鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  奥多摩散策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅線に乗って

「奥多摩散策 1/3 (青梅~奥多摩)」

[2013/6/28]

僕は東京23区外の奥の方へまだ一度も行ったことがなく、以前からずっと気になっていた。
ということで実際に行って確かめるべく、今回は青梅線に乗って東京都奥地へ向かう。
終点の奥多摩からは旧青梅街道を歩き、ダムまで延びていた貨物の廃線跡を探索する予定だ。

まず新松戸から武蔵野線に乗って西国分寺へ行き、そこから中央線の青梅行き直通列車に乗り継いだ。


・青梅線 青梅~奥多摩
P1030855.jpg

住宅街の中をゴトゴト走り、列車は青梅線のちょうど中間にあたる青梅駅に到着した。
青梅線は青梅駅を拠点に運転系統が分かれていて、ここからさらに先へ行くには奥多摩行きの列車に乗り継ぐ必要がある。



P1030856.jpg

町の昭和レトロな触れ込みもあってか、駅構内はレトロ調になっている。
しかしそんな風情豊かな駅の様相と相反するように、車両はバリバリのハイテク通勤電車である。
かなり場違いな感じもするが、こういったミスマッチ感は逆にシュールで面白かったりする。



P1030857 (2)

駅ホームを観察しているうちに、奥多摩行きの列車が入線して来た。E233系4両編成での運転だ。

コストダウン一辺倒の209系やE231系と打って変わり、E233系では安全性や輸送安定化に比重が置かれるようになった。
最近自分が普段利用する常磐線にも導入されたが、それまで走っていた203系と比べ圧倒的に居住性が良くなっている。
(そもそも不評だらけの203系と比べるのが間違いかもしれないが)



P1030864.jpg

青梅駅から、列車は多摩川に沿って本格的な山間部へと入っていく。
この区間から列車の本数もグッと少なくなる。



P1030878.jpg

みるみるうちに山が深くなってきた。



P1030880.jpg

川井駅に到着すると、窓のすぐ向こうに奥多摩大橋が見える。



P1030886 (3)

想像以上に山深いところを進んでいく。
車両は通勤電車だが、車窓は完全にローカル線だ。



P1030888 (2)

というか、ここは本当に東京なのかと。
「東京=大都会」という図式が未だ離れない田舎物の自分には衝撃的な風景だ。



P1030896 (2)

終点近くになると、もうすっかり険しい山の中。
東京にも、こんなところがあったのか!



P1030898.jpg

やがて青梅から約40分で、列車は終点の奥多摩に到着した。東京都最西端の駅になる。



P1030899.jpg

ホームは大きくカーブしている。



P1030900.jpg

山小屋のような、風情ある駅舎が素晴らしい!
1944年開業当時からの建物だ。



P1040170 (2)

線路の途切れた向こうには、石灰石を採掘している工場がある。
奥多摩に巨大な工場があるとは既に聞いていたが、まさかこんな駅のすぐそばにあるとは思わなかった。



P1040163 (2)

工場は山あいにへばりつくようにして建っている。
近未来の城塞都市か何かのようで、昔のSF映画に出てきそうだ。



P1030901.jpg

奥多摩駅から、今度は旧青梅街道を歩いていく。ここから奥多摩湖まで約10Kmの道のりだ。
現在街道は散策路として整備されており、「奥多摩むかしみち」という愛称がつけられている。
道中にはダム建設の資材運搬のための鉄道が通っていたらしく、今も廃線跡としてそのまま残っているのだという。

時間にあまり余裕がないので、すぐさま駅前の観光案内所で地図をもらい旧街道入口へ向かった。

スポンサーサイト
2013/06/28 | 奥多摩散策

旧青梅街道を歩く①

「奥多摩散策 2/3 (奥多摩~惣岳渓谷)」

[2013/6/28]

旧青梅街道は、かつて江戸時代に江戸(東京)と甲州(山梨)を結び、交易の重要ルートとして栄えた街道だ。
昭和20年に新道(現国道411号線)が一般解放されたため、旧街道の方は忘れ去られ廃道となっていたが、
平成元年に地元の手により散策路として蘇り「奥多摩むかしみち」という愛称がつけられている。



道中には神社が多く、当時の生々しい民間信仰の遺構が多く残されている。
また、ダム建設の際に使われていた鉄道(水根貨物線)の廃線跡がみられる。
途中民家のすぐ脇を通り抜ける区間があるらしく、
散策路とはいっても地元の人々にとっては何の変哲もない日々の生活路なのだろう。



・旧青梅街道
P1030903.jpg

奥多摩駅から数分歩いて旧街道入口へ。案内看板があるのですぐにわかる。



P1030909.jpg

入口から急坂を少し登り、未舗装の狭い道に入る。
道脇には今ちょうど身頃のアジサイが咲いている。



P1030913.jpg

しばらく進んだところで、早くも水根貨物線の廃線跡を発見。
街道と線路が地上で交差しているのはここだけだ。



P1030911.jpg

線路を覗いてみると、すぐ先にトンネルが見える。
早速入ってみようと思ったが、草木が容赦なく生い茂っているのでやむなく断念。



P1030914.jpg

交差地点からしばらくの間、街道とすぐ平行して線路が敷かれている。



P1030920.jpg

そして街道が平行する線路を少し離れるところで、立派なコンクリート製の橋梁があった。
橋上はレールも残っているが、雑草ですっぽり覆われてしまっている。



P1030924.jpg

ずっと撤去されることなく、半世紀前の姿のまま残っているらしい。



P1030934.jpg

一旦線路を離れたところで、道はすぐ舗装路になる。道中には公衆トイレが数ヶ所設置されている。
しかし飲食店や自動販売機などは一切ないので、飲食物は駅前の店で事前に買っておく必要がある。



P1030940.jpg

しばらく鬱蒼とした森の中を進み、小さな集落へと辿り着く。
街道は集落の中をすり抜けるようにして続いている。



P1030953.jpg

また集落が見えてきたところで、再び貨物線の橋梁を発見!



