鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  2014年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本本土最南端の終着駅、枕崎へ

「西国片道旅行 1日目 (東京~名古屋~大阪~岡山~高知)」

[2014/8/13]

最東端(根室)と最西端(佐世保)はもう行った。
じゃあ、次は何処へ行こうかと考える。


「………最南端、行っちゃうか?」


最果て鈍行旅シリーズ第三弾。
東京から何処までも鈍行で行く、途方もない馬鹿旅が再び始まる!


・計画~導入


最四端のうち既に二つ制覇したとなると、残り二つも行って最四端全制覇といきたいところである。
そこで、今回は日本最南端の終着駅である枕崎を目標地点として、二泊三日の行程を計画した。
ちなみに鈍行で行くのは往路のみで、復路は新幹線に乗って一気に帰路へ着く予定である。
こんな旅二度とやらないと思うが、それでも尚行きたくなるのは私が馬鹿だからだ。

まずは東京からムーンライトながらに乗って名古屋へ向かい、そこから関西本線を通しで行く。
大阪からは東海道・山陽本線で岡山へ。そして瀬戸大橋線で四国へ上陸し、土讃線・予土線で四国を横断。
その後は宇和島フェリーで九州へ上陸する。九州からは日豊本線を乗り通して鹿児島へ。
そして鹿児島中央から指宿枕崎線に乗って終点の枕崎へ向かう、というのが今回の主な行程となる。

ルートを決めたら、あとはその通りに行くだけだ。
天気は総じて悪い。西日本に行こうとすると、必ず天気がぐずつくのは気のせいか。
お盆真っ只中で混雑しそうだが、私はためらいなく家を出た。



・ムーンライトながら [東京~名古屋]
DSCF8390.jpg

夜も賑わう東京駅のホームに、国鉄特急車の185系が停まっている。
今年から183・189系と代わり、新たにムーンライトながらで使われることになった。
この列車で、まずは一気に東海道を抜ける。

スーパーひたちの651系に次いで、185系は子供の頃何故か好きだった車両だ。
かっちりしたデザインと、緑色の斜めストライプが斬新に見えたのかもしれない。
今回乗るムーンライトは、前側4両が往年リバイバル色の編成になっていてちょっと嬉しい。


DSCF8396.jpgDSCF8394.jpg

23時10分、ムーンライトながらは定刻通り東京を発車した。
今回とった座席は進行方向右の窓側の席だ。

そういえば、この185系は特急以外への転用も想定してつくられた車両であり、窓は開閉可能なタイプになっている
そのため窓が完全固定されていないので、対抗列車が通るたびに「ガタッ!」と鳴る。
これが思った以上にうるさく、今夜は深く眠れそうにない。
今後ムーンライトながらに乗るときは、対抗列車側とは反対の座席をとった方が良さそうだ。

列車は順当に進んでいるが、車掌さんは相変わらず忙しそう。車内は当然如く満席である。
「上りはもうないんか!」と、普通と間違って乗ってきたと思われる酔っ払いがデッキで騒いでいた。


DSCF8397.jpg

早朝5時20分、ムーンライトながらは名古屋に到着する。
ここ名古屋から、まずは20分後に出る亀山行きに乗車といこうか。



・関西本線 [名古屋~亀山]
DSCF8399.jpg

「忘れ去られた幹線」といわれる関西本線は、今回初めての乗車となる。
歴史の長い路線だが、近鉄との競合負けや需要の少なさが原因で衰退の一途を辿った。
特に、単線非電化の亀山~加茂間は穴場のローカル線といった趣きを呈している。


DSCF8406.jpg

この区間の車窓は住宅街であまり興味はそそらないが、左右に併走する近鉄の線路が印象的だ。



・関西本線 [亀山~加茂]


