鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  2016年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀切と大佐倉へ行ってみた

「東武と京成の秘境っぽい駅に行ってみただけの記録」

[2016/5/23-26]

昔から変なモノが好きだ。特に、都会にあるディープなローカル駅とか好きだ。
調べてみると、大手私鉄にも"そういう系の変な駅"があるというので、
行ってみることにした。あまり期待せずに、ね。


 

「秘境駅とは、山奥や原野など、人里から離れた箇所に所在する駅のことである」(by Wiki)
……なんてクソ堅い定義は置いといて、近場で秘境駅を見出してみようと思ったのが全ての始まり。
同じこと考える人は沢山いるようで、ググればそれらしい情報が幾らでも出てくる。
んでネットの情報をもとに、近場で秘境駅や面白そうな駅を選定して、行ってみる計画を立てたのだった。

今回のターゲットは東武と京成だ。とりあえず行ってみるかぁ……!幸い、どちらの駅も家から割と近い。
思い立ったら、行動だ。速攻でヒアウィLET'S GO!



・堀切へ行ってみる
R0016228.jpg

先ずは東武の堀切駅へ向かうため、常磐線に乗って北千住へ。東東京最大の鉄道要衝だ。
10年以上お世話になってるのに、この駅の構造が未だによくわからない。迷宮ですよ迷宮。
堀切は快速・急行が停まらない駅なので、3番線でノッソリと待つ浅草行き鈍行に乗り込んだ。

お目当ての駅は、北千住から二駅隣にある。先発の急行を通した後、浅草行きは北千住を発つ。
隣駅の牛田を出ると、左手に荒川の堤防が近づいてくる。

堀切駅は、荒川堤防のすぐ横に身を寄せるようにして建っていた。




列車を降りると、5月下旬にしては焼けるような日差しに喘いだ。
改札付近しか屋根が無い。この時点で既に東京23区の駅って感じがしない。
私含めて僅か三人だけを降ろし、発車ベルが鳴った後、列車は堀切を発っていく。

「なんなんだここは……!」

よくわからないけど、変な駅だ。東京とは思えない寂れっぷりにニヤニヤしてしまう。
23区内の伊勢崎線の中で、最も利用者の少ない駅として知られるこの駅は、金八先生の舞台でもあった。
駅ホームは、東京未来大学と荒川河川敷の挟まれたところにある。正直、駅を建てるには窮屈な立地条件である。

人気のない中、端の方へ歩いていくと、こじんまりとした改札へ。


R0016237.jpgR0016238.jpg

北千住から二駅隣でこの規模である。(しょぼい…)

改札は上りと下りで別々になっていて、それぞれ自動改札が二台設置してある。
無人駅のような雰囲気を醸し出しているが、さすがに駅員はいるようだ。

年々増えつつある、萌えキャラ広告に見守られながら改札を出た。味を占めたのかは知らないが、
最近、東武は萌えキャラを推しまくっている。東武って"そういう会社"だったっけ?
「旧体制、地味、質素、堅実、硬派」ってのが東武じゃなかったのか??


R0016254.jpg

堀切駅の駅舎は二つあって、東と西に分かれている。浅草方面が東口で、春日部方面が西口。
駅構内で上りと下りのホームが繋がってないので、改札と駅舎が別々になってるのだ。
東口の真ん前には堤防があって、堤防を上ると都道に出る。

都道を渡れば、そこはひたすらただっ広い河川敷。

空 が 広 い ぜ !




駅から徒歩30秒でこの景色、この開放感。なんもねえけど最高。
通学チャリを引く高校生カップルが出てきそうなロケーションだ。正に金八先生の世界。
荒川の向こうに見えるのは、悪名高き合流点といわれる堀切ジャンクション。
駅前は閑散としてるが、ここ一帯は、あらゆる路線が入り乱れる要衝なのだ。

河川敷をボヤーと眺めた後、今度は駅の西口へ移動。
東口横の都道に沿ったところに青い跨線橋があるので、そこを渡ればいい。


R0016244.jpg

この跨線橋は堀切駅の東口と西口を結ぶ唯一の手段であり、駅員も利用するという。
高速の巨大高架と、荒川・隅田川を繋ぐ水路の狭間を、東武線は貫いている。
やっぱりここ、変な駅だ。
つうか上りと下りのホームが改札外でしか行き来できない時点で変な駅だ。




