鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  三陸縦断作戦 >  本州最北路線の道のり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本州最北路線の道のり

「三陸縦断作戦 3日目 (大湊~野辺地~青森~蟹田~三厩~竜飛崎)」

[2015/4/9]

朝7時、相変わらず寝不足状態のまま私は大湊のJR直営ホテルで起床した。
無料提供の朝食バイキングでたらふく飯をかきこみ、エネルギーを注入する(←ご飯軽く3杯いった)。
鬼畜な鈍行旅は、体力と気力がついてこないととてもやってけない。だから、充実した朝飯は必要不可欠なのだ。


P4090806.jpgP4090809 (2)

本日の天気は快晴。スロースターターであるが、三日目になって運が向いてきたようだ。
今、私は本州最北の終着駅にいる!「てっぺんの終着駅」と刻み込まれた木碑がまた旅情を誘うぞ!

今日はここ大湊から大湊線に乗り、野辺地から青い森鉄道と津軽線を使って津軽半島の最北端へ向かおうと思う。
当初の予定では、大湊からさらにバスで北上して恐山へ行こうとでも思っていたのだが、
あいにく"閉山中"のため、行程変更。未乗の津軽線で竜飛崎へ行くことにした。




今回の乗り継ぎルートは、こんな感じである(大湊線→青い森鉄道→津軽線→外ヶ浜町営バス)。
下北半島から津軽半島の突端へ!本州最北を誇る半島の盲腸線を乗り通し、果てに待つのは竜飛崎。
三陸国最果ての景色はどんなもんなのか、直にこの眼で確かめてこようではないか!

大湊の駅舎をザッと観察した後、私は改札を通りこじんまりとした大湊のホームへ突入した。



・大湊線 (快速しもきた) [大湊~野辺地]
P4090815.jpg

これぞ、最果て終着にふさわしい風景。

昨日は真っ暗で何も見えなかったが、大湊駅のロケーションは想像以上に素晴らしい!
バックに聳え風景を盛り立てているのは、標高878mの釜臥山だ。

「大湊軽便線」として1921年に開業したのを起源とする大湊線は、かつて終点大湊に海軍の基地があった。
現在繁華街としての中心は隣の下北へ移っているが、当時は大湊の方が活気付いていたという。
同路線は現在、半数以上の列車が青い森鉄道に直通し青森・八戸まで乗り入れている。

昨日乗ったのは純然たる鈍行だが、今から乗るのは八戸行きの快速「しもきた」である。
車両は、二両編成のキハ100。東北ローカルではお馴染みの気動車だ。


P4090821.jpg

8時05分、八戸行きの快速しもきた号は定刻通り発車した。車内の座席は八割方埋まっている。
同線終点の野辺地まで、約60km・約40分の道のりである。

大湊を出ると間もなく列車は右にグッとカーブし、広大な田名部川の河口を渡る。
ここで早くも、大湊線のハイライトの一つといえる絶景車窓が右手に展開!
残雪残る釜臥山の姿は、かくも雄大な姿である。

田名部川を渡ると、列車は隣駅の下北に到着。乗客がそれなりに乗り込んできた。
ここからしもきた号はいくつか駅を抜かして進んでいくことになる。


P4090825.jpg

「ここは北海道なのか??」と思わざるを得ないほど、大湊線の車窓は荒涼としている。

非常に人工物が少なく、一つ一つの土地が広大に見えるので、否が応でも北海道の大地を想起せざるを得ない。
言ってしまえば、観光客には面白味のない退屈な景色が延々と続いていくのであるが、
私は、こういう途方に暮れるほど広大で何もない車窓が、大好きだ。


P4090827.jpg

陸奥横浜までは主に防風林の中を進んで行く。
沿線は木々も多いが、一部区間ではこんな感じで眺望が開ける。
"元道民"には何かとそそられる、何の変哲も無い広大っぷりである。


P4090833.jpg

大湊線唯一の列車交換駅、陸奥横浜で対向車とすれ違い。対向もやはり二両編成のキハ100である。
ちなみに大湊線沿線は菜の花が有名であり、同駅近くには日本一の菜の花畑があるという。

陸奥横浜からは割と開けたところを進み、やがて吹越から先で海が間近に迫ってきた!