亀山からは非電化の区間となる。単行のディーゼルカーに乗って加茂まで向かう。
乗り継ぎ時間は僅か4分。列車を撮る時間などなく、すぐさま車内へ乗り込んだ。
僅かに設けられたクロスシートは一瞬で埋まり、やむなくロングシートに座る。
景色が良いのだし、せめて半数クロスシートにしてもらいたいところだ。


DSCF8416.jpg

亀山を出るとしばらく街中を行き、加太から次第に山の中へ入って峠越えとなる。
ここ加太~拓植間は加太越えといわれ、かつてD51が重連で挑んでいた難所だ。
しかし今は、単行の軽快気動車がエンジン音も控えめに軽々と上って行く。

拓植に着くと、向かい側の草津線ホームに見たことない色をした113系を見かける。
全身が、カエルみたいな緑色一色に塗りたくられている!
あれが噂に言う「ロクレンジャー計画」ってやつなのか、、、。
コストダウンまる見えの姿は違和感ありありである。


DSCF8428.jpg

伊賀鉄道と繋がる伊賀上野から先は木津川と並走し、車窓からは渓谷美を見ることができる。
路線名だと関西を代表する幹線を想像させるが、この区間に限っては完全にローカル線だ。


DSCF8430.jpg

やがて、列車は亀山から約1時間半で終点の加茂に到着した。
キハ120形は小ぶりで、いかにもレールバスといった趣きの車両だな。



・関西本線(大和路快速) [加茂~大坂]
DSCF8432.jpg

加茂で、大阪環状線直通の大和路快速に乗り継ぐ。
ここから再び電化区間となり、大阪へ近付くごとに乗客が増える。
関西本線はこれで無事に完乗となるが、環状線に入ったところで列車が詰まり始めた。


DSCF8438.jpg

どうも同線内で信号点検があったらしい。
これはマズイぞー。次の大阪での乗り継ぎは僅か6分だ。
間に合わなきゃ、初日のプランは即破綻である。
各駅での乗り継ぎ時間が数分のみという、とにかく時間のズレに弱いデリケートなプランなのだ。

進むうち次第に遅れが出始め、列車は5分遅れで大阪に到着。
隣のホームに予定通りに乗る東海道線の列車が来ていたが、やはりといっていいか間に合わなかった。
一日目は乗り継ぎの余裕が一切ない鬼畜の行程にしたが、さすがに今回は無理があったか。
今日日暮れまでに高知へ行くには、土讃線内でワープが必要となってしまった。
まあ、これはしょうがない。



・東海道/山陽本線 [大坂~岡山]
DSCF8441.jpg

大阪から新快速でかっとばし、姫路と相生で列車を乗り換えてから昼過ぎに岡山へ到着。
関西まで来ると体感温度が違うというか、むわっとくる暑さにバテそうになる。
列車を待つ間、炭酸ジュースを飲んで一息入れた。



・瀬戸大橋線(快速マリンライナー) [岡山~坂出]
DSCF8443.jpg

岡山からは瀬戸大橋線の快速マリンライナーに乗る。
鉄道で四国へ上陸する唯一の手段であり、もう既に何回もお世話になった。

それにしても今日は混んでんなー。ホームはお盆の帰省客でごった返している。
マリンライナーの自由席は大混雑。座席には座れないのでドア脇で立ってやり過ごす。
子供やお年寄りが多いので、大学生が進んで座るのはご法度である。
体力はまだまだ余裕っ!


DSCF8446.jpg

瀬戸大橋は列記とした吊り橋(一部)で、重い列車が通ると線路がたわむという。
開通前には電気機関車を9両繋げて走らせ荷重試験が行われた。
その映像はYoutube(こちら)でも見ることができる。

ちょうど昼過ぎなのか、観光アナウンスもされるようだ。

「では、しばらく不動大橋からの風光明媚な景色をお楽しみ下さい」
「あれ、不動大橋って何?瀬戸大橋じゃないの?」

車掌さん、肝心なとこで言い間違えたな、、、
車内がざわめいてるから自分の聞き間違えではないはず。
不動大橋は群馬の吾妻線水没地区に架かる橋だ。瀬戸大橋と全然関係ないじゃん(笑)。



