鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  沿線施設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道博物館探訪

[2013/5/30]

今更ながら、2007年に新たにオープンした大宮の鉄道博物館へ初めて行ってきました。
オープン当時は各メディアが一斉に取り上げたこともあり凄まじい混雑ぶりだったらしいですが、今はそうでもないとか。
ただこの日は幼稚園の子供達が見学に来ていたので、館内はとても賑やかでした。


P1030200ko.jpg

メインの車両展示エリアでは、あらゆる時代に活躍した車両がところせましと並んでいます。
子供の頃、秋葉原の交通博物館にはよく遊びに行きました。
なのでここに展示されている車両は過去に見たはずですが、幼い頃のことなので全く記憶にないのが残念です。

今の味気ない電車と比べて、往年の名車はデザインやロゴに何かしらのユーモアがあり、
人間臭さというかある種のファジーさを感じます。
そんな全36両の展示車両の中から、個人的に気に入った車両をピックアップしてみましょう。



P1030181.jpg

個人的に展示車両の中で一番印象に残ったのは、特急型電車の481系と181系。
通常型の485系や183系は今もよく見かけますが、
ボンネット型は数年前に最後の一編成が引退してしまったらしいですね。
国鉄「JNR」のロゴが、平成生まれの自分にはとても新鮮に見えました。



P1030272.jpg

481系の隣にあった急行電車455系。
最近まで常磐線北部で活躍していたみたいですが、これも既に全車引退しています。
高校時代に通学で毎日のように乗っていた常磐線の415系も、昔はこのような小豆色だったのだとか。



P1030245.jpg

旧交通博物館の入口前に展示されていた「夢の超特急」、新幹線0系の先頭部。
僕は新幹線の乗車経験が少ないのであまり親しみがないのですが、
この愛嬌たっぷりの顔にすぐ親近感がわきました。



P1030244.jpg

デンッ!と前面に据えられた団子鼻がかわいい。



P1030251.jpg

「超特急」が正式な種別だったなんて、知らなかった!(てっきり愛称だけかと思ってた)
ということは、「超特急ひかり」。素晴らしいネーミングだと思います。



P1030175.jpg

旧型国電のクモハ40形。半流線形の前面デザインが美しいです。



P1030171.jpg

クモハ40形の車内。戦前の標準的な通勤電車だったらしく、座席はロングシートでドアは片側3つとなっています。
そもそも、戦前で既にこういう電車が走ってたことに驚きます。
正に通勤形電車の元祖中の元祖ということでしょうか。



P1030207.jpg

戦後から活躍した旅客用電気機関車、EF58。
流線形のデザインが素晴らしく、見た瞬間に一目惚れ。
こうして実物を見るのは初めてですが、ファンが多いのもすごく頷けますね。



P1030305.jpg

北海道で初めて使用された機関車「弁慶号」こと、7100形蒸気機関車。
アメリカから輸入されたものらしく、昔の西部劇にそのまま出てきそうです。
まさに開拓時代のアメリカという感じ。
機関車に人名がつけられているのも、当時の欧米の慣習に従ったからだというのも興味深いです。



P1030283.jpg

機関車たちに囲まれてひっそりと佇んでいた、「国鉄最古の電車」ハニフ1形。
幼稚園の子供達は全く目もくれませんでしたが、こういったものが今も残されていることに感動。
車体は老朽化が酷く、少し動かしただけでも崩れてしまいそう。
製造から100年以上経っていて、今となっては見れること自体が奇跡のようです。



P1030249.jpg

屋外で食事スペースとして使われている、183系と189系。
今も臨時・団体列車で活躍していて、都内でもよく遭遇します。
約一ヶ月前にヘッドマークが変更されたらしく、
「とき」と「あさま」から、「わかしお」と「ビーチインBOSOわかしお」に変わっていました。

スポンサーサイト
2013/05/31 | 沿線施設

D51の「真の初号機」

[2013/5/23]

自宅から自転車で5分くらいのところに、「流山市総合運動公園」という市内で最も大きな公園があるのですが、
そこに全国でもお馴染みの蒸気機関車D51が静態保存されています。

