普通運賃+よこすかグルメきっぷ)
・乗った乗物の数:鈍行3本+快特2本+バス2本
・総距離/所要時間:約85km/約5時間強


観音崎周辺を観光した後は再び京浜急行のバスに乗って汐入へ。提携店で食事を取ろうと思ったが、
どこもかしこも激混み状態だったため、断念。フリー切符買った意味が全くない(苦笑)。
提携店での食事は諦め、汐入から上りの品川行き列車に乗ってそのまま帰路に着いた。
(完結)
関連記事
2015/08/25 | 私鉄


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。