鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  内房臨快旅 >  館山日東バスと野島崎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

館山日東バスと野島崎

「内房臨快旅 2/2 (安房鴨川~千倉~野島崎~館山~新松戸)」

[2015/3/28]

臨時列車をふんだんに使用した内房日帰り旅は、至って平和で順調な道のりを辿ってきた。
千葉北西から南房総号に乗り、君津でリゾートあわトレインに乗り換えて安房鴨川へ到着。
安房鴨川で昼食休憩した後は折り返しの鈍行に乗り、関東最南端の地を目指すことになる。


・内房線 [安房鴨川~千倉]
P3280125.jpg

内房線の折り返し館山行き鈍行が6両編成で停まっている。
車両は、元々京浜東北で走っていた209系。同路線に新型車が入ったため転属して千葉へやってきた奴だ。
こいつは先頭車のみがボックスシートに改造されているが、他の車両は全てオールロングシートとなっている。

国鉄113系亡き今、内房線の純然たる鈍行は全て味気ない209系が受け持つ。
鉄の方ならご存知かと思うが、この車両はあらゆる面で徹底的にコスト削減を計った安物車両なのだ。
とにかく丈夫で頑強な設計を施していた国鉄時代とは根本的に設計思想が違っており、
必要なだけの丈夫さを施し、使えなくなったら捨てるかリサイクルするという発想の元に209系は誕生した。

しかしこの車両、如何せん安く作りすぎたためか当時は批判の眼が集中し、乗客からも多大な苦情が出たことで知られる。
209系の導入で「やり過ぎた」と猛省したJRは、後にやや乗客目線寄りの車両を開発するに至った。
それが、現在の中央線や京浜東北線で走っているE233系である。


P3280134.jpg

予報通り、天気はすっかり晴れてきた。車内はガラガラで、そのほとんどが観光客か乗り鉄。
209系は味気なさの極みのような車両だが、先頭車にボックスシートが追加された点ではまだマシかも。
かつての内房の主力であった国鉄113系の思い入れが強すぎるためか、209系に対する恨みは年々募っていくばかりだ(笑)。

元来た道を戻り、安房鴨川から約一時間のところで列車は千倉に到着する。


P3280146.jpg

降りた乗客は、年輩の団体旅行客を除くと私一人のみ。
いかにも南国な佇まいの植物が、駅構内に華を添えている。
ありきたりな無人駅だが、ここが一応、関東最南端の駅なのだ。



・千倉駅
P3280153.jpg

千倉の駅前は特にこれといったものがないようで、最南端駅の記念碑などの類もないのが残念。
駅舎はいかにも近代的な真新しいコンクリート造りで、中は広い。
駅中横には観光案内所も併設されている。

ここ千倉から今度は、安房白浜行きの路線バスに乗って先を進んでいく。路線名称は「千倉白浜線」。
千倉駅を始発とするこの路線は、JRバスではなく地元のバス会社の館山日東バスが受け持っている。
館山からなら野島崎の最寄りへ行く路線があるが、千倉から野島崎へ行くにはまず千倉白浜線で終点の安房白浜まで行き、
そこからさらに徒歩で到達する
しか手はない(といっても徒歩区間は約1kmなので到達自体は簡単だが)。

駅前を一通り探索した後、私は駅前ロータリー横に停まっているバスに乗り込んだ。



・館山日東バス 千倉白浜線 [千倉駅~安房白浜]
P3280155.jpg

14時15分、乗客僅か4人を乗せて安房白浜行きのバスが発車した。
バスは昔ながらのツーステップバスだ。

館山日東バス「千倉白浜線」は、関東最南端駅の千倉から南房総のバス一大拠点の安房白浜までを結んでいる。
狭苦しい駅前通りを出るとバスは国道410号線に差し掛かり、「房総フラワーライン」の区間へ入った。
房総フラワーラインは、2本の県道と1本の国道から形成されるドライブコースのことだ。
観光・ドライブのスポットとして頻繁に取り上げられており、沿線には観光スポットが多く点在する。


