鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  スポンサー広告 >  内房臨快旅 >  臨時列車で安房鴨川へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時列車で安房鴨川へ

「内房臨快旅 1/2 (新松戸~木更津~君津~安房鴨川)」

[2015/3/28]

自宅最寄駅停車の臨時快速ほど心躍るものはないっ!


3月末は春休み真っ只中で混み合いそうだが、この時期に設定される臨時列車群の存在を私は見逃さなかった。
特に自宅最寄駅(新松戸)に停車する臨時列車は少なく、乗れる限りは乗ってみたいところ。
ということで今回は、千葉北西から希少な臨時列車を乗り継いで内房線を辿っていこう!


・計画~導入


本日決行する日帰り旅で使用する列車の数は、往路復路含めて僅か5本である(臨時快速3本・鈍行2本)。
まず自宅最寄駅の新松戸から館山へ向かう臨時直通列車「春の南房総号」に乗車し、木更津まで行く。
木更津で一旦鈍行に乗り換え、一駅隣の君津で下車したら、
君津を始発とする臨時の観光列車「リゾートあわトレイン」に乗って、内房線終点の安房鴨川を目指す。

安房鴨川に着いたら折り返しで発する鈍行に乗って、関東最南端駅の千倉で下車する。
千倉からは路線バスに乗り、関東最南端の岬である野島崎へ到達。最果て妙味も板についてきた感じだ。
野島崎を訪れた後は再び路線バスで館山へ向かい、復路の南房総号に乗って真っ直ぐ帰路を辿ることになる。

「往路:春の南房総号→内房線鈍行→リゾートあわトレイン」
「復路:内房線鈍行→館山日東バス→春の南房総号」


一見合理的で理にかなってるように思える今回の行程は、下調べの段階では実現が困難であった。
往路復路ともに臨時快速の時間に合わせ、内房線完乗に加えてさらにバスで野島崎へ到達しようとすると、
列車とバスの時刻が全く噛み合わなかったのである。それでも辛抱強くありとあらゆる行程パターンを想定した結果、
全ての乗り継ぎががっちりと噛み合った奇跡のルートをワンパターンだけ見つけることが出来たから良かった!

朝8時に自宅を出、チャリを漕いで新松戸へ。
みどりの窓口で南房総号の指定席券を購入した後、私は武蔵野線の高架ホームへ向かった。



・春の南房総号 [新松戸~木更津]
P3280003.jpg

「間もなく4番線には、館山行きの直通列車が到着致します。この列車は全席指定席です。
乗車には指定席券が必要なのでご注意下さい」


新松戸駅4番線は何時もの通り、休日の行楽客で一杯だ。特に武蔵野線沿線は娯楽施設が多く休日の方が混雑する。
ホーム端では、撮り鉄がギラギラ眼を光らせている。今日は臨時列車が多くレア車両が沢山やって来るからだ。
やがて定刻から二分ほど遅れて、多くの人に見つめられる中「春の南房総号」はゆっくりと入線してきた。

臨時快速「春の南房総号」は昨年まで「花摘み南房総号」と名乗っていたが、今年になって名称を変更したようだ。
この列車は大宮を始発とし、東北本線・武蔵野線・京葉線・内房線を経由し約3時間かけて館山へ向かう。
自宅最寄駅を発する臨時列車は滅多にないので、これを利用しない手はない!

新松戸から南房総号を利用する人は極小数らしい。普段走らない臨時列車なので、地元の乗客は釘付けになっている。
周りの視線を一心に浴びながら、私は何時もの如く入線してきた列車を撮影し颯爽と乗り込んだ。
車内は座席が半数ほど埋まっているが、満席には程遠い。


P3310003 (2)P3280264.jpg

南房総号専用の幕はないらしく、列車の方向幕には単に「臨時快速」と掲げられている。
この列車は純然たる快速なので、通常の運賃に指定席券代520円を継ぎ足すだけで乗ることが可能だ。