跨線橋を渡り堀切駅の西口へ。下調べ通り、ノスタルジックな空間にニンマリ。
三角屋根の木造駅舎は、大正の開業時から使われているという。
23区とは思えないレトロチックな佇まい。

駅前はラーメン屋が一軒あるのみで、他は何も無い。色褪せた電話ボックスぐらいしか無い。
というか、駅前そのものが路地裏なのである。パッと見は田舎の駅にしか見えない。
ラーメン屋の名は「みゆき」。まさか金八先生の「世情」に便乗したとか??
おどろおどろしい、中島みゆきの恨み節が脳内再生される。ときの流れを止めてぇ変わらない夢をー




駅自体はローカル臭がムンムンしてるが、ここは伊勢崎線の中で最も過密な区間であり、
数分の間にありとあらゆる列車が行き交っていく。そしてその大半は堀切を通過する。
この駅に停まる列車は、区間準急と区間急行と各駅停車だけだ。

ただ、列車の本数は多く、利用客もそこそこいるので秘境感は希薄である。


R0016277.jpg

ときの流れの止まったような駅が、北千住から二駅隣にあるなんて思わなかった。東武恐るべし。
「世情」じゃないけど、近代化の匂いがせず、東京のざわざわした世情とは無縁の駅だ。
人と違って、駅は"変わらないこと自体が幸せ"なんだなぁー、と。

西口を適当にブラブラした後、反対方向の電車に乗って帰還。
北千住へ戻ると、何時もの喧騒と雑踏が待っていた―



・大佐倉へ行ってみる
R0015457.jpg

後日……時間の合間を縫って探索再開。
今日向かうのは、京成最強の秘境駅といわれる大佐倉駅だ。
大佐倉は、上野~成田を結ぶ京成本線の最もローカル色の濃い区間に、存在するという。

千葉北西に秘境なんてあるわけねーだろが (´・`)

……わかってるんだよ、最初から。そんな大した場所じゃないことぐらい。
でも、行ってみたい。一度そう思うと頭がウズウズしてきてしまう。
ウズウズを取り払うため、私は船橋から京成電車に乗り込んだ。


R0016356.jpg

京成本線。総武本線とともに、東京から東へ真っ直ぐ延びる通勤路線である。
日中の時間帯に大佐倉へ行くには、成田空港行きの特急に乗る必要がある。理由は後述。
ベッドタウンを駆け抜けて、臼井を出ると住宅が少なくなり、素朴な田園の中へ。
東に行けば行くほど寂れる。それは総武本線も京成本線も一緒か。

印旛沼の南端をかすめ佐倉を出ると、隣駅の大佐倉はすぐそこだ。
佐倉の住宅街が途切れると山林に囲まれた丘陵地帯へ入る。

「こんなとこに駅があるのか??」と思っているうちに、列車は山林の中で停まった。


R0016357.jpg

何事もなく着いた大佐倉。降りるとあっという間にドアが閉められ、列車は駅を発っていく。
降りたのは地元客一人と私だけ。列車が去ると、辺りは静寂に包まれる。
すると「谷渡り」と呼ばれる、ウグイスの鳴き声が聞こえてきた。

「ピールルルルルー!ケキョケキョケキョケキョケキョ……!」

……鳥のさえずりしか聞こえてこない。それが、京成の秘境駅のリアルだった。




確 か に 、 こ こ は 何 も な い 。

ホームの両側を見渡してみても、この駅はおおよそ目立ったものが存在しない。
あるのは、鬱蒼とした山林と、未開拓の丘と、数件の人家・商店だけ。
他は本当に何も無い。なーんもない。それが最高なんだけどさ。

「コンビニ何ソレオイシイノ??」が通用する立地だ。
ただ、秘境っぽいのはここだけらしく、隣駅へ行けば典型的な千葉の街並みが広がっている。




大佐倉駅の駅前風景。いやコレ駅前じゃないから、ただの路地裏だから。
駅舎も駅舎と呼べるものではなく、駅員の事務室に簡素な屋根をとってつけただけの代物。
事務室の脇に小さな駅の入口があり、券売機と自動改札が一台ずつ設置されている。