P1030071.jpg

D51の静態保存自体は物珍しくありませんが、ここのD51の14号機は希少な初期形の「ナメクジ」。
さらに後に色々調べていると、何とこの14号機がD51の中で一番最初に造られた機体だとわかりました。
SLに興味を持ったのはごく最近のことですが、まさか自宅近くにそんな希少価値のあるものがあったとは驚きです。



P1030093.jpg

1935年から製造開始されたD51は、同年川崎車輌に1~13号機、汽車製造に14~23号機が発注されました。
しかし翌年になって最初に完成した機体は汽車製造の14号機であり、
川崎車輌の1号機はそれから約1ヶ月遅れて完成となったようです。
なので、実質的には14号機がこの世で初めて誕生したD51ということになります。



P1030078.jpg

車体上部が半流線型のドームで覆われています。
D51の製造総数1,115両のうち初期形の95両のみがこのナメクジ形で、
関東ではここ流山運動公園とつくばのさくら交通公園でしか見られないそうです。
数年前から機体内に存在するアスベストの問題で、周りにがっしりと柵が張られています。



P1030030.jpg

D51の隣には、流鉄の前身である旧流山電鉄の車両(キハ31形)がありました。
戦前に活躍した2軸のガソリンカーで、これまた珍しいものらしいです。

2013/06/18 | 沿線施設

地下鉄博物館見学

[2014/4/1]

以前から興味があった地下鉄博物館に行ってみました。
東京メトロの関連公益法人メトロ文化財団が運営する地下鉄専門の博物館。
愛称は「ちかはく」。入館料は大人210円・子供100円と思った以上に安い。

P1100390.jpg

ちかはくは東京メトロ東西線の葛西駅高架下にあります。
入場口はメトロで実際に使われていた自動改札機が使用されている。
入場切符を改札に通して、いざ館内へ。


P1100445.jpg

中に入ってすぐの所で構えていたのは、かつての銀座線と丸の内線の主力車両。
東京地下鉄道1000形と営団300形。どちらも第1号車が展示されています


P1100466.jpg

最近銀座線でデビューした新型車両1000系は、この旧1000形がモデルになっています。
外見だけだと木製に見えますが、地下での火災対策のため全鋼鉄製。
これは意外。てっきり木製車だと思ってました。


P1100411.jpg

旧1000形の車内。鋼鉄製ですが、内装は木目印刷が施されています
木製電車が主流だった時代、当時の乗客の目に違和感を与えないための配慮らしい。


P1100460.jpg

続いて昔の丸の内線の主力車300形。
真っ赤な車体に波形の装飾がついた白帯が巻かれてます。


P1100404.jpg

300形の車内。ピンク色の内装壁がなかなか新鮮です。


P1100421.jpg

シールドトンネル断面の実物展示。
昔ながらの開削工法と違って断面が丸いです。


P1100437.jpg

そして、シールドトンネルを掘るカッターディスクもありました。
実際に副都心線を掘るのに使用された本物がそのまま展示されてます。


P1100448.jpg

銀座線の前身である、東京高速鉄道100形電車のカットモデル。
こちらは運転台が開放されており、マスコンでモーターを動かすことができるようです。
何よりびっくりしたのは、台車のモーターが本物の吊り掛けだったこと。
「グオオオォォー!」と野太い吊り掛け音が館内に響き渡ります。


P1100472.jpg

館内奥には大きなジオラマセットがありました。
子供の頃、秋葉原の交通博物館でかぶりついていたのを思い出す。


P1100477.jpg

横から見た、副都心線のトンネル断面図。
普段、渋谷~新宿三丁目間をよく利用しますが、新宿付近はかなり入り組んでますね。


P1100479.jpg

一通り展示物を見終わった後、再び東西線に乗って帰路に着きました。
館内は1時間位で回れてしまいますが、入館料210円とは思えない充実した内容に満足。
あと、やっぱり子供連れが多かった。でも、鉄好きなら誰でも楽しめるところだと思います。

2014/05/27 | 沿線施設


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。