8時32分、館山行きの南房総号は定刻から二分遅れて新松戸を発車する。車両は臨時でお馴染みの185系
新八柱辺りで、対向の線路に国鉄の寝台電車(583系)が通り過ぎていくのが見えた。
恐らくさっきホームで構えていた撮り鉄の目当ては、今の寝台電車であろう。
普段は滅多にお目にかかれない、レア車両なのである。




過密な定期列車の隙間を進んでいるせいか、ノロノロ列車は走る。これは臨時快速の宿命だ。
西船橋に着くと、観光客がそれなりにゾロゾロと乗り込んできた。
大宮始発の列車だが、途中駅からの利用も多いようだ。新松戸は全くもって少なかったが。

西船橋を出ると、南房総号は蘇我までノンストップで進む。蘇我の次の停車駅は木更津である。
今のところ、天気は曇りだ。予報通り、空は少しばかりか晴れる兆候を見せている。


P3280009.jpg

湾岸沿いに敷かれている京葉線に入ると、列車は真新しい市街地と京葉工業地帯の横をひた走っていく。
新興住宅や大型商業施設も多く立ち並んでおり、まだまだベッドタウンの様相といった感じだ。
やがて右手に無機質な工場が間近に迫ってくると、列車は間もなく蘇我に到着となる。

武蔵野線・京葉線に続き、蘇我から南房総号は内房線に入る。
この辺りから本格ローカルの様相を帯びてくるのだが、車窓のハイライトはまだまだ先だ。
一大拠点となる君津までは住宅街や工業地帯が多く、海も見えないので景色としてはあまり面白みがない。


P3280017.jpg

長閑な田園地帯が多くなってくると、列車は木更津へ到着となる。
南房総号は、次乗るリゾートあわトレインの始発となる君津には停まらないので、
まずはここで一旦下車し、後発の鈍行に乗り継いで一隣駅の君津へ向かう必要がある。


P3280019.jpg

木更津駅は内房線と久留里線が接続しており、駅ホーム脇の留置線にはハイブリッド気動車の姿があった。
久留里線は東京近郊の在来線にして未だ非電化という珍しい路線で、何時か完乗したいのだが、
今日の旅は内房線に焦点を絞ったので、今回はスルー。



・内房線 [木更津~君津]
P3280022.jpg

木更津到着から約10分後、8両編成の鈍行がやって来る。
ここから先は4両編成での運転となるらしく、車両の切り離しが行われた。
長時間停車の後、9時55分発の館山行きは定刻通り発車。一駅隣の君津まで僅か5分乗車する。

木更津~君津間は内房線内で最も駅間距離が長く、車窓も一気にローカル色が強まってきた。
この区間で初めて、内房線はトンネルをくぐる。低山ひしめく千葉南部の意外な険しさを舐めてはいけない。


P3280029.jpg

君津に着いた。この駅を境にして、内房線はこれまでの通勤通学路線としての「顔」を失う。
君津から終点の安房鴨川までは、一部の優等列車を除き一時間一本のみの鈍行しか走ってないのだ。
東京へ向かう直通列車は君津以南には一切乗り入れず、定期特急「さざなみ」も同じく君津を終着としている。

そんな侘しい内房のローカル区間(君津~安房鴨川)を、今回は希少な観光列車に乗って進んで行こうと思う。
ホームで列車が来るのを待っていると、何処からともなく観光客がゾロゾロと現れ始め混みあってきた。
思った以上の混雑具合だ。次乗る列車には自由席車が一両だけ連結されているのだが、皆それ目当てだろうか。

何時の間にかホーム上には行列が形成されており、私は今その最前列にいる。
やがて発車時間が近づくと、内房線の臨時観光列車「リゾートあわトレイン」が入線する!