P3280166.jpg

快適な道路といえども、路線バスはあくまで定刻通りに走るという絶対的使命があるので、走る速度は概ね一定している。
それが災いしてか、バス後方には一般車が詰ってきた。恐らく観光かドライブ目的でやって来た人々がほとんどだろう。

停留所に停まると、後方に溜まっていた一般車が一斉にバス前方へ吐き出されるかの如く走り去っていく。
発車してはまた後方に車が溜まってきて、停留所に停まってはビュンビュン追い抜かれる。
「遅せぇぞ、バス!」と言わんばかりに………(苦笑)。


P3280165.jpg

起点からしばらくは狭苦しい住宅街の中を進んでいくが、中盤辺りで左手に太平洋が見えてきた。
道脇には花畑が点在していて、今がちょうど見頃なのか色々な花が咲き乱れる。
これぞ、房総らしい房総の一風景。房総南部は温暖な気候であり、春の訪れは早いという。


P3280169.jpg

定刻から少し遅れて、バスは終点の安房白浜バスターミナルに到着した。
ここはJRバスと館山日東バスの他に、東京発の高速バスも乗り入れる一大ターミナルである。
野島崎は、ここ安房白浜バス乗り場からだと徒歩15分ほどで行くことが出来る。距離にして約1kmだ。



・安房白浜~野島崎(徒歩)


バスターミナルからフラワーラインを少し西へ進むと、野島崎への案内看板があったのでそれに従って裏道の中へ。
裏道を進んでいくとやがて海沿いの道路(国道410号線)にぶち当たり、海の向こうに野島崎灯台が見えた。
海沿いの道路をひた歩き人が増えてきたところで、関東最南端の野島崎へ到達となる。



・野島崎
P3280213.jpg

野島崎は関東最南端の地であり、辺りはすっかり観光化されていた。
岬入口は、ありとあらゆる飲食店や土産屋が立ち並ぶ。入口脇の駐車場は満車状態だ。
岬中央には、野島崎灯台が聳える。「灯台50選」にも選ばれた由緒ある灯台である。
参観料200円払って中に入ることも可能だが、今日は点検の為お休みしていたのが残念。

岬周りに設けられた道はちょっとした遊歩道になっており、岬の先っぽまで容易に行けるようだ。
せっかくここまで来たんだから、色々探索してみようか。


P3280192.jpgP3280210.jpg

ここは関東最南端であるとともに、房総半島の最南端でもある。お目当ての立派な石碑も二つ発見!
画像右の「最南端之碑」には、野島崎の場所を示すとともにこんなことが掘り込まれていた。

「この石碑は、アフリカ産黒みかげ石で作られており、
日本地図のほぼ中央、千葉県南端にはめ込まれた印が本町の位置を示している」

ここが最南端だってことはよくわかった。
でも、野島崎とアフリカって何か関係性あったっけ?(笑)


P3280198.jpg

岬の先っぽはゴツゴツした岩が乱立しており、独特の景観を呈している。
南側の大きな岩の上には、いかにもな雰囲気のベンチが一つ設けてあった。
もちろん観光誘致目的のために設けられたものであるが、「珍」な風景にも見えてくるから面白い。


P3280199.jpg

上画像にあるベンチのとこから見える関東最南端の景色は、こんな感じである。
意外と険しい岩場の向こうに広がるのは、ただっ広い太平洋。
ここから200km先には伊豆諸島があり、2400km行ったところにはあのグアムがある。
途方もなく途方のない数字に、たまには憧れを感じてみては如何だろうか?



・厳島神社
P3280225.jpg

どうやら、この岬の中心部には灯台の他に神社(厳島神社)があるようだ。神社への道は岬入口から続いている。
本殿は実に渋い。そしてもう一つ気になったのが、本殿前にある小さな祠である。
地元の神か何かでも祭ってあるのだろうか?