P1030958.jpg

巨大なガーダー橋だ。これは素晴らしい。周りの自然と見事に調和している。
下から見上げるのもあってか、なかなか迫力がある。



P1030961.jpg

ガーダー橋を過ぎて、新道(国道411号線)を跨いだ先に「弁慶の腕抜き岩」というものがあった。
岩の下のほうに腕が一本すっぽり入るぐらいの穴が開いている。
弁慶のような力持ちでないとこんな穴は開けられないと、往来の人々が関連づけて言い始めたのが名前の由来らしい。



P1030966.jpg

国道と沿うところで、再び立派な橋梁があった。
コンクリート製の橋が国道の真上に聳え立つようにして建てられている。



P1030964 (2)

全長6.7Kmの貨物線のうち、何と合計23本の橋梁と23本のトンネルがあるというのである。
旧街道からみられる橋梁は、これまでの3本だけだ。



P1030972 (2)

コンクリート製の橋梁を過ぎるとすぐ、道脇にいろは楓の巨樹がある。旧街道のちょうど中間地点だ。
これ以後、道中に廃線跡はほぼ見られなくなる。街道は険しい山道に変わり、峠を越えて奥多摩湖へと達するのだ。

山奥深い渓谷に沿って、僕は未見の地を存分に味わいながら少しずつ道を進んでいった。

2013/06/29 | 奥多摩散策

旧青梅街道を歩く②

「奥多摩散策 3/3 (惣岳渓谷~水根~奥多摩~青梅)」

[2013/6/28]

さて奥多摩駅から旧青梅街道を順当に歩いてきたが、ここ中間地点(白髭神社付近)からは奥深い渓谷の中に入っていく。
道は谷に沿って続いており、途中から本格的な山道に変わる。


P1030985.jpg

いろは楓から少し道を進むと、惣岳渓谷になる。
つり橋が架かっていて、橋上から渓谷美を堪能できる。



P1030988.jpg

橋の上から渓谷を眺める。
度重なる川の氾濫によって、上流から押し出されてきた巨岩がゴロゴロ転がっている。



P1030996.jpg

舗装路とはいえ、昔ながらの街道の雰囲気が至るところで残っているようだ。



P1040006 (2)

民家の中を進むと、嘗て馬の水のみ場とされていた場所があった。



P1040043.jpg

そして、この先山道に差し掛かるところには休憩所が設けられていた。
とりあえずおにぎりを食べて一服。

しばし休憩した後再び道を進むと、今度は鬱蒼とした山道に入る。
ここから旧街道は山の上にある中山集落まで峠越えとなり、キツイ上り坂が続く。



P1040057.jpg

坂道を延々と上っていく。
少し前に、この辺りで熊が出たらしい。



P1040071.jpg

道は狭く、人の往来が困難な場所もあるようだ。
狭い山道を通り抜けると、道は集落の真横を通っていく。



P1040075.jpg

やがて坂を上りきると、街道は中山集落に到達。
展望台から周りを眺めると、これまで通ってきたところが遥か下にあった。



P1040089.jpg

集落から民家の脇を通り、再び山道の中へ。
樹木と樹木の間に小河内ダムが見える。



P1040117.jpg

少々下ると、街道は再び険しい上りへさしかかる。



P1040122.jpg

ここまで来ると、道脇に奥多摩湖が見えてきた。

それからしばらく進むと青目不動尊の脇を通り、民家の脇を抜けるようにして道を下る。
すると一旦車道に出るので、近くの案内に従って先へ進む。



P1040136.jpg

車道から、再び狭い山道へ入る。



P1040137.jpg

道中にある水根観音。辺りは閑散としている。
旧街道の終点はもうすぐだ。



P1040143.jpg

寂しい山道を下っていくと、街道は水根集落に到達する。
あとはここから舗装路を10分程下れば、今回の旧青梅街道の旅は終了となる。



P1040153.jpg

人気のない車道を下り、やがて旧街道出口へ到着した。
片道3~4時間の行程だが、思った以上にキツイ坂道もあったので良い運動になった。



・西東京バス 水根~奥多摩駅

P1040159.jpg

近くのバス停から西東京バスに乗り、奥多摩駅に戻る。
歩きだと3時間以上かかるのに、バスだとたった15分で着いてしまうのだ。



P1040161.jpg

バスに揺られ、再び奥多摩駅へ戻ってきた。
すっかり疲れたので、寄り道はせず直行で帰ることにする。



・青梅線 奥多摩~青梅

P1040192.jpg

帰りの青梅線は空いている。
日も暮れかけた頃、列車は19時前に青梅駅へ到着した。



P1040194 (2)

それから順当に帰路を辿り、西国分寺から武蔵野線に乗って千葉へ戻り帰宅した。

旧街道は色々な楽しみ方ができるようだ。
ただ、起点が奥多摩駅側からだと上りがほとんどなので辛いかもしれない。
ラクに行きたい場合、奥多摩湖側から出発した方が良さそうだ。
(完結)
2013/06/30 | 奥多摩散策


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。