・リゾートあわトレイン [君津~安房鴨川]
P3280034.jpg

2011年に登場した「リゾートあわトレイン」は、繁忙期に内房線内で不定期運行されている観光列車だ。
当初は房総南部の館山を始発としていたこの列車は、後になるごとに運転区間が拡張され、
今年に至っては君津を始発とするようになった。その理由はよく分からない。

列車は6両編成で、1・2・3・5号車が指定席、4号車がイベントカー、6号車が自由席となっている。
指定席は片側がお座敷となっており、向かいの指定席を取った者が占有できるらしい。
イベントカーにはマザー牧場の菜の花や、列車のジオラマが展示される。

車両は、大々的な改造を受けた元485系「ニューなのはな」が使用されている。
所謂ジョイフルトレインと呼ばれる部類の車両であり、普段はお座敷列車として走ってるそうだ。
丸っこい先頭のデザインは485系時代の面影を全く残してないが、側面の窓配置は当時と変わっていない。


P3280092.jpgP3280089.jpg

指定席車は片側がお座敷になっているが、一両のみ設けられた自由席車は両側ともボックスシートになっている。
予想に反して、自由席の車内は大混雑。デッキに立ち客が出るまでの状態である。

この臨時列車は何時もガラガラだって何処かの噂で聞いたんだけど、期待を見事に裏切ってくれた。
しかし早くから行列に並んでいた自分は、窓側の席を無事確保!争奪戦というほど殺伐してはいないが、
自由席の座席は一瞬で満席となった。当然の如く、指定席も満席。内房って、こんなに観光需要あったっけ?(笑)




10時38分、往路の「リゾートあわトレイン」は満席状態で君津を発車した。終着の安房鴨川まで2時間弱の道のりだ。
出発からしばらくは君津の市街地を進むが、大貫を過ぎたところで本格的なローカル区間に突入。
大貫から先は、房総南部の低山群の端っこをかすめるように走っていく。
幾多のトンネルを抜けると、右手に海がちらちらと見え始める。

「今日は、何処から来られたんですか?」
「松戸の方から電車乗り継いで来ました。内房線はまだ国鉄の列車が走ってた頃に一度乗ったんですけど………」
「ああ、アレね!うちらはここが地元で、蒸気走ってた頃から乗っとるよ」
「本当ですか!?昔は内房・外房を一周する急行列車もあったって聞きますが?」
「そういや、あったねー。まだ気動車しか走ってなかった頃だな………」

座席向かい側の老夫婦が、(ブログのためだけに)虎視眈々と車窓を撮影する私に話しかけてきた。
高校の頃に一度だけ乗り通した内房線を今一度振り返ってみるのも、今日やる鉄旅の目的の一つなのだ。


P3280040.jpg

ひなびた海岸や港の横をひた走っていく様相は、東京近郊ではなかなかお目にかかれない。
老夫婦によれば昔栄えていたという上総湊に差し掛かるところで、右手に海が間近に迫り歓声が上がる。
上総湊を過ぎてすぐのところで湊川を渡るが、車窓すぐ手前に古びた橋脚があるのが気になった(画像左下に写ってるやつ)。
他の鉄道路線と同様に内房線にも旧線跡や廃随道が点在していると聞くが、これもその一つなのか………。


P3280052.jpg

この区間はトンネルの数が多く、房総南部の地形の険しさを物語る。
しばらくすると列車は思った以上に高いところを進み、風光明媚な車窓が広がる。
穏やかな東京湾の向こうには、三浦半島が見えた。天気が良ければ富士山も拝めるらしい。


P3280056.jpg

向かいの老夫婦と話しているうちに、列車は館山に到着した。
ここから内房線は東に進路を変え、外房線と繋がる安房鴨川へと向かう。
館山では長時間停車するらしい。向かいの房総特急と仲良く顔合わせしている。

乗客がガラッと入れ替わった後、リゾートあわトレインは観光拠点の館山を出発する。
自由席の車内は地元客や観光客、子供連れ等が混じってごった煮状態だ。


P3280059.jpg

これまではいくつか駅を抜かして進んでいたが、館山から先は各駅停車となり律儀に一駅ずつ停車して進む。
和田浦駅では、房総名物の菜の花が一面に咲き誇る。ホームの端から端まで黄色一色だ。

「武蔵野線はニヒャクゴしか走ってないじゃん!」
「いや、違うって!武蔵野線はニヒャクゴだけじゃなくてニヒャクキューも走ってるの!」
「ええー!?見たことないんだけどー!京葉線のイーニーサンサンとかじゃなくてー?」
イーニーサンサンじゃないよ!ニヒャクキューだってば!」