P3280226.jpgP3280231.jpg

祠の右脇には、何やら「平和の愛鍵」と称して怪しげな一文(画像右)が添えられている。
この文からして、祠の中に何が祭ってあるかは、容易にご想像頂けると思う。
(本当にそのまんまの「形」なので閲覧注意)


何やら放送事故になりそうな気もするが、以下に祠の主の正体を堂々公開しよう!




P3280221.jpg

ドーン。

………もう、何も言いますまい。というか、見た瞬間吹いちまったよコレ(苦笑)。
わざわざ関東最南端の地まで来て、まさかこんなものを拝めるとは思えなかったぞ。
祠の中に厳然と据わる「御神体」は、実にご立派なお姿であった。

「ねえ、父ちゃ~ん!コレ、な~に?」
「ああこれは………!そうだねぇ……ほらっ!あっちに灯台があるよ~!」


興味津々に御神体を見つめる我が子に対し、親が対応に困っている。
いくら聖なる神といえども、ここの神は子供連れには厳しいものがあるだろう。
御神体の横にはでかいシャコ貝が置いてあるのだが、こっちは口に出したら即効アウトだな(笑)



・野島崎~野島崎灯台口(徒歩)


一通り探索を終えたところで、バスの時間が迫ってきたので最寄りのバス停へ移動。
野島崎の最寄りのバス停「野島崎灯台口」は、岬入口前の小道を5分ほど歩いたところにある。
岬入口まで直接来てくれる観光バスもあるようだが、私は純然たる定期の路線バスに乗りたいのだ。


P3280235 (2)

岬入口から狭い裏道を北へ歩いていくと、房総フラワーラインの道路へぶつかった。
バス停はフラワーラインへ出てすぐ右のところで発見。コンクリートの待合室の中にポールが二本立っている。
一方が館山日東バスで、もう一方がJRバスのものだ。この区間は二つの路線が走っているのだが、
主力はあくまでJRバスであり、館山日東バスのポールは実に侘しい出で立ちであった。


P3280241.jpgP3280237.jpg

行き先は、無し。バスの数は、1日5本。

行き先ぐらい書いておいてほしい。めっちゃ不安になるんだけど、行き先無しって(笑)。
時刻表もあまりに侘しい。午前中に3本と、日中に1本と、夕方に1本しかない。
ちなみに、JRバスはほぼ毎時一本来るらしい。

誰も来る気配が無い中、一人バス停で突っ立って待つ。やがて定刻がきたが、バスは一向に来る気配がない。
「もしかして平日のみの運行なんじゃないか?」とか無駄に疑ったり心配したりしていると、
定刻から五分ほど経ったところで、道路の向こうから館山日東のバスが無事やって来た。



・館山日東バス 豊房線 [野島崎灯台口~館山駅]
P3280246.jpg

館山日東バス「豊房線」は、JRバスや千倉白浜線と繋がる安房白浜ターミナルから館山駅までを結んでいる。
県道86号線を経由するこのバス路線は、廃止寸前に追い込まれながらもギリギリの状態で存続しているという。
元々はJRバスが担当していたが、乗客の減少に伴い2005年に館山日東バスへ移管され現在に至っている。

「館山駅~安房白浜」を結ぶバス路線は2つあり、豊房線の他に国道410号線を経由するJRバス「南房州本線」がある。
南房州本線は1日12本出ているが、対する豊房線は需要が限りなく少ないらしく、1日僅か5本。
「普段一体誰が乗ってるんだろうか?」と思わざるを得ないほどの、本数の少なさである。

しかし今回の旅程において、超ローカル路線の豊房線は帰りの南房総号に間に合う唯一の「救世主」と成り得た。
この時間帯に発する16時20分発の南房州本線だと、帰りの南房総号の発車時刻に間に合わないのだが、
今から乗る豊房線の最終バス(16時02分発)を使えばギリギリで間に合うことが出来るのだ。