P4090851.jpg

大湊線最大のハイライト、砂浜走行区間(吹越~有戸)へ突入!この区間の駅間距離は約13kmもある。
海岸沿いの砂浜真っ只中に線路が敷かれており、列車は人工物一切無しの荒涼とした中をひた走っていく。
昨日夕陽が沈む寸前で通ったときは屏風のような絶景だったが、日中もまた格別の絶景。素晴らしい。

東海道本線の相模湾沿い区間を初め、鉄道が海沿いを通る際は得てして高台に線路が敷かれてることが多い。
それは勿論海の影響を受けないようにするためであるが、大湊線は砂浜をそのままぶち抜いており、
陸奥湾が至極穏やかな海域であることを物語っている(土地柄運休は頻発するらしいが)。

怒涛の砂浜走行区間を抜けると列車は海を離れ、閑散とした住宅街へ入った。


P4090864.jpg

8時58分、快速しもきた号は青い森鉄道と接続する野辺地へ到着する。
当列車はこのまま青い森鉄道へ入り八戸へ向かうが、私は青森方面へ行きたいのでやむなく下車。
数分停車後、列車はエンジンを唸らし終点向かってゆっくり走り去っていった。

北海道の大地を彷彿とさせる大湊線の前評判は、嘘ではなかった。
何処までも広大な原野の中を走る根室本線の末端(釧路~根室)ほどではないが、
最果て妙味たっぷりの車窓が展開したし、長閑ながらなかなか見ごたえがあったぞ!



・青い森鉄道 (快速) [野辺地~青森]
P4090883.jpg

野辺地からは青い森鉄道だ。東北新幹線に長距離輸送を託したため、同線で走っている列車は快速と鈍行のみ。
昨日の八戸~野辺地間と同様、これから乗る野辺地~青森間も特例が適用され18切符だけで乗車ができる。
大湊線は、新幹線を含むJR線とは一切接続していないためだ。

9時38分発の青森行き快速は、鬼畜の701系ではなくまさかのクロスシート付き車(E721系)であった。
こいつは恐らく、元々東北本線で使われていたやつだろう。


P4090891.jpg

青い森鉄道の車窓は思った以上に閑散としているが、乗客は多い。
左手には青森の険しい山々が聳え、その手前にはただっ広い田畑が広がっている。

この区間も、昔は東北本線の一部であったから不思議な気分だ。
その名残かは知らんが、長大な貨物がさっきからひっきりなしに通っている。
東北本線は旅客ルートの大動脈であるとともに、貨物の大動脈でもあったのだ。


P4090902.jpg

しばらく進むうちに人家が多くなってくると、列車は終点の青森に到着となる。
時刻は10時24分!ここ青森から今度は、10時38分発の津軽線の鈍行に乗り換えなければならない。

日中時間に初めて来た青森(←夜中にしか来たことがない)。
夜行「はまなす」で北海道へ二回上陸してる私にとって、青森は通過点でしかなかったが、
本日の旅の主役はここ青森・津軽近辺だ。青森駅前は夕方に立ち寄るとして、まずは津軽線を制覇しよう!



・津軽線 [青森~蟹田]
P4090906.jpg

津軽半島北端を走る津軽線は、青森~函館間を結ぶ一大ルート「津軽海峡線」の一部を構成している。
全線の青森~三厩間のうち、青森~蟹田間においては海峡線の特急・貨物達と共に走るが、
蟹田から先は津軽線単独の道のりとなり、純粋な鈍行のみが終点三厩へ向かうのだ。

一部例外もあるが、津軽線は蟹田を境に運行系統が分かれており、途中で一回列車を乗り継ぐ必要がある。
10時38分発の蟹田行き鈍行は、3両編成の701系。例によって鬼畜のオールロングシートである。
こいつとの付き合いは、もう慣れっこだ。"鬼畜=当たり前"みたいになってるのが末恐ろしい。


P4090914.jpg

列車は発車するとしばらく青森市街の中を進むが、程なくしてただっ広い田畑の横をひた走っていく。
左手遠くには津軽の山々が聳え、その手前に北海道新幹線の真新しい線路が見える。
列車交換駅の中沢で3分停車。この辺りはまだまだ繁華な幹線といった様相だ。