(※ニヒャクゴ=205系/ニヒャクキュー=209系/イーニーサンサン=E233系)

隣のボックスシートでは、マニアックな鉄用語をハイテンションで連発する子供達が楽しそうに話している。
それなりに鉄の私にも理解不能な、超絶マニアック知識を披露しているのにはマジでおったまげた。
まだ小学生だというのに、一体何処からそんな込み入った情報仕入れてくるのだろうか……。
うーん、全く見当がつかないなー。自分と頭の良さの度合が違うんかね(苦笑)。




内陸部をしばらくひた走ると列車は再び海へ近づく。江見から太海にかけては、内房線最大のハイライトが控えている。
海岸線真っ只中に建てられた山生橋梁である。山生橋梁は、日本発の本格鉄筋コンクリート鉄道橋として知られる。
1924年に建設された古~い橋梁で、塩害に直接晒される場所にありながら約90年近く耐え続けており、
その実績と価値が評価され土木遺産にも認定された貴重物件なのだ。


P3280136.jpg

山生橋梁に近づくと観光案内が行われ、間もなく徐行で渡る。ここばかりはそれなりに歓声が上がった。
並行する眼の前の国道(房州大橋)は海の上を通っているが、鉄道は断崖と波打ち際に挟まれたところを行く。
隣の鉄の子らの感想は「えーこれだけーつまんなーい!」であったが、内房線最大の見せ場はここ山生橋梁であろう。
海は青く透き通っており、東京近郊とは思えないほど綺麗だ。これぞ、南国のオーシャンブルーである。



P3280096.jpg

やがて12時34分、列車は定刻から少し遅れて終着の安房鴨川へ到着した。これで内房線は無事完乗となる。
ここ安房鴨川は高校時代に一度だけ訪れているのだが、駅構内は以前とあまり変わってないようだ。
内房線と外房線の終着駅であり、外房経由で定期の特急「わかしお」も乗り入れている。



P3280106 (2)P3280113.jpg

列車を降りると、流行りのゆるキャラが出迎えてくれた。その名も「たいよう君」!
鴨川市を代表するイメージキャラクターで、同市のイベントなどで活躍してるそうだ。
ゆるキャラと通勤電車との共演も即興でやってくれた。サービス精神旺盛である。

これだけ体が図太いと、真夏の営業はキツイだろうなー。めっちゃ暑そう………(苦笑)。



・安房鴨川駅
P3280117.jpg

安房鴨川の滞在時間は僅か40分。取り敢えず駅前に出てみると、弁当の即売をやっていた。
地元の大学(城西国際大学)が手がけたものらしく、売り子も学生さんがやっている。
この即売も恐らく、リゾートあわトレインと合わせた販売企画なのだろう。

「ハイ、完売でーす!ありがとうございましたーーーっ!」

腹が減っていたので即刻購入すると、自分の分が最後だったらしくその場で拍手が湧き上がった。
こじんまりとしてはいるが、今日の「リゾートあわトレイン」は大盛況に終わったようだ。
毎回こうなればいいが、他の日はどうなのか気になるところである。


P3280122.jpg

城西国際の即売弁当(700円)は、素朴な味わいの中に新鮮な海老やビーフの美味さが光る。
地元で収穫される長狭米によるご飯も美味で、あっという間に完食してしまった。

リゾートあわトレインで安房鴨川まで来た乗客は、それぞれの目的地を目指して思い思いに散っていく。
安房鴨川を観光する人もいれば、そのまま外房線の鈍行へ乗り継ぎ房総一周を目論む猛者もいるようだ。
今来た道を戻る折り返しの鈍行に乗る人は極僅か。私が目指すのは、あくまでも最南端の地である。


野島岬へ直接行くには館山から出るJRバスを使えばいいが、私は敢えて関東最南端駅の千倉から強行で行こうと思う。
千倉から出るローカルバスは野島岬の最寄りまで行ってくれないようだが、そこは自らの足で補えば問題ない。
次回!一日数本の館山日東バス(千倉白浜線+豊房線)を使い、房総半島の先っぽへ向かう!

関連記事
2015/04/01 | 内房臨快旅


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。