鈍行列車一人旅

よく電車とバスに乗って旅してます。鉄分多めの旅ネタが主。
鈍行列車一人旅 TOP  >  房総横断

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小湊鐵道に乗って

「房総横断 1/2 (新松戸~五井~上総中野)」

[2014/3/22]

房総横断なんて書いちゃうと過酷で本格的な旅を連想しそうだが、
実際は非電化私鉄と第三セクター鉄道を2本乗り継ぐだけのシンプルな行程だ。
小湊鉄道といすみ鉄道を乗り通すルートは一般にもよく知られていて、乗り鉄以外の観光客にも人気がある。
房総半島の中腹を西から東へ進んでいくのだが、片道約3時間半の手軽な道のりだ。



このプチ横断旅は前々から行こうと思っていたが、昨年の大雨で小湊鉄道の一部区間が被害を受けて寸断されていたため、
とりあえず復旧されるまで大人しく待っていた。バスの代行もあるが出来れば鉄道のみで横断したい
やがて今年3月中旬に小湊鉄道の線路が無事復旧。今日は連休真っ只中で混雑しそうだが、
せっかくだし、全線開通間もないうちに房総横断することにした。



・武蔵野線/総武線 [新松戸~西船橋~千葉]
P1100153.jpg

自宅最寄りの新松戸から武蔵野線に乗って西船橋へ行き、西船からは総武線に乗って千葉へ向かう。
西船でたまたまTDR臨に遭遇。これが噂に聞くフリーザ列車(485系の彩)。初めて見た。



・内房線 [千葉~五井]
P1100155.jpg

千葉で内房線に乗り換えるが、ここからガラッと雰囲気が変わる。
それまでの通勤路線とは一変しローカル色濃厚になる。
少し前まではスカ色の113系が名を馳せ、ボックスシートでゆったり海沿いを行くローカル旅ができたのだが、
今はすっかり味気ない209系に置き換えられてしまい、古き良き旅情が無くなってしまった。

千葉から京葉工業地帯の脇を走り数駅で小湊鉄道と接続する五井に到着。
房総横断の旅はここから始まる。



・小湊鐵道 [五井~上総中野]
P1100161.jpg

列車を降りると、ホーム向かい側から人懐っこいディーゼルエンジンの音が聞こえてきた。
小湊鉄道を訪れるのはこれで3回目。ここは東京から1時間足らずで来れるところだ。
跨線橋には改札がないので、ひとまずJR側ホームにある簡易Suicaにタッチする。


P1100176.jpg

小湊鉄道の車両はキハ200形。国鉄キハ20系をベースにしてつくられた自社発注の気動車だ。
導入から半世紀以上経っているが、内装やエンジンは全て昔のままで使われている。
ワンマン化もされていないため、車掌さんが一回一回切符の検札と案内を行う。
見た目も中身も正真正銘ローカルなのが、小湊鉄道の魅力の一つだと思う。


P1100193.jpg

2両編成の気動車に乗り込むと、やはり連休だからか乗客はそれなりにいた。
ただ昼過ぎの便なので、カップル・家族連れ主体に和やかな雰囲気が漂う。
しばらくするとエンジンを震わせ、上総中野行き列車が定刻通り発車した。



P1100194.jpg

運行拠点の上総牛久まではのどかな田園の中をひた走る。

車内で車掌さんから「房総横断記念乗車券」を発券してもらう。
この切符は小湊鉄道といすみ鉄道をまるごと片道乗車できるというもので、途中下車が何回も可能である。
しかし往路のみが対象なので途中で折り返すことはできない。値段は1600円。
今の自分みたいに、特に大幅な寄り道せず房総を横断したい者にとってはお得な切符だ。


P1100197.jpg

上総牛久を過ぎると風景がガラッと変わり、静かな山里の中を進んでいく。
CMやドラマの撮影でよく使われる上総鶴舞駅を過ぎる。下車してじっくり観察してみたい駅だ。


P1100205.jpg

途中の里見駅で10分間停車する。停車時間中に期間限定で駅弁の立売が行われる。
腹が減ったので買おうと思ったら、10個限定らしくモタモタしてる間にすぐさま完売してしまった。残念、、、


P1100212.jpg

終点近くに差し掛かると本格的な山間部に入り、エンジンを唸らせて急勾配を上っていく。
観光拠点の養老渓谷駅を過ぎると峠を越え、列車は快調に坂を下る。
やがて、五井から1時間強で終点の上総中野に到着した。



P1100234.jpg

絵に描いたような青空は、昔ながらのローカル線にふさわしい。
到着から約10分後、列車は折り返しで再び五井へ戻っていった。


P1100268.jpg

上総中野の駅舎はログハウス風になっている。
華やかな養老渓谷駅と比べると、駅前は特に何もないようだ。


P1100249.jpg

駅構内を観察しながら、いすみ鉄道の列車が来るのを待つ。
数十分後、休日限定の臨時急行列車が入線してきた。

スポンサーサイト
2014/03/22 | 房総横断

いすみ鉄道の急行列車

「房総横断 2/2 (上総中野~大原~新松戸)」

[2014/3/22]