最低限の構成で成り立っている駅だが、ICカードは普通に使える模様。
そこは腐っても京成だった。


R0016370.jpg

時刻表を見ると…この駅、日中は特急しか停まらないようだ。佐倉から東、日中の京成本線は特急しか走らないので、
特急を嫌でも停車させないと駅として成り立たない現実がある。京成でもぶっちぎりのワースト駅なのに。
ホームの駅名標が他の駅と違う。昔から残ってる古いやつだ。これは東成田の廃駅でも見かけたな。

上の地理院地図を360度グリグリすると、この駅の周りに住宅が(割と)少ないことがわかる。
西の佐倉、東の酒々井との間に、取り残されたように存在している駅だ。




駅横の踏切を渡ると…恐らく数年前に整地されたのだろう、雑草まみれの丘が横たわっていた。
自然に還りつつある更地の前には、建物の建築を禁止する看板が立っている。
土地の一部が"家庭菜園"や"駐車場"に留まってるのは、つまりそういうことなんだな、と。

丘の上には、伐採を逃れた立派な木が、一本だけポツンと立っている。
15年前家族で行って「なんもない」と一蹴した美瑛の丘を思い出した。
うんうん、美瑛っぽい。すっげー激しくピンポイントだけど美瑛っぽい。


P5260027.jpg

更地の脇には砂利道がのびていて、そこを上っていくと頂上に行き着く。
丘の上から見下ろすと、眼下にこじんまりとした駅の姿があった。
「コレが空港連絡路線なのかよ」ってほどの侘しさ。

しばらくすると、8両編成の特急が駅へ入ってきた。


P5260029.jpg

この地の主役は鉄道ではなく、緑と自然。緑の中に駅が埋もれている印象だ。
停車するのはホントに一瞬だけで、僅か2~3人を降ろした後、そそくさと発車していく。

京成を利用する通勤客も、毎日毎日「なんでここに止まるんだ??」と首を傾げているに違いない。
しかも、8両編成の電車に対し、設けられている屋根の規模は電車の1両分にも満たない。
夏は熱気と虫が、冬は寒風がダイレクトに車内へ入ってくるんだろう。
そういうのもたまにはいいんじゃないか。たまには。




あながちまんざらでもなかったな (´・`)

正直期待しちゃいなかったが、実際来てみて逆に裏切られた呈だ。京成にこんな駅があったとは!
千葉北西にしては秘境っぽい雰囲気に満ちていて、下車すれば侘しい空間に取り残され、
ちょっとした旅気分が味わえる。そのトリップ感覚…思った以上に、想像以上だった。

取り残された感を存分に味わった後、上野行きの特急に乗って帰宅。
突っ込みどころ満載の、意外性と静寂に満ちた秘境駅たち。
普段駅巡りはあまりやらないので、新鮮でした。
(終わり)
スポンサーサイト
2016/06/16 | 私鉄

浮島町の工場夜景

「工場夜景スナップ探索 "圧倒的なスケールで迫る浮島町エリア"」

[2016/2/13]

「工場萌え」なんて言葉が浸透して、世に工場ブームを引き起こしたのは何年も前のこと。
今更な感もありますが、ちょっと興味あったので行ってみることにしました。

ゼロ年代後半、一部層で大ブームを起こした工場萌え。
配管の絡み具合や、コンビナートの煙、近未来的な構造美など、
非日常めいた景観の虜になった人が、ネットを通じて増加し続けているという。


Singles Going SteadySingles Going Steady
「工場萌えの発端となったらしい写真集(2007/2009年発売)」

意外にもこの趣味、女性が多いと聞く。そういや、大学の写真サークルの知り合いも工場萌えだった。
「FF7っぽい感じが好き」って言っててオッとなったけど、その後配管のウネウネがーとか言い出して引いた覚えアリ。
私はFFTしかやったことないです。FFTだけが好きだった。高校時代徹夜でやりこんで廃人になりかけたのは良い思い出w (ry

本題。百聞は一見に如かずということで、実際に見に行ってみよう。
事前の下調べについては、川崎工場夜景バイブルを参考にさせて頂いた。
写真の作例からアクセス方法まで載っている素晴らしいサイトです。自己探索型は必携!

画像のクオリティは期待しないで下さいまし。全て手持ちコンデジ一発撮りでございやす。


P3070002.jpg

常磐線で東京入りし、上野東京ラインの直通電車に乗って川崎へやってきた。
駅前は通勤客で溢れかえっていて、工業都市というよりはベッドタウン的な様相だ。
東口へ出る真上のところに巨大スクリーンがあって、工場夜景クルーズの宣伝が流れている。

ありきたりな観光風景よりも、リアルが欲しい。リアルを求む非リアの犬なのだ。
ということで私は、路線バスと徒歩で地に足付いた探索をすることにした。
川崎の工場夜景スポットは幾つかあるが、今日は人気の高い浮島町へ向かう!



