鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  2014年02月
月別アーカイブ  [ 2014年02月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新京成の顔

[2014/2/22]
P1100098.jpg

千葉北西部を走る新京成電鉄は、常磐線と接続する松戸と京成津田沼を約40分で結んでいます。
正式名称は「新京成電鉄新京成線」ですが、地元では専ら「新京成」と呼ばれ親しまれています。

親会社の京成電鉄よりも経営状態は良く、運賃も千葉県の私鉄の中では随一の安さを誇ります。
全線通しでも250円ですが、新京成を端から端まで通しで乗る人は滅多にいない。
最寄り駅から他線の乗り継ぎ目当てで乗車する人が大半で、乗客の入れ替わりも早いためか列車は全て各駅停車です。




新京成は線路が極端にぐにゃぐにゃ曲がっているから、起点から終点まで行くのに時間がかかります。
旧陸軍鉄道連隊の演習線跡を利用して線路が敷かれたので、演習のための意図的な急カーブがそのまま残った。
このうんちくは、高校の日本史教科書にも載っているらしいです。



P1100128.jpg

今の新京成の主力車両は、VVVFの先駆けといわれる8800形。86年にデビューした形式です。
阪急電車を思わせる洗練されたデザインと、当時まだ珍しかったVVVFインバータ制御をいち早く採用しているのが特徴。
本格通勤電車(1500V)としては世界初であった。
当初は最初期VVVFならではの豪快なモーター音でしたが、後の純電気ブレーキ化でソフトが変更されて音が変わってます。


P1100129.jpg

近年、8800形は編成によって外観のバリエーションが増えました。
2006年から開始した京成線直通対応の編成は帯が新しくマルーン色に塗り直されましたが、
新京成内でのみ使われる編成はオリジナルの茶帯のまま。
傷んできたドアを交換した編成もあり、簡略化のためかドアに帯が塗られていない編成もあります。
現在ドア帯が残っているのは僅か3編成のみですが、個人的にはドア帯付きの編成を残して欲しいなと思います。



P1030618.jpg

8800形がVVVF電車の始祖なら、続く8900型はシングルアーム式パンタグラフ搭載車の始祖。
今では当たり前となった、シングルアームのパンタグラフを日本で初めて採用しています。
幼い頃は茶色いカラーのせいか古ぼけて見えた新京成は、実に先進的な鉄道会社でした。



P1030643.jpg

急カーブが多い新京成。列車は常に車輪を軋ませて走りますが、速度はあまり落とさずに難なく走行します。
駅間距離が短く、加速減速も激しいので猛烈な走りっぷりを見せてくれます。
線路自体が台地の分水嶺に沿っているためトンネルや川を渡る橋が一つもなく、
雨風で運休になったりすることも滅多にありません。




ただ、くぬぎ山~鎌ヶ谷大仏間は2017年頃に高架化される予定になっています。
この区間は鉄道3路線と主要地方道2本が重なる交通の難所で、朝夕は慢性的に渋滞が発生しますが、
その原因の一つが何度も交差している新京成の踏切でした。
国道464号から県道57号にかけては、鶏皮串の如く短距離で最大4回も線路を跨がなければならない。
今回の高架化で踏切が12箇所減るので、それまでの渋滞が大幅に緩和されるようです。



P1100109.jpg

78年デビューの最古参8000形は、その独特の顔つきから「くぬぎ山の狸」という愛称がついています。
長年に渡り主力として活躍していましたが、新型車導入や編成短縮化・老朽化に伴い少しずつ数を減らしてきました。
現在残っている8000形は僅か4編成。
初期の抵抗制御車や界磁チョッパ車は消滅し、VVVFインバータ制御に改造された編成のみが残りました。
これによって新京成の車両は全てVVVF制御車に統一となり、先進性の健在さを見せ付けています。



P1030644.jpg

既に引退済みの800形も好きでしたが、新京成らしい個性が前面に出てるのは8000形&8800形かなと。
特に8000形は新京成のシンボルだし、これからもしぶとく残っていてほしいです。

スポンサーサイト
2014/02/26 | 私鉄


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。