・予讃線(快速サンポート) [坂出~多度津]
DSCF8457.jpg

四国に上陸した。四国の地に来ると何だかホッとする。
時間の流れが緩やかな気がするし、とりわけ四国の人々に温かみを感じる。

坂出で予讃線の快速サンポートに乗り換え、土讃線と接続する多度津へ。
さっき乗り継げなかった分、ここから少しワープして時間を短縮しなければならない。



・土讃線(南風13号) [多度津~阿波池田]


土讃線は山岳路線であり、琴平から先は険しい山間部を進んで行くことになる。
多度津到着後、ほどなくやってきた特急南風に乗り込む。
とりあえず、阿波池田までワープだ!


DSCF8463.jpg

四国の交通要衝の一つである阿波池田で降り、ホッとひと段落。
なかなか雰囲気のある駅だ。ここから東には徳島線が延びている。
あとは30分後に出る高知行きの鈍行に乗れば、一日目の行程は無事に終了となる。



・土讃線 [阿波池田~高知]
DSCF8467.jpg

日がじりじりと照りつけ始めた。
阿波池田からはより山深いところを進んで行く。
何でこんなとこに線路を敷いたのか?と思いたくなるほど、車窓は圧巻の連続である。


DSCF8469.jpg

天気はまずまず良いが、雲が多く日が出たり出なかったりを繰り返す。

若い乗客がトイレの前で困っている。どうやら車内トイレが壊れたらしい。
これからは駅のトイレを使用して下さい、と運転士は告げた。


DSCF8491.jpg

途中、豊永駅で特急通過待ちのため長時間停車する。
特急待ちの停車中、列車の外に出て一息つけるのも鈍行旅の魅力の一つだ。

豊永を出てしばらくすると、先週の台風の影響で土砂が崩れていた場所を通過する。
土讃線の大歩危~大杉間は昨日まで運休になっていたのだが、
今日ギリギリで運転が再開されたから内心ヒヤヒヤしてたのだ。


DSCF8509.jpg

繁藤から高知までは延々と山道を下って行く。
新改駅にはスイッチバックがあり、列車は引込み線に入ってから逆方向に進んでホームに入線。
坂を下り続け山間部を抜けると街の中に入り、乗客がドッと増えて間もなく高知となる。



DSCF8519.jpg

やがて、18時過ぎに列車は終点の高知に到着した。
近くで花火大会が行われており、駅前はとても賑やかである。
駅入口前には路面電車の停留所もあり、個人的にはとても印象に残る風景だ。
一日目はここ高知で一泊となる。

初日はほぼ予定通りに来れたが、これから天気が悪くなるらしく少し心配だ。
何より大事なのは、極力無理をせずに宿でしっかり休むこと
体調を崩すとどうにもならなくなる。時間に余裕のない鈍行旅ならそれはなおさらだ。
お盆の混雑で立ち時間が多く思った以上に疲れがたまったので、宿に入ったら迷わずすぐに就寝した。

スポンサーサイト
2014/08/27 | 西国片道旅行

四国南部を行く

「西国片道旅行 2日目 (高知~窪川~八幡浜~別府~佐伯)」

[2014/8/14]

最南端へ向かう片道旅も2日目を迎える。今日は高知から再び土讃線を進み、窪川から予土線に入る。
予土線を乗り通したら今度は予讃線に乗って八幡浜へ。
八幡浜からは宇和島フェリーに乗船し、夜20時頃に九州へ上陸となる。
鬼畜だった初日と比べ、2日目は割と余裕のある行程だ。

DSCF8526.jpg

朝9時に宿を出て高知駅に向かう。駅前電停で土佐電の主力600形に遭遇。
アンパンマンの塗装が施されている。高知はやなせたかしの故郷なのだ。
高知駅ホームでは列車が近付くとアンパンマンマーチが流れるようになっている。