・臨港バス (川03系統)
R0015212.jpgR0015154 (3)

埋立地の浮島町へ行くには、臨港バスの川03系統「浮島バスターミナル行き」に乗ればいい。
平日・休日ともに本数が多いので、容易に乗り継ぎ可。時刻表見ずとも待ってればすぐに来る。
復路の最終バスは22時台なので、夜遅くまで探索が可能だ。

京急の高架下にある川崎駅東口バスターミナルは、計20の乗り場があるようだ。
16番乗り場で並んで待つこと5分くらいして、浮島バスターミナル行きがやってくる。
新参者には手厳しい前払い式で、もたもたしてると冷笑必至。無難にICカードで乗り込む。

15人ほどの地元客と私一人を乗せて、バスは川崎駅を出た。




駅前通りを抜けると次第に殺風景な風景に変わり、世紀末っぽくなってくる。
首都高下の国道へ入り運河を渡ると、辺りは工場一色に。本当に、工場しかない。
車内の全てを占めるのは、恐らく工場の従業員。雰囲気は鶴見線のソレとそっくりだ。

バスのアナウンスがネット上の表記と違ったらしい。気づけば最寄のバス停「NUC川崎工業所前」を過ぎていた。
すかさず降車ボタンを押して、次のバス停「浮島町十番地」で降りる。



・浮島町十番地
R0015160.jpg

バスを降りると、辺りは完全に工業地帯真っ只中。ここが浮島町……!
羽田空港の隣の地である。

国道の真上には首都高が通っていて、巨大な高架が何処までも続いている。
バス停降りた時点で非日常臭が凄い。殺伐としたこの地で聞こえてくるのは、
稼動する工場の重低音と、首都高を走る車の音と、羽田を離着陸する飛行機の轟音……!




バス停を出発して道路の向かい側へ渡ると、得体の知れない一本の線路が工場脇から延びていた。
コレは何だ??廃線か??恐らく貨物の線路か何かだと思うのだが……??
(↑フリじゃなくて探索当時は本当にわかりませんでした)

貨物はさっぱしわからない自分(´・ω・`)
取り敢えず夜景スポットへ至る道の分岐へ向かうため、交通量の多い国道をひた歩く。


R0015176.jpg

謎の線路の後方に早くも現れた、浮島町の工場群。工場夜景を見るのは初めてだ。
見た瞬間「おおおなにこれぇぇぇ……!」と唸ってしまう。
既に萌えちゃってるよ、俺。

工場の敷地内には一切入ることが出来ないが、逆にコレが工場夜景を聖域化させているようだ。
何人にも侵されざる聖なる領域。いや心の壁じゃなくてフツーにリアルに入れない領域だから。捕まるから。



・浮島町駅


廃線じゃないか??と思ってたのに、道路と線路の分岐に立っていたのは「浮島町駅」と書かれた駅名票だ。
周りは線路以外何もなく、駅というよりはただの分岐点に見える。貨物の駅ってどれもこんな感じなのか??
駅名標を撮影した後、横の踏切を渡り、浮島の奥地へのびる脇道へ入った。


P2130005 (2)

奥へ延びる脇道は、地図だと短いように見えるが距離は結構あって、国道の分岐からでも約1kmある。
道は巨大な工場に挟まれており、一般人が来るところじゃない臭いをムンムン醸し出していて、
工場から排出される独特の臭気と、圧迫されるような重低音に支配されている。

ゴツイ工場高架の下、得体の知れない線路と道が並行して、真っ直ぐ伸びている。
80年代SFアニメに出てきそうな非日常ワールド。


P2130009.jpg

カメラの補正を無くして実際の明るさで撮ると、この通り、道そのものは真っ暗である。
しかも街灯の類が一切無いので、女性が徒歩で来るには激しく厳しい。
男一匹ならなんてこたねえさ。ズカズカと歩いていく。


P2130014 (2)

奥に行けば行くほど工場独特の臭いが強まってきて、ずっといると体が侵されそうな感覚だ。
観光地でも何でもない場所なので、常に一定の緊張感を強いられているんだ!
迷惑をかけないよう、撮影はひっそりと慎重に行うのが原則だ。

目的の物件には確実に近づいているようで、右手に巨大な工場が見えてきた。
コンデジに収めるにはちょっともったいない夜景スポットに行き着く。



・東燃ゼネラル石油工場
P2130021.jpg

グォォォォオオオオオオオオオオ……!