津軽線は海沿いに線路が敷かれているが、海そのものはあまり車窓からは見えない。
郷沢辺りからようやく、右手に海がチラチラと見え始める。


P4090922.jpg

終点一つ手前の瀬辺地を過ぎたところで、列車はやっと海岸線沿いに出た。
車窓に陸奥湾と、さっき私がいた下北半島が霞んで見える。手前にある二車線道路は国道280号だ。
津軽線と並走するこの国道は蟹田先で一旦道のりを別つが、終着三厩近くで再び合流することになる。



・津軽線 [蟹田~三厩]
P4090935.jpg

蟹田に着いた。ホーム向かい側で待っていたのは、単行の国鉄気動車だ。
単行なのにワンマンではなく、車掌がちゃんといる。非冷房であり、エンジンも昔のまま。
デッキも取り外されてなく、ワンマン化などの改造も一切されていない。正に素のままのキハ40だ。

古参"鉄"には嫌われているそうだが、個人的にキハ40は偉大なる汎用車であると思う。
無個性の象徴であるが、逆にその無個性さと汎用ぶりが重宝されてきたのだ。
薄っぺらいJR車(キハ120とか)ばかりになった現在の地方非電化ローカルにおいて、
重厚な国鉄気動車の魅力を存分に堪能できる最後の形式、それがキハ40なのだ(語るねー)。

これまでは繁華な幹線だったが、蟹田から先、津軽線は非電化のローカル線となる。
1日走る列車の数は僅か5本。取り残されたような閑散区間となっており、利用者も著しく少ない。
意外や意外にも、これまでのように海沿いを進むわけではなく、列車は蟹田を出ると半島の内陸側へ突入した。


P4091198.jpg

中小国という変わった名前の駅を過ぎてしばらく進んだところで、津軽線の鈍行は津軽海峡線と分かれ単独路になる。
この先、歴史の新しい海峡線は山中をトンネルでぶち抜いて真っ直ぐ突き進むが、
歴史の古い津軽線は山間の峠を越えて先を進むことになる。

右手に分かれていく海峡線や新幹線の立派な高架線路を見ていると、正直"取り残された感"がしないでもない。
ゆくゆくは長大な新幹線がひっきりなしに駆け抜けるであろう、手堅い未来が約束された栄光の鉄路の傍らで、
我々ローカル鈍行派は、今となっては衰退しきった地方交通線を選び取って旅をしているのだ。


P4090956.jpg

車内も、ご覧の通りガラガラ。単行なのに、である。
悲壮漂うシチュエーションであるが、こちらとて心底負けてられんぞ。
「新幹線なんぞに負けてたまるか!!」と。「鈍行こそが鉄道最大の妙味!!」であると。

新幹線で東京へ帰ろうとしてる奴が声を大にして言えることじゃないかもしれんが(苦笑)。


P4091195.jpg

重厚な原形エンジンを唸らせながら、昔ながらの体裁で単行気動車は太平から深い山道に差し掛かる。
もはや、時代錯誤な峠越え。すぐ横には北海道へ通じる長大トンネルが通っているというのに。
偉大なる鉄路、はたまたマイナーの"路"に対する愛情が騒ぐぜ!!

上り勾配を延々と上りきり、天狗岳の横を抜けていくと間もなく峠を越えた。
惰性で坂を降り再び海峡線と合流すると、列車はこれまた取り残されたような津軽二股へ到着となる。


P4090947.jpg

津軽二股から先は、山に囲まれた僅かな平地の中を進む。
この辺りは人が住んでるのかわからない廃屋ばかり。
最果て妙味は十二分にあるが、実に侘しいところだ。


P4090967.jpg

今別から先で、列車は再び半島の海岸線沿いに出た。終点手前のところでは海が間近に迫る。
ここで、先ほど並走していた国道280号と合流!車窓のデジャヴ感が半端ないんだけど(笑)。
海沿いを抜け、そのまま終着へ着くのかと思いきや、列車は到着寸前で"クイッ"と内陸側へ曲がった。

内陸側へ差し掛かったすぐのところで間もなく終着の案内が流れ、列車は終点の三厩へ到着となる。


P4090977.jpg

終点まで乗ってきた乗客は、私含めてたったの三人。
「侘しすぎる………」というのが、ホームに降り立ったときの率直な感想だ。
大湊よりも最果て感は濃厚であり、正に本州もとい三陸国の最果てまで来た感じがするぞ。


P4090979.jpg

三厩駅は、ホームの突端からそのまま駅舎に通じているようだ。
先に見える線路の終端も、如何にも最果ての雰囲気を醸し出している。

(言葉にならないんだけどもとにかく)良いっ!!