・土讃線 [高知~窪川]
DSCF8528.jpg

土讃線の単行気動車が高知駅を発車した。終点の窪川まで2時間弱の道のりだ。
お盆が始まったので乗客が多く、出発して間もなく座席は全て埋まってしまう。
この1000形は半数がボックスシートになっており、座り心地は悪くない。




高知からしばらくは街中を走って行く。
昨日に有名な山岳区間を抜けたから、ここからは平坦な道のりなのかと思いきや、
高知以西も相変わらず険しい山の中を進むらしい。凄まじい路線である。


DSCF8539.jpg

土讃線の駅舎には、「高知線の歌」なるものが掲出されている。
高知線って何ぞや?と思ったが、どうも土讃線の前身の名らしい。


DSCF8543.jpg

窪川近くなると、長大幹線土讃線の道のりはもう一つのハイライト区間に入る。
左手に海を見ながら、「ここ何処走ってるんだ?」と思わざるを得ないほど山深いところを抜けて行く。
いくつものトンネルをくぐりながら、延々と坂を上る。まだ上るのかと言いたくなるぐらいだ。
散々上った先には下り坂ではなく台地があった。



DSCF8550.jpg

怒涛の上り区間を経て、列車は窪川に到着した。これで土讃線は全線完乗である。
あいにく雨が降ってきたが、予土線の列車まで少し時間があるので駅周りを探索してみよう。


DSCF8556.jpg

駅から徒歩10分のところに、岩本寺という寺院があった。
四国八十八ヶ所霊場(空海が修行の地とした寺院の総称)の第三十七番札所にあたる。
境内裏には土佐くろしお鉄道の線路が通っており、参拝中にちょうど列車が通っていった。


DSCF8569.jpg

さらに岩本寺前から道を歩くこと数分で、一級河川の四万十川に出くわした。
水は綺麗なエメラルドグリーンで、東京人には信じ難いほど綺麗に見える。
水にさわってみたいと思って降りられる場所を探したが、近くに降りられる箇所はないらしい。
その後はすぐ駅に戻った。



・予土線 [窪川~北宇和島]
DSCF8577.jpg

「海洋堂ホビートレイン」という名前らしい。
派手な車体には恐竜や宇宙のグラフィックがふんだんに飾されている。

予土線には集客効果を計って、観光向けの改造列車がいくつか投入されている。
海洋堂ホビートレインはそのうちの一つで、他にも鉄道ホビートレインとしまんトロッコがあり、
3つ合わせて「予土線3兄弟」と呼ばれている。


DSCF8580.jpg

「時空を超えた旅」というのがコンセプトにあり、見て、乗って、楽しめるように仕立てたそうだ。
床から天井、座席や窓枠の間、何から何まで柄だらけ。インパクトあるレイアウトになっている。
ただ座席は全てロングシートで、車窓を拝むにはあまり向いていない。


DSCF8627.jpg

さすが大手フィギュアメーカーが手がけただけあってか、車内には懐かしの(?)フィギュアが展示されている。
フィギュアの種類は様々で、恐竜やスペースもの、キン肉マンやハガレン、エヴァなどのキャラクターもあるようだ。
車内はほどなく満席となり、通りすがりにそそくさと撮ったら何故か綾波レイにピントが合ってしまう。
ちなみにエヴァは原作TV・映画ともに見たが、私はどちらかというとTVアニメ派である。




しまんトロッコからの乗り継ぎ客のため、宇和島行き列車は定刻より数分遅れて発車した。
窪川から少しは土佐くろしお鉄道の区間なので、そこだけは運賃を払う必要がある。

外はすっかりどしゃ降りの雨で、車窓は全く期待できそうにない。
せっかく風光明媚な予土線なのに、残念である。
さらに走って行くうち次第に、トンネル内外の気温差が原因で窓が白く曇ってしまう。