小湊鉄道といすみ鉄道を乗り継ぐ房総横断の旅も半ばに差しかかる。
小湊鉄道の気動車に揺られ、いすみ鉄道と接続する上総中野までやってきた。
ここからはいすみ鉄道に乗り換えるのだが、今回は休日限定で走ってる急行列車に乗車しようと思う。
「急行」とはいえ観光用途の列車なので各駅停車よりも速度が遅い。車両も見てくれはオンボロのディーゼルカーだ。

P1100245.jpg

しかし、それでも旅客や観光客が集まる。
何故かというと、ここでは今となっては希少な国鉄型気動車が使われているからだ。
元々大糸線で活躍していたキハ52形と、JR西日本から購入したキハ28形の組み合わせ。
数年前にこの国鉄気動車が導入されてから土日の集客率は倍増したらしい。


P1100260.jpg

しばらくすると、線路の向こうから急行列車がやってきた。
"タラコ"こと首都圏色に塗り替えられたキハ52形だ。


P1100262 (2)

ピッカピカに塗りたくられたタラコ色。元々国鉄一般色だったが最近になって首都圏色に塗り直された。
鉄道マニアには賛否両論みたいだが、当初の木原線時代を再現した姿として地元では好評らしい。
到着後、予想以上の人だかりに紛れて列車に乗り込んだ。



・いすみ鉄道 [上総中野~大原]
P1100266.jpg

いすみ鉄道を訪れるのは今回が初めて。養老渓谷に行くのに小湊鉄道は既に何回か利用していたが、
上総中野から先の区間はまだ未乗だ。2008年に経営者が"鉄ちゃん社長"こと鳥塚社長に変わってから、
普通じゃ思いつかない型破りな施策を次々と打ち出し、集客アップに成功したいすみ鉄道。
それまで淡白な印象すらあった三セク路線のイメージをガラッと変えた。


P1100274.jpg

小湊鉄道よりも素朴でのどかな風景の中を行く。
何もないのだが、それがいすみ鉄道の魅力なのだという。
キャッチフレーズは「ここには"何もない"がある」。それでも車内の座席は全て埋まってる。



P1100318.jpg

のんびりと走り続け、列車は国吉駅へ到着した。
対向列車を待つため10分間停車となる。


P1100306.jpg

この駅の正式名称は「風そよぐ谷 国吉駅」。駅構内にはムーミングッズの直営売店がある。
ホームの所々ではイメージキャラクターのムーミン一家が出迎えてくれる。


P1100299 (5)

相対式ホームの無人駅だが、今は途中下車客で賑わっている。
年齢層は幅広く、年輩の方よりもむしろ僕と同世代の人が多いぐらいだ。


P1100301.jpg

駅構内には、かつて久留里線で使われていた気動車(キハ30)が鎮座していた。
今は静態保存だが、今後動態保存車として本線上を走らせる見込みがあるらしい


P1100311.jpg

しばらくすると対向列車が来た。見かけはレトロな新型車いすみ350形だ。
外見は国鉄キハ52に似せてあるが、多客時に対応するため全席ロングシートとなっている。


P1100337.jpg

長い停車時間の後再び発車し、長閑な田園地帯をひた走っていく。
人家が多くなり、やがて左手に外房線の線路が近づくと列車は終点の大原に到着した。



P1100343 (2)

いすみの急行列車に別れを告げ、今回の房総横断旅はこれにて終了となる。
今日は連休真っ只中で結構混雑したが、終始温かく和やかな賑わいであった。
東京から近場とは思えない本格ローカル旅をゆったり味わえたから良かったと思う。



・外房線 [大原~蘇我]
P1100347.jpg

さて、ここからは帰路だ。自宅最寄りの新松戸まで約2時間の道のりである。
外房線ホームで千葉方面へ向かう列車を待つ。


P1100353.jpg

乗り換え案内で帰路を検索していると、最短で蘇我から「花摘み南房総号」を利用するという候補が出た。
何と最短ルート上に臨時快速が来るらしい。しかも最寄りの新松戸まで直行で行ってくれるという。
スマホの無料乗り換え検索アプリにしては随分親切な案内だ。

ということで、まずは外房線に乗って蘇我へ向かった。



・花摘み南房総号 [蘇我~新松戸]
P1100359.jpg

そして蘇我で指定席券を買い、館山からやって来る「花摘み南房総号」に乗り込む。
最近、183/189系に取って代わりつつある185系が来た。


P1100368 (2)

南房総号の正体は館山への花摘み客のための列車で、大宮から館山までを結ぶ臨時直通快速であった。
蘇我を出ると列車は京葉線・武蔵野線と順当に経由し、あっという間に最寄りの新松戸に到着し帰路に着く。
行きもこれに乗ればよかったと少し後悔。何だかんだいって、スマホの乗り換え案内も馬鹿にならないなと思った。

(完結)
2014/03/23 | 房総横断


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。