P3280247.jpg

バスは野島崎灯台口を出るとしばらくフラワーラインを進み、川を渡ったところで右に曲がり県道86号線へ入る。
この県道は館山と白浜方面を結ぶ道路としては最短距離を誇り、また千葉県最南端の県道でもあるのだが、
道中は人家の少ない野山の中であり、古めかしい隧道も抜けた。車内の乗客は自分入れて二人のみ。

上り下り勾配を繰り返して山の中を抜けると街中へ入り、ライバルの国道410号線と交差。
その後は無節操に狭苦しい道を何度も曲がっていく。


P3280253.jpg

「ありがとう、豊房線!」

16時35分、館山駅行きのバスは終点の館山駅に到着。たった一つの「救世主」豊房線の最終バスに別れを告げる。
何はともあれ、豊房線が存在しなければ今回の旅は絶対に実現しなかったのだ。
復路の南房総号は10分後に発車する!



・館山駅
P3280257.jpg

南房総の拠点である館山駅は「関東の駅100選」にも選ばれていて、駅舎は洋風の小洒落た造りだ。
ここから南房総号に乗って自宅最寄の新松戸で降りれば、今回の旅は無事にフィニッシュとなる。
発車まで残り3分をきったので、私は駅舎を撮影後すぐホームへ降り立った。



・春の南房総号 [館山~新松戸]
P3280270.jpg

館山を始発とする復路の南房総号が、6両編成でホームに停まっている。
南房総から自宅最寄駅まで一本で行ってくれるのだから、自分にとってこれほど都合のいい列車はない。
現在南房総号で使われている車両は国鉄特急車のお古(185系)だが、元特急だったこともあって快適性は申し分なし。

帰りの南房総号はガラガラ。内房周辺は車でのアクセス手段が充実しており、鉄道利用の観光客が著しく減少しているからだ。
これは、高速道路網が未だ整備されてない外房とは対照的。実際、外房線は全線通しの特急が今も走っている。


P3280274.jpg

列車は館山をひっそりと発車すると、富浦、保田、浜金谷の順に停車していくが、乗客は一向に増えない。
この列車は以前乗ったときもガラガラであった。乗り間違えが多いのか、車掌は臨時快速である旨を何度も説明している。

穏やかな東京湾を横目に、南房総号は速度も控え間に淡々と駆け抜けていく。
千葉を過ぎる辺りで日が暮れ、京葉線・武蔵野線に入るとソロソロと進む。
やがて18時56分、列車は何のことなく定刻通り新松戸へ到着した。



P3280291.jpg

新松戸で降りた乗客はやはりごくごく僅かで、自分のためだけに停車してくれたような錯覚さえ覚えた。
列車は到着して間もなく発車となり、そそくさと走り去っていく。南房総号の終着はまだまだ先なのだ。
新松戸からは南越谷、南浦和、終着大宮の順に停車していくはずである。
改札を出た後、私は駅前からチャリを漕いで早々に帰宅した。


・旅の総費用:4570円(18切符一日分+指定席料金+バス運賃)
・乗った列車の数:5本(臨時快速3本+鈍行2本)
・全区間の総距離:約620km



車の利用が圧倒的多数を占める中、希少な内房の臨時快速は粛々と走った。南房総号は恐らく来年も走るだろう。
元々、内房線は海水浴列車など多くの臨時列車が走っていたというが、今はその影が全くない。
「今日、野島崎へ公共交通へ行った人は自分一人だけだったのではないか?」と、
車やバイクひしめく岬入口の駐車場を見て、私は思ったのだった。

内房線は高校時代に初めて完乗した思い出の路線なので、何年後かにまた来訪したいと思う。
あとこれは余談だが、野島崎の「御神体」は想像以上にインパクトあったぞ。
(完結)
関連記事
2015/04/11 | 内房臨快旅


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。