DSCF8593.jpg

車窓を期待してた予土線に限って雨が降るなんて、、、ついてないわー。
まあ、これはこれで列車のコンセプト通り「時空を越えた」感じもするわな、
と自虐的な発想を見出すことになった(笑)。

隣の若い女性客2人が愚痴っている。
関西出身なのか本当に良く喋るのだが、
小気味良く切り捨てるようなくだりで聞いてて面白い。

「景色、なーんも見えへんやん」
「そやな何も見えないわー、ワイパーでもつけてくれへんかなー」

確かについてたらいいと思うが、列車の側窓にワイパー付きってのもなかなかシュールな設備だぞ(苦笑)。


DSCF8595.jpg

雨は次第に収まり、窓の曇りもとれて車窓が少しだけ見えてきた。
程なくして隣のアクティブな関西姉ちゃんに声をかけられる。

「すいませーん、窓ちょっと空けていいですか?
「どうぞどうぞ」


DSCF8610.jpg

すると彼女は窓を少しだけ空けて、その隙間にカメラを差し込んで写真を撮り始めた。
この「車窓奪還作戦」に、隣の私も参加してみることに。
隙間から差し込んで撮ってみるが、あまり上手くはいかないなこりゃ。


DSCF8613.jpg

途中、トイレ休憩のため江川崎駅で10分ほど停車する。

それからしばらくすると天気は回復し、日差しも少しだけだが届いた。
四万十川沿いを走った後は長閑な山里を抜けていく。


DSCF8629.jpg

やがて、列車は予讃線と接続する北宇和島に到着。
終点の宇和島まで行きたいところだが、それだと鈍行の乗り継ぎが不便になる
ホーム向かい側で停まっていた、松山行きの列車にすかさず乗り換えた。



・予讃線 [北宇和島~八幡浜]
DSCF8637.jpg

北宇和島からは四国の西海沿いを走っていくが、この区間も相当深い山の中だ。
トンネルとトンネルの間から見える景色は素晴らしい。
リアス式海岸独特の情景が広がる。


DSCF8645.jpg

山の中を抜けると今度は盆地の中に入り、人家が増え始める。
行き違いの特急が遅れているため、卯之町駅で数分間停車。
卯之町を出ると列車は再び山の中へ入り、坂を下って行く。
やがて16時半、数分遅れて八幡浜に到着した。



DSCF8650.jpg

約一年ぶりの八幡浜!
昨年行った西日本横断旅で、ここから台風に巻き込まれたんだっけな、、、
とりあえず宇和島フェリーの乗り場(八幡浜港)に行くため、駅前から20分ほど歩く。



・宇和島フェリー [八幡浜~臼杵]
DSCF8654.jpg

お盆混雑の影響もあり、フェリー乗り場は車の列で埋め尽くされている。
別府行きと臼杵行きがあるが、乗り場から駅まで距離が近い臼杵行きを選択。
別府だと、フェリー乗り場から駅へ行くのに40分近くかかるので厄介なのだ。


DSCF8658.jpg

乗船手続きを済まし、さっそく17時40分に出る臼杵行きに乗り込む。
別府行きはそれなりに混んでるようだが、臼杵行きの船内は至って空いている。




船が定刻通りに港を出ると、一旦収まっていた雨が急に勢いを増してきた。
雷も発生し、窓越しから雷鳴が轟く。しかし船の中なら大丈夫だ。
雑魚寝スペースに寝転がり、臼杵到着までしばし身体を休める。