そんな、何と形容していいかわからない最果て旅情を、ここ三厩には感じる(ただのボキャブラ不足)。
今日はここからさらに町営バスで北上し、より侘しい津軽最北の岬まで向かうのだ。


P4091142.jpgP4090982.jpg

三厩の駅舎は、何処となく懐かしい雰囲気の平屋建て。開業当時から使われているものらしい。
駅舎入口のところには「津軽半島最北端の駅」と凛々しく掲げられていた。
ちなみに、この駅は「東北の駅百選」にも選ばれている。

駅前は特に何もないが、町営バスのバス停と、デカデカと掲げられた観光案内板がある。
お目当ての竜飛崎行きバスは、既にロータリー脇に停まっていた。



・外ヶ浜町営 三厩地区循環バス [三厩駅前~竜飛崎灯台]
P4090981.jpg

外ヶ浜町営「三厩地区循環バス」。このバスは、三厩駅と竜飛崎を結ぶ唯一のバス路線だ。

元々この路線は「竜飛線」という名で青森市営バスが受け持っていたが、2001年に利用客の減少により撤退。
これを地元の三厩村が受け継ぎ、さらに2005年、蟹田町・平舘村・三厩村が新設合併して発足した外ヶ浜町が受け継ぐことで、
同線は津軽最北のバス路線として生き残ってきた。運賃は一律100円。終点まで30分強もかかるのに信じ難いほど安い!

12時10分、三厩駅前から竜飛崎灯台行きの町営バスが、乗客僅か三人を乗せて発車した。
バスは想像以上に狭い路地の中を進み、間もなくして海沿いの国道280号へ出る。


P4090995.jpg

三厩の本町を出るところで、バスは国道339号へバトンタッチ。道中には古めかしい手掘りの隧道も残る。
この区間、普通サイズのバスでは通行が困難な箇所ばかりだ。道路は基本二車線になってるのだが、
二車線としてはギリギリの狭さ!"酷道"っていうほどでもないかもしれないが。

むちゃくちゃ狭い国道を、バスは至って手慣れた動きで進んでいく。
道脇には海と崖が迫り、その間僅かの土地に沿って車道は無理やり敷かれてる感じ。
道中は地元の生活感満載で、道端にわかめや長靴やらがそのまま並んで干してあるのが面白い。


P4091138.jpg

ひなびた漁港のそばを過ぎていくとバスは国道を脱し、岬上へ至る急坂をグイグイ上っていく。
どう考えても無理やり敷いたとしか思えない、ぐにゃぐにゃ曲がった路盤のオンパレード。
竜飛崎までの道のりは、思いのほか波乱万丈な道のりであった。



P4091006.jpg

竜飛、到達!!

12時42分、標高高い岬の上へたどり着くと町営バスは終点の竜飛崎灯台に到着した(←龍飛埼灯台とも書く)。
運賃たった100円を支払い、バスを降りる。竜飛崎周辺は曇ってるときが多いと聞いたが、
今日は至って天気が良く、絶景を沢山拝めそうだ。良かった、良かった!

折り返しのバスが発車するまで、一時間強の時間がある。ちょっくら探索するには十分な時間だ。
竜飛崎はすっかり観光化されてしまっているようだが、一番訪れてみたかった岬である。
そして何より、この地では"鉄"にとって切っても切れない"アレ"が聴けるのだ。
私は、竜飛の本場で実際に聴いてみたかった。


名前だけは有名な竜飛岬。そして、竜飛岬といえばあの「歌」である(ネタバレ必至)。
寒風を浴びながら、私はまずバス停からすぐ先にある"石碑"のもとへ向かった。

関連記事
2015/05/14 | 三陸縦断作戦


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。