絡みつく配管パイプに、ギラギラ輝くプラント、立ち上る怪しい煙。
この東燃ゼネラルの石油プラントが、浮島町で最も有名な夜景スポットだ。

圧倒的な存在感、非日常感、近未来感。距離が近いだけに興奮する。三感(視覚、聴覚、嗅覚)で味あえるよ。
平日でも夜景目当ての人が多く来訪すると聞いたが、今は人っ子一人いない。
私一人だけ突っ立って工場を撮っている。


P2130024.jpg

ここは一般人が来れる浮島町の最奥。360度全部工場で、全て稼動してるから色んな音が聞こえてくる。
「ガションガション」とか「ボッ!」とか「シュォォオオオオ」とか「グオォングオォン」とか、
この光景をジョジョにすると、擬音で埋め尽くされて何も見えなくなりそう。

眺めるだけなら楽しいが、コンデジの手持ち撮影では無理があったらしい。
じっと構えて撮り続け、かろうじてブレずに撮れた画像を確保した。


P2130040 (2)

石油工場の向かい側には、日本合成アルコール工場内へ続く道路が延びている。
これはこれで、なんともいえない非日常風景。
広大なスケールで迫ってくるぞ。

気の向くまで鑑賞した後、元来た道を戻って国道へ帰還した。





国道と脇道の分岐から、今度は「未広町駅」と呼ばれる駅??へ行ってみることに。
分岐点から北西700mほど歩くと、お目当てのスポットに行き着くようだ。

歩道を進むと脇の線路が分岐し始め、貨物のターミナルらしき拠点に到着する。
食い入るように眺めていると、遠くから踏切の音が聞こえてきた。
「えっ!?この線路って廃線じゃなかったのか!?」そう思索する暇も無く、
機関車牽引の貨物列車が、眼の前に姿を現す。


P2130061.jpg

な ん か き た!

何処からともなくやってきた、青いディーゼル機関車。
そもそも駅名標がある時点で気づくべきだった。

この線路は、浮島町から石油製品を運搬するための貨物路線だったのだ。



・末広町駅
P2130088.jpg

神奈川臨海鉄道。名前だけは聞いたことがあるが、こんな場所で出くわすとは思わなかった。
後に下調べしたところによると、川崎と横浜を拠点に計4路線を持つ鉄道会社で、
京浜工業地帯の貨物を毎日運搬し続けているという。

今やってきたのは「クリーンかわさき号」という、廃棄物輸送の列車らしい。
武蔵野線の貨物駅を発して、浮島の工場まで遥々やってきた代物である。


P2130065.jpg

他ではなかなか見られない、貨物列車と工場夜景のコラボ。
というか、鉄道貨物ってゴミも運んでたんだ。
それ自体が意外な発見だったわ。




一連の作業を終えた後、貨物列車は間もなく末広町駅を発っていく。
もう少し寄り道しようと思ったが、列車が去るところで雨が降り出したため、断念。

末広町駅のすぐ横にあるバス停で臨港バスを待つ。見るモノは見たので今日は撤退しよう。


P2130093.jpg

末広町駅にも駅名標が立っている。線路の向こうに広がるのは、東燃ゼネラル石油の工場群。
この風景がFF7に出てくるソレなのだろか??今度、中古で買ってプレイしてみるか。
列車が去ってから10分後、臨港バスが到着。その後はすぐ帰路へ。

・アクセス所要時間:川崎駅からバスで20~30分ぐらい
・バス運賃:210円均一(ICカードは206円均一)


ダイナミックなスケールで迫ってきた浮島町の工場夜景。ディープ&コアだけど、面白かったので再訪決定。
「どうせなら本格的に工場夜景を撮ったる!」何時の間にか目的が食い違っていた私は、
後に簡易型の三脚を買い、GRDの操作を叩き込んでリベンジを図る。

浮島町の隣、千鳥町へ。一ヵ月後、私は夜の川崎へ再び足を向けた。(続きは何時かまた次回!)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。