夜20時前、フェリーは定刻より少し早めに臼杵港へ到着する。
雨は収まっていたが、足元には大雨が降ってたことを窺わせる大きな水溜りがあった。



・日豊本線 [臼杵~佐伯]
DSCF8665.jpg

フェリー乗り場から、歩いて15分ほどで臼杵駅へ。
日はとっくに暮れたが、今日はあと少しだけ南下しなければならない。

日中降った大雨と雷の影響で、日豊本線はダイヤが大幅に乱れていた。
しばらくすると佐伯行きの列車がやって来たが、何だか様子がおかしい


DSCF8669.jpg

雷の影響で無線が壊れたらしく、ここ臼杵以南からは係員がいないと運行ができないという。
現在係員を手配中であり、列車が動く気配は一向にない。

「間もなく特急にちりん号が到着します!特急は先へ進みますので、お急ぎの方は1番線でお待ち下さい!」

普通列車は立ち往生しているが、間もなく来る特急はそのまま運行されるらしい。
いつ運行開始するかわからない状態なので、確実性を考えて特急に乗ることに。
私も含め、臼杵以南へ行きたい人々が特急の発着ホームに移動する。


DSCF8671.jpg

それから間もなくして、特急にちりんがホームに入線。
ハイパーサルーンこと783系が来た。
六駅隣の佐伯へ向かう。


DSCF8674.jpg

最後は思わぬ結果となったが予定通り無事佐伯に到達!
無線故障の影響は大きいらしく、普通列車は未だ立ち往生状態であった。
九州の路線は情報の下調べが最小限だったため、宿に入ってから少し計画を練り直すことになったが、
計画通り行けば明日最南端の枕崎に到着することになる。

思った以上に疲れが溜まってたので宿になだれ込んだら即刻就寝した。(→3日目に続く)

2014/08/29 | 西国片道旅行

宗太郎を越えて

「西国片道旅行 3日目 (佐伯~延岡~宮崎~青島)」

[2014/8/15]

鬼畜な最南端旅も3日日を迎える。
今日は佐伯から日豊本線を乗り継ぎ、指宿枕崎線で終点枕崎へ向かうことになる。


DSCF8676.jpg

2日目の宿の中で日豊本線の時刻表を見ていたら「宗太郎」という変わった駅名を発見する。
その奇妙な駅名は、これから朝一の始発で行く佐伯~延岡の間にあった。




日豊本線の佐伯から延岡までの区間は県境にあたり、きつい峠を越えていくことになる。通称「宗太郎越え」
ここら県境の地は宗太郎という名がついており、峠も同じく宗太郎峠と呼ばれる。
宗太郎駅は、この峠の最中にあった。

時刻表を見てみると、この駅は特急を除くと一日三本しか列車が来ない。
朝の列車を逃すと、次の列車が来るまで何と10時間強
途中下車してみたかったが当然の如く諦めた。
また宗太郎越えをするのは鉄道と一般車のみで、路線バスを利用しての立ち寄りも不可能だ。

かくして宗太郎は、他の追随を許さない秘境駅なのであった。



・日豊本線 [佐伯~延岡]
DSCF8677.jpg

一日たった三本の延岡行き単行気動車が、乗客たった三人を乗せて佐伯駅を発車した。
ここから先には宗太郎峠があり、難工事の末開通したという険しい山の中を進んで行く。
ぐずついた天気は回復する気配がないが、今日は少し青空も見える。


DSCF8685.jpg

佐伯を出発すると列車はほどなくして山の中に入り、エンジンを唸らせながら坂を上っていく。
これまでの道のりでも見かけたが、今日の朝は山霧が一段と濃い。
未知なる場所に向かうようで緊張感が高まる。


DSCF8693.jpg

途中の駅で乗ってくる人は全くいない。
混雑していた今までと違い、車窓の右から左まで撮り放題だ。


DSCF8701.jpg

宗太郎一つ手前の重岡で、列車は行き違いのため数分間停車。
峠のサミットは県境ではなく重岡駅付近にあり、ここから先は延々と坂を下ることになる。


DSCF8705.jpg

「次は、宗太郎に停まります」

自動放送とはいえ独りでにニヤッとしてしまうぞ。


DSCF8714.jpg

線路は国道10号と絡み合いながら続いている。
この国道と線路以外は何も見かけられず、宗太郎峠の険しさがわかる。
崖を渡り、いくつものトンネルをくぐりながら列車は先へ進んでいく。


DSCF8717.jpg

やがて、左に大きくカーブしたところに宗太郎駅はあった!


DSCF8720.jpgDSCF8721 (2)

超秘境駅だし降りて探索してみたかったが、さすがに10時間も滞在するわけにはいかない。
ホームは当然のように誰もいなく、ドアは開いてから数秒で閉められ発車となった。
車内の窓から眺めるしかないのが残念だ。


DSCF8724.jpg

宗太郎を出ると、市棚まできつい下り坂が続く。
市棚まで行けば宗太郎を越えたことになる。


DSCF8729.jpg

下りに転ずるとともに、車窓には綺麗な川が見えてきた。
早朝の今は川霧が出ていて、幻想的な佇まいである。
そういや、川霧をこんな間近で見たのは初めてだ。


DSCF8733.jpg

たまたまなのかは知らないが、山霧と川霧が絡み合う車窓に釘付けになっていた。
水面が見えないほどに霧が立ち込めていて、普段見られない光景にただただ感動!
延々と坂を下ると人家が少しずつ増えて、街中に入ると列車は終点の延岡に到着となる。


DSCF8741.jpg

宗太郎越えは18切符の難所でもあり、ここだけ特急でワープする人も多いようだが、
今回鈍行旅の行程として、効率よく普通列車で越えられたのはラッキーだったと思う。
旅はまだ終わっていないが、宗太郎越えは今回の旅のハイライト区間に決定だ!



・日豊本線 [延岡~宮崎]
DSCF8742.jpg

延岡からはしばらく日豊本線で南下となる。
コミュッタートレインと名付けられた819系に乗車。
座席は木製のクロスシートになっている。


DSCF8747.jpg

延岡から宮崎までは海沿いをひた走っていく。
ところどころに生えているフェニックスが南国ムードを盛り上げる。


DSCF8754.jpg

しばらくすると、列車はリニアの実験線跡に並行して進む。
延々と続くこの実験線跡は、今は太陽光発電パネルの設置場所として活用されていた。

やがて9時過ぎに、列車は宮崎に到着した。
予定通り行くなら、次の列車まで2時間以上の滞在時間がある。
何処か観光できる余裕があるので、今回は宮崎から日南線で青島に行ってみようと思う。



・日南線 [宮崎~青島]
DSCF8878.jpg

日南線は、南宮崎から日南海岸沿いを走り志布志まで至る盲腸線だ。
青島駅は宮崎から数駅下ったところにあった。
駅前から徒歩10分ほどで青島に行くことができる。



・青島/青島神社
DSCF8850.jpg

青島は周囲1.5kmほどの小さな島で、宮崎の一大観光スポットの一つである。
この島には、約1200年以上の歴史を持つ青島神社がある。


DSCF8811.jpg

まだお盆なので、今日は多くの参拝客で賑わっている。


DSCF8809.jpg

島の中は全て青島神社の境内になっている。
この神社には、彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大神という三神が祭られており、
縁結び・安産・航海・交通安全などの御利益が得られるそうだ。


DSCF8800.jpg

拝殿脇には奥宮へと繋がる道があった。
亜熱帯植物で覆われており、南国の樹海の中という感じがして面白い。


DSCF8842.jpgDSCF8839 (2)

青島神社を参拝した後、潮が引いて少しずつ顔を出した「鬼の洗濯板」を観察。
干潮になると、洗濯板のような独特の岩肌が全て顔を出すらしい。
これは是非、干潮時の状態で見てみたかったなー。



DSCF8866.jpg

時間たっぷり青島神社を参拝した後は再び駅へ戻り、自販機でジュースを買って一服。
ここから宮崎に戻れば、あとは真っ直ぐ最南端の枕崎へ直行することになる。
南国の容赦ない日差しに悶えながら、私は日南線の上り列車を待った。

2014/08/30 | 西国片